知人で最近、Windows8のパソコンを購入したと
いう話を聞いて思い出したのが・・・

Windows8のサポート期間が2016年1月13にで終了

という事です。
私の知人は、新品のWindows8パソコンを購入
しており厳密には、Windows8.1パソコンなので
サポート期間は2023年 1月10日です!

そのため、今回のサポート期間終了の話は関係ない
のですが、意外とWindows8とWindows8.1の違い
をご存知ないまま使っている方が多いようです!

見分け方や違とやWindows8.1にアップデート
しないリスクをお伝えさえて頂きます。

スポンサードリンク

Windows8と8.1の違いと見分け方

Windows8.1は、Windows8が登場した際に
あまりにも、Windows7と操作性が変わってしまい
不評だったため操作性を向上させるために登場しました。

違いはは下記の通りです。

Windows8とWindows8.1の違い

1、サポート期間

Windows8・・・・2016年1月13日

Windows8.1・・・2023年 1月10日

マイクロソフトしては、Windows8.1へのアップ
デートを呼びかけていますが、周りの友人・知人に
確認してみても、Windows8なのか8.1のどちら
を使っているのか明確にわかっていない人も多いです。

2、販売期間

Windows8・・・リリース日:2012年10月26日

Windows8.1・・アップデート開始日:2013年10月18日

Windows8.1は、新しいOSという位置づけではなく
Windows8のアップデートプログラムという位置づけ
のため、Windows8のパソコンを持っていれば無料
でアップデートできます。

しかし、アップデートしないまま使っている方も多いようです。

3、操作性の向上

Windows8.1では、操作性の不評を解消するために
スタートボタンの追加など、操作がWindows7に
近づけてあります。

Windows8とWindows8.1の見分け方

では、Windows8とWindows8.1の2つの見分け方をご紹介します。

1、スタートメニューの確認

win8.1へのアップデート期限が切れ前にやっておくべきOS確認の画像

左下のに、スタートメニューが表示されているかを確認します。
表示されていれば、Windows8.1です。

2、システムからの確認

win8.1へのアップデート期限が切れ前にやっておくべきOS確認の画像

先ほどの、スタートメニューを右クリックして
上記のメニュー画面を表示します。

その中から、システムを選択します。

win8.1へのアップデート期限が切れ前にやっておくべきOS確認の画像

コンピュータの詳細表示画面が開き、
現在のWindows8のバージョンが表示されます。

  • Windows8
  • Windows8.1
  • Windows8.1Update

のいずれがの表示がされています。

実は、Windows8.1には

  • Windows8.1
  • Windows8.1Update

の二種類があり、Windows8.1Updateが最新
バージョンになるのですが、2014年6月10日
がアップデート適用の締め切りのため・・・

それ以降はアップデート出来ず、アップデート
する場合は、Windows10の期間限定の無償
アップデートを利用するしかありません。

スポンサードリンク

Windows8.1にアップデートしない3つのリスク

Windows8のバージョンは確認できたでしょうか?
もし、Windows8.1にアップデートされていない
場合は、2015年1月13日までにアップデートを
を終わらせておきましょう!!

アップデートしない場合は、大きくわけて3つの
リスクが出来てきます。

パソコンが侵入されやすくなる?

Windows8がサポート期間が終了した場合
マイクロソフトから今後アップデート
プラグラムが配信されません。

ウィルス対策ソフトを導入していても
Windows8自体のセキュリティホール
(裏口)から侵入されやすい状態になります。

そのため、写真や資料など大事なデータが
外部にもれる危険性が出てきます。

インターネットも見れなくなる?

Windows8の終了共に提供されていた
Internet Explorer 10もサポートが終了してしまいます。

そのためホームページを閲覧する際に
表示がおかしくなったり、表示されない
などの不具合が発生する可能性があります。

もちろん、ChromeやFirefoxをインストール
すれば言い訳ですが、問題なく見れます!

Windows10にもアップデートできなくなります。

Windows10は、2015年7月29日から1年間は無償
のアップデート期間があります。

しかし、対象となるOSが決まっています。

  • Windows7
  • Windows8.1

上記2つののみとなります。

そのため、Windows8パソコンの場合は
Windows8.1にアップデートしないと
Windows10の無償アップデートも適用されません。

さらに、上記であげたようにセキュリティ上
リスクのある状態で使いつづけなければいけなくなります。

2015年1月13日になる前に、Windows8パソコンを
使っている方必ずアップデートしておきましょう!!

スポンサードリンク