前回の記事で動画編集用のパソコンを選ぶ際のおすすめスペックをご紹介しました。

今回の記事では、

動画編集用ノートパソコンのおすすめモデル

をご紹介します!

結婚式場のビデオカメラマンとしても働いていた経験があるので、それを踏まえて記事をまとめておきます!

また2017年~2018年は、動画編集用に特化したパソコンに触れる機会も多かったので、レビュー記事もあわせて紹介します。

最初に動画編集パソコンとして、

ノートパソコンを選ぶメリット

からご紹介していきます!

スポンサードリンク

動画編集用としてなぜノートパソコンがおすすめなのか?

動画編集用パソコンは、拡張性があるデスクトップパソコンが本来はおすすめなのですが・・・

ノートパソコンを選ぶ理由が2つあります!

その理由は、

  1. ノートパソコンなら外出先でも編集できる
  2. 動画編集の講座を受講する時に便利

です。

1つめの理由は、動画編集を自分一人でやる場合はあてはまりません。

自分の場合だと、イベント写真・動画を編集する機会が多いのですが、その際に主催者と打ち合わせしながらBGMや曲や構成を決めています。

時には、カフェや喫茶店で打ち合わせする事があるのですが、そんな時にノートパソコンなら持ち運びできるので便利です!
その場で他の人の意見や要望を聞きながら一緒に編集出来ますし、編集後の動画もその場で確認してもらえるます。

2つめの理由は、本格的に動画編集を勉強していきたいと思った時のためです!

動画編集ソフトの使い方を教えてくれる各種講座が開催されているのですが、参加する際は指定のソフトをインストールしたパソコンを持参するように指示される事があります。

ノートパソコンなら動画編集ソフトをインストールすればそのまま参加できます!
デスクトップパソコンの場合は、持ち運びができないため動画編集の講座などに参加する際に不便です(涙)

動画編集用パソコンのおすすめモデル2018年版!

2016年は、
一眼レフカメラだけでなく
スマホでも4k動画の撮影が、
出来る機種が増えてきています。

そのため先々の事も考えて、
前回の記事でご紹介した
3つのポイントを極力満たした上で、

4Kディスプレイ

を搭載しているモデルを
中心にご紹介していきます!

富士通:LIFEBOOK AH90/X

■2016年1月発売

このパソコンのおすすめポイント!

  • 15.6型4kディスプレイ
    (3840×2160ドット)
  • ハイレゾ再生に対応したオンキョー製スピーカー
  • 有料の電話サポート「安心プラス」が1年間無料
  • ブルーレイドライブ搭載
  • メモリの最大搭載量:16GB
    (標準搭載は8GB)

ちょっと気になる点

  • HDDのためSSDに換装が必要

富士通:AX90/Xは、
有料の電話サポート「安心プラス」が1年間無料で、
受けられるのが魅力です。

メモリについても、
標準は8GBなのですが、
後から16GBまで増やす事も出来ます!

気になる点は、
やはりHDDからSSDに換装が必要な点です。
※ネットを見たり文章作成程度であれば、
そのままでもいいかもしれませんが、
動画編集の場合は動作に時間がかかりそうです・・・

4kディスプレイを搭載し、
スピーカーにもこだわりが感じられるので、
動画編集を想定して設計されているはずです。
※もしかすると、スピードより容量を
優先したのかもしれません(涙)

ASUS:N552VX

■2015年12月発売

このパソコンのおすすめポイント!

  • 15.6型4Kディスプレイ
    (3840×2160)
  • USB type-C搭載
  • メモリ16GB搭載
  • ブルーレイドライブ搭載
  • グラフィックアクセラレーターを搭載している
    (NVIDIA GeForce GTX950M)

ちょっと気になる点

  • 駆動時間は2.9時間で短め

今回ご紹介する3機種の中で、
「性能」と「価格」にフォーカスすれば、
最もコストパフォーマンスに優れた1台!

富士通AH90より5万円近く安いのに
メモリは倍の16GB搭載されている上に、
最初からSSDを搭載しているので、
換装の必要もありません。

ただ、
グラフィックアクセラレーターを搭載したせいで、
ノートパソコンの筐体内のスペースが限られ、
バッテリーが犠牲になったのかもしれません(涙)

バッテリーの動作時間の短さは気になります。

Dell:XPS 13

■2015年11月発売

このパソコンのポイント!

  • 13.3型4kディスプレイを搭載
    (3840×2160)
  • 2kgを切る軽量モバイルノート
    (約1.3kg)
  • USB type-C搭載

ちょっと気になる点

  • メモリが8GBより増設できない
  • DVDやブルーレイドライブがない

今回紹介した中で最も軽量なノートパソコン!
ウルトラブックにカテゴリー分けされるパソコンです。

その事が逆に、

  • ブルーレイドライブがない
  • メモリが増設出来ない

デメリットにつながっています。

軽量・コンパクトさを求めるのであれば、
拡張性や機能面での妥協が必要になります。

今回紹介する中で、
唯一の13.3型モデルのため、
動画編集の際にやりにくさを感じかもしれません。

スポンサードリンク

動画編集用のパソコンであなたにおすすめの1台は?

LIFEBOOK AH90/Xは、
は有料の電話サポートである
「安心プラス」が1年間無料なのが魅力です!

また、修理対応についても
修理部品の保有期間が、
7年あるので安心です。

サポートを重視する方や
パソコンを長く使っていきたい人におすすめ!

N552VXは、
常に電源を確保した状態で使う事が多い人向けです!

動画編集の場合は、
バッテリーの消耗が激しいので、
カタログ表記で3時間の場合
実際には1時間ぐらいだと思っていた方が良いです!

それを差し引いても、
コストパフォーマンスは魅力です!
性能重視の方におすすめです!

XPS 13は、
軽量コンパクトなので、
出張が多い方や出先での作業が、
多い方におすすめです

ブルーレイドライブがないため
動画をディスクに書き込む事がない方で
軽量コンパクトさを重視する人におすすめです!

※外付けドライブを接続すれば、
ブルーレイドライブで書き込みもできます。

ただ、Dellの場合はパソコン以外にも
気になる点があります。

それは、

  • 修理・サポート面

です。

実は、XPS 13については、
前向きに購入を検討していていろいろ調べました!

こちらの記事でも書いたとおり、
ウルトラブックにも魅力を感じていたので!

調べていく中でわかってきたのですが、
Dellのパソコンは、

  • 修理対応がいつまで可能なのかがあいまい
  • 日本人からサポートを受けるには別途有償

なのがネックに感じていて、
現在購入に踏み切れていません。(涙)

購入するにしても、
4万円近い別途保証をつけないと不安です(涙)

Dellの修理&サポートについては、
別記事にまとめてましたので下記にてご確認下さい。

スポンサードリンク

関連するこちらの記事もどうぞ