おすすめパソコン選びの記事にて、コメントを頂きました。

その結果は、どのメーカーのどの機種が主さんはいいのですか?

コメントを頂いたのはこちらの記事

今回の記事では、自分がおすすめする具体的な、パソコンメーカー&パソコンをまとめました!

先日、CP+というカメラ関連のイベントに参加したのですが、
パソコンの重さで移動が嫌になりウルトラブックの購入を検討しはじめました。

そこで今回は、

ウルトラブックの中から2017年のおすすめ

をご紹介します。

スポンサードリンク

ウルトラブックの定義は?

ウルトラブックの定義は、2016年現在下記の通りになっています。
※ウルトラブックの定義は年度ごとに更新されており、
特にCPUが変わるタイミングでウルトラブックの定義も更新されています。

  • 第4世代Core iシリーズプロセッサ(Haswell)のUシリーズ・Yシリーズを搭載。
  • 厚みの上限を23mm以下へと緩和・統一。
  • 動画(HD画質)の連続再生6時間以上およびWindows 8のアイドル状態維持9時間以上のバッテリー性能。
  • ハイバネーション状態からの3秒以内の復帰。
  • マルチタッチ対応ディスプレイ。
  • 音声認識機能の搭載。
  • Intel Wireless Display(WiDi)機能の搭載。
  • その他の要件は第2世代と同一である。
    参考サイト:Ultrabook

主なパソコンメーカーから出ている、ウルトラブックのシリーズは下記の通りです。

パナソニック – Let’snote AXシリーズ、MXシリーズ、RZシリーズ
Acer – Aspire Sシリーズ、Aspire Mシリーズ
ASUS – ZENBOOKシリーズ、TAICHIシリーズ、S56シリーズ
デル – XPSシリーズ
富士通 – LIFEBOOK SH・UHシリーズ、CH(Floral Kiss)シリーズ、ARROWS Tab QH・Qシリーズ
ヒューレット・パッカード – ENVYシリーズ
レノボ – IdeaPad Yogaシリーズ、Uシリーズ、ThinkPad X1 Carbonシリーズ
LG電子
NEC – LaVie Zシリーズ、LaVie Xシリーズ、LaVie Hybrid ZERO→LAVIE Hybrid ZEROシリーズ、VersaPro UltraLite
サムスン電子 – ATIVシリーズ
ソニー→VAIO – VAIO Tシリーズ、VAIO Duoシリーズ、VAIO Proシリーズ
東芝 – dynabook Rシリーズ、KIRA Vシリーズ、KIRA Lシリーズ
マウスコンピューター – LuvBook Lシリーズ
参考サイト:Ultrabook

この中から、おすすめの5機種をご紹介します。
パソコンの出張サポートに行った際に、見かけたり所有率が高い順にご紹介します。

おすすめできるパソコンメーカー2017年度版は、
こちらの記事にまとめてあるのであわせて参考にして頂ければ!

ウルトラブックの決定版!NEC ZEROシリーズ

nechz

NECのZERO HZ550/はパソコンの出張サポートの際に、実際に使った事のある1台が、

NEC:ZEROシリーズ

です。
詳細についてはこちら

参考URL:LAVIE Direct HZ
icon

パソコンの本体重量が、1kg以下のため持ち運びの際も苦になりません。

また、薄さの割にキーボードも打ちやすかったのが印象に残っています。
記憶媒体もSSDが採用されており、高速で起動しサクサク動く1台です!

パソコンの出張サポートで訪問した際の所有者の傾向としては、

  • 大学生、20代の方
  • 30代のビジネスマン世代

もちろん、自分も魅力を感じている一人なので世代に関係なくおすすめできます。

大学生や若い世代の方にはデザイン性、
ビジネスマン世代には軽量・コンパクトさが好評のようです。

世界最軽量なら富士通のLIFEBOOK UHシリーズ

UH75-B1_非定型_追加カット1_黒

2016年は最軽量パソコンとして、NEC:ZEROシリーズの人気が高かったイメージがあります。
2017年1月より富士通から、ZEROシリーズを超える軽量・コンパクトなウルトラブックが発売されました。

それが、

LIFEBOOK UHシリーズ

です。
こちらのパソコンの魅力は、セキュリティ対策ソフト(マカフィーリブセーフ3年分)がついてくる点です。

富士通WEBMARTのカスタムメイドモデル(LIFEBOOK WUシリーズ)を選ぶと、
メーカー保証保証が最初から3年間ついてきます。
そのため保証とセキュリティを重視してウルトラブックを選ぶのであれば富士通で決まりです。

詳細はこちら

参考URL:LIFEBOOK WU2/B1

また、LIFEBOOK WUシリーズについては、当サイト限定でシークレットクーポンを発行して頂いております。※シークレットクーポンとは、富士通WEBMARTの公式クーポンより割引率がUPするクーポンになります。

また、あわせてレビュー記事も書いていますのでこちらのページにて、
シークレットクーポンとレビュー内容をご確認下さい。

【2017年3月追記】
シークレットクーポンよりさらに割引された当サイト限定モデルを作って頂きました。
現在愛用しているLIFEBOOK SHシリーズが壊れたら、自分が購入する構成で作ってあります。

大学生やビジネスマンはもちろんですが、サテンレッド(赤)は女性にもおすすめできるおしゃれなデザインです!

PCナビゲーター限定:LIFEBOOK WU2/B1 モバイルノートパソコンモデルのご紹介

富士通WEBMART様にて当サイトの読者限定で、割引率をアップした限定モデルを作って頂けました!

割引率をアップしてもらう代わりに、スペックはカスタマイズ出来なくなりましたが・・・
ワンクリックで購入できる点はメリットかもしれません(笑)

スペックについては、友人からパソコン購入について相談を受けた際におすすめしている構成です。
もちろん、自分も愛用しているLIFEBOOKが壊れたらこの構成で購入する予定です!

PCナビゲーター限定 LIFEBOOK WU2/B1のスペックは下記の通りです。

CPU:
ネット閲覧やメールの利用はもちろん、動画編集や写真加工も問題なくできます。

メモリ:8GB
メモリが8GBあればどんな作業でも、もたつく事なく快適に利用できます。

ストレージ:SSD 256GB
ストレージは快適さにこだわりSSDを選択しています。
容量についても256GBあれば写真や動画を保存しても十分です。

Office:Office Home and Business Premium (2016)
OfficeはExcel・Word・PowerPointが使えますので、仕事からプライベートまで幅広く活用できます。

富士通WEBMARTの公式クーポンを利用した場合は20%引き202,139円ですが、
PCナビゲーター限定モデルについては、さらに割引率をUPして頂いて頂き23%引き

189,980円

富士通WEBMARTのクーポン適用価格から12,159円引きになっています。

購入はこちから

PCナビゲーター限定モデル:モバイルノートPC LIFEBOOK WU2/B
※PCナビゲーター限定モデルは、上記リンク以外からは購入できませんのでご注意下さい。

念のため購入前に必ず23%引きの表記を確認してからご購入下さい

デザインも魅力的なウルトラブック!HP Spectreシリーズ

HP Spectre 13

ウルトラブックは外出先で使う機会も多く人に見られる頻度も高いため、
デザインを重視される方も多いのではないでしょうか?

そんな方におすすめなのが、

HP:Spectreシリーズ

です。
詳細はこちら

参考URL:HP Spectre 13
icon

13インチの画面サイズながら重さが11インチMacBookAiraとほぼ同じため、女性にもおすすめのできるウルトラブックです。

ヒンジの部分はゴールドに装飾されており、カフェなどの外出先で使った際もひと際目を引くおしゃれなデザインにです。

HP SpectreシリーズについてはHP Spectre13を触る機会があり、レビュー記事も掲載しております。

HP Spectre13の他にも、タブレットスタイルで使えるHP Spectre x360もおすすめです。
タブレットとウルトラブックの両方が欲しいと思っている方は、HP Spectre x360で決まりです!

詳細はこちら

参考URL:HP Spectre x360
icon

液晶ディスプレイにこだわるならDell XPSシリーズ

OriginalPng

InfinityEdgeと呼ばれるQHD+ (3200 x 1800)の高精細ディスプレイを搭載し、
写真や動画がきれいに表示・再生できるのが、

Dell XPS XPS 13 2-in-1シリーズ

です。

詳細はこちら

参考URL:xps-13-9365-2-in-1-laptop(2017/1/20発売)

タブレットとしても使えるため、パソコンでの作業に疲れた際にタブレット形態にして動画や写真をたのしめるのが魅力です。

価格重視のウルトラブック選びならZenBookシリーズ!

予算を重視して
ウルトラブックを購入したい人に
おすすめなのが、

ASUS:ZenBookシリーズ

です。
詳細はこちら

参考URL:ZENBOOK
これまで紹介した、

  • NEC:Zeroシリーズ
  • 富士通:LIFEBOOK UHシリーズ
  • HP:Spectreシリーズ

は、10万円台半ばから後半の価格帯でした。

しかし、ZenBookなら、

12万円前後

で購入できます。

なおかつ、

  • メモリ:8G
  • SSD搭載

なので、性能面でも満足のいくものになっています。
さらに、Bluetoothも搭載しています!

Bluetooth機能についてはサイト上には記載がなかったのですが、仕様PDFにはBluetooth搭載と明記されています。

12万円前後の価格でBluetoothも搭載しており、コストパフォーマンスを考えれば一押しのウルトラブックと言えます!!

スポンサードリンク

■パソコン選びに役立つ記事10選
他にもパソコン選びに役立つこちらの記事も要チェックです。

  1. パソコンのおすすめメーカーはどこ? 2017年初心者におすすめの3大メーカー
  2. 2017年のパソコンのおすすめ購入時期は?3タイプ別の購入ガイド!
  3. ウルトラブックのおすすめは?2017年ならこの3機種!
  4. 液晶一体型デスクトップパソコンがおすすめの5つの理由
  5. デスクトップパソコンのおすすめ2016年版!友人が選んだのはこのパソコン!
  6. 5万円以下!おすすめのパソコンメーカーと安いノートPC6機種
  7. 大学生のパソコン選び! おすすめノートパソコンはこの6つをチェック
  8. 理系大学生におすすめのパソコン条件とは?購入時の3つのチェックポイント!
  9. 海外で使うパソコン購入のおすすめは?3タイプ別の購入ガイド!
  10. cpuを比較!2016年のceleronは5年前のi5並の性能かも?!

■Windowsのサポート期限関連の記事6選
今使っているWindowsのサポート期限は大丈夫?
事前に準備しておけば思わぬトラブルやリスクを回避できます!

  1. Windows7のサポート期限はいつまで?2016年中に対策すべき2つの理由
    ↑最も利用されているWindows7は要チェック
  2. windows7のサービスパックの確認は大丈夫?サポート期限切れ対策も紹介!
  3. Windows Vistaをサポート終了後でも使い続ける!無料でとれる3つの選択肢は?
  4. Windows Vistaのサポート期限終了日迫る!サポート終了後の5つの対策とは?
  5. Windows Vistaからのデータ移行ガイド!簡単3ステップでお引越し!
  6. windows8のサポート期間終了迫る!Windows8.1にアップデートしない3つのリスク

■関連するこちらの記事も要チェック!

2017年にウルトラブックを購入するならこの3機種がおすすめ!

ウルトラブックを選ぶ基準は人それぞれですが、冒頭でも書いた通り自分の場合は軽量・コンパクトさを重視しているので下記の3モデルを検討しています。

  • NEC:ZEROシリーズ
  • 富士通:LIFEBOOK UHシリーズ
  • HP Spectre13

※2016年のウルトラブックのオススメとして東芝のKiraシリーズをおすすめしていましたが、廃版になったため今回の記事では外しました。
また、東芝のパソコン事業自体が今後どうなるか不透明なので様子を見ている状態です。

今回ピックアップした3モデルの特徴は、重さキータッチです。

重さ

については、ウルトラブックと打ち出していても本体重要が2kg近い機種もあります。
その点、先ほどの3モデルのパソコン本体の重量はすべて1kg前後です。
その中でもNECのZEROシリーズと富士通 LIFEBOOK UHシリーズは1kgを大幅に下回っています。

そして、もう一つ重視したのが、

キータッチ

です。

今回ご紹介した3機種はすべて実際に触った事のあるウルトラブックです。

キータッチの好みに関しては個人差がありますが、薄型・軽量の設計をする上で犠牲にされやすいのがキーボードです。

パソコンの出張サポートをする中で、実際に触った事のあるウルトラブックは数多くありますが、重さとキータッチを考慮して今回の3つのウルトラブックを選びました。

スポンサードリンク
Microsoft Public Affiliate Program (JP) NEC Direct(NECダイレクト)
デル株式会社 パソコン工房「10万円以下で買えるノートPC」特集

関連するこちらの記事もどうぞ