おすすめパソコン選びの記事にて、コメントを頂きました。

その結果は、どのメーカーのどの機種が主さんはいいのですか?

コメントを頂いたのはこちらの記事

今回の記事では、自分がおすすめする具体的な、パソコンメーカー&パソコンをまとめました!

先日、CP+というイベントに参加したのですがパソコンの重さで移動が嫌にり、
ウルトラブックの購入を検討しはじめたので、

ウルトラブックの中から2017年のおすすめ

をご紹介します。

スポンサードリンク

ウルトラブックの定義は?

ウルトラブックの定義は、2016年現在下記の通りになっています。

※CPUのモデル等が変わる度に、ウルトラブックの定義も更新されています。

  • 第4世代Core iシリーズプロセッサ(Haswell)のUシリーズ・Yシリーズを搭載。
  • 厚みの上限を23mm以下へと緩和・統一。
  • 動画(HD画質)の連続再生6時間以上およびWindows 8のアイドル状態維持9時間以上のバッテリー性能。
  • ハイバネーション状態からの3秒以内の復帰。
  • マルチタッチ対応ディスプレイ。
  • 音声認識機能の搭載。
  • Intel Wireless Display(WiDi)機能の搭載。
  • その他の要件は第2世代と同一である。
    参考サイト:Ultrabook

主なパソコンメーカーから出ている、ウルトラブックのシリーズは下記の通りです。

パナソニック – Let’snote AXシリーズ、MXシリーズ、RZシリーズ
Acer – Aspire Sシリーズ、Aspire Mシリーズ
ASUS – ZENBOOKシリーズ、TAICHIシリーズ、S56シリーズ
デル – XPSシリーズ
富士通 – LIFEBOOK TH・UHシリーズ、CH(Floral Kiss)シリーズ、ARROWS Tab QH・Qシリーズ
ヒューレット・パッカード – ENVYシリーズ
レノボ – IdeaPad Yogaシリーズ、Uシリーズ、ThinkPad X1 Carbonシリーズ
LG電子
NEC – LaVie Zシリーズ、LaVie Xシリーズ、LaVie Hybrid ZERO→LAVIE Hybrid ZEROシリーズ、VersaPro UltraLite
サムスン電子 – ATIVシリーズ
ソニー→VAIO – VAIO Tシリーズ、VAIO Duoシリーズ、VAIO Proシリーズ
東芝 – dynabook Rシリーズ、KIRA Vシリーズ、KIRA Lシリーズ
マウスコンピューター – LuvBook Lシリーズ
参考サイト:Ultrabook

この中から、おすすめの3機種をご紹介します。

2017年におすすめ出来ないパソコンメーカーとして、ご紹介した2社は最初から選択肢として外しています。

ウルトラブックの決定版!NEC ZEROシリーズ

NECのZERO HZ550/は、パソコンの出張サポートの際に、実際に使った事のある1台です。

NEC:ZEROシリーズ

詳細についてはこちら

参考URL:LAVIE Direct HZ
icon

パソコンの本体重量が、1kg以下のため持ち運びの際も苦になりません。

また、薄さの割にキーボードも打ちやすかったのが印象に残っています。

記憶媒体もSSDが採用されており、高速で起動しサクサク動く1台です!

デザインも魅力的なウルトラブック!HP Spectreシリーズ

ウルトラブックは外出先で使う機会も多く、人に見られる頻度も高いためデザインを重視される方も多いのではないでしょうか?
そんな方におすすめなのが、

HP:Spectreシリーズ

詳細はこちら

参考URL:HP Spectre 13

13インチの画面サイズながら、重さが11インチMacBookAiraとほぼ同ため女性にもおすすめのウルトラブックです。

ヒンジの部分はゴールドに装飾されており、カフェなどの外出先で使った際もひと際目を引く事間違いなしです。

HP SpectreシリーズについてはHP Spectre13を触る機会があり、レビュー記事も掲載しております。

 

価格重視のウルトラブック選びならZenBookシリーズ!

予算を重視して、
ウルトラブックを購入したい人に
おすすめなのが

ASUS:ZenBookシリーズ

詳細はこちら

参考URL:ZENBOOK
これまで紹介した、

  • NEC:Zeroシリーズ
  • HP:Spectreシリーズ

は、10万円台半ばから後半の価格帯でした。

しかし、ZenBookなら、

12万円前後

で購入できます。

なおかつ、

  • メモリ:8G
  • SSD搭載

なので、性能面でも満足のいくものになっています。
さらに、Bluetoothも搭載しています!

Bluetooth機能についてはサイト上には記載がなかったのですが、仕様PDFにはBluetooth搭載と明記されています。

12万円前後の価格でBluetoothも搭載しており、コストパフォーマンスを考えれば一押しのウルトラブックと言えます!!

スポンサードリンク

2017年にウルトラブックを購入するならこの3機種がおすすめ!

  • NEC:ZEROシリーズ
  • HP:Spectreシリーズ
  • ASUS:Zenbookシリーズ

この3機種に絞らせて頂きました。
※2016年のウルトラブックのオススメとして東芝のKiraシリーズをおすすめしていましたが、廃版になったため今回の記事では外しました。

基準の1つはウルトラブックの本体重量が1kg前後である事!

ウルトラブックと打ち出していても本体重要が2kg近い機種もあるため、

重さ

を重視しました。

そして、もう一つ重視したのが、

キータッチ

です。

今回ご紹介した3機種はすべて実際に触った事のあるウルトラブックです。

キータッチの好みに関しては個人差がありますが、薄型・軽量の設計をする上で犠牲にされやすいのがキーボードです。

パソコンの出張サポートをする中で実際に触った事のあるウルトラブックは数多くありますが、
重さとキータッチを考慮して今回の3つのウルトラブックを選びました。

スポンサードリンク