パソコンの出張サポートでお客様のお宅に 訪問させて頂いた際に、
今年の4月から大学生になる お子さんのパソコンの購入に関して相談を頂きました。

ご相談頂いたお客様のお子さんが大学の理系学科に進学されるとのことなので、

理系学科の大学生におすすめするパソコン

の選び方から具体的におすすめできるパソコンを紹介します。

スポンサードリンク

理系学科で使うパソコンの条件とは?

理系学科ではMATLABなどの

数値解析ソフト

を使う必要があります。
※学部によって変わります。

そのためMATLABがスムーズに動作するパソコンを選ぶのが重要になります。

参考までにMATLABの動作条件はこちら
MATLAB R2017aのシステム要件

動作条件は下記の通りです。

  • オペレーティングシステム:Windows 10
  • プロセッサー:IntelまたはAMD x86-64プロセッサ
  • ディスクスペース:MATLABのみで2 GB
  • RAM:2 GB
  • グラフィックス:特定のグラフィックスカードは必要ありません。
    ※上記はMACの場合もほぼ同様です。

専門用語が多いので簡単に説明させて頂きます。

オペレーティング・システム(OS)
パソコンを動かす基本ソフト2016年以降はWindows 10が最新OS

プロセッサ
CPUの部分を意味し様々なデーターを処理する部分。
プロセッサの性能が遅いと、他の部分の性能が良くても何をするにも時間がかかる

ディスクスペース
データーを保存しておく場所
動画や音声データーを扱わないのであれば最低限の容量でOK

RAM(メモリ)
データーを処理するスペース。
メモリが少ないと他の部分が性能が良くても動作が遅くなる。
後から増設する事もできるがパソコンとメモリの相性もあるため、
最小からスムーズに動作するメモリを搭載しておくのがおすすめ

グラッフィック
動画編集やゲームをする場合は重要になってくる部分。
ネット閲覧やOfficeソフトの利用であれば特に重要視しなくてもOK

上記の4つの要素のうち、

  • OS
  • プロセッサ
  • ディスクスペース
  • RAM
  • グラッフィック

の5つの部分はについては、
2017年に発売されている新品のパソコンであれば、
どのパソコンを選んでも条件は満たしているはずです!

ただ発売されている全てのパソコンをチェックしているワケではないので、
念のため購入前にしっかりチェックしてみて下さい。

注意が必要なのは、

メモリ

です。

メモリ:2GB

と記載されていますが・・・
しかし、メモリ2GBはWindows 10が動作する最低限のメモリ数です。

参考URL:Windows 10 の仕様とシステム要件

win10
※2017年現在販売されているWindows 10は64ビット版が多いためメモリは2GBが必須です

しかし、メモリが2GBではWindows 10が動作する最低限の構成です。
Windows 10自体を動かすだけでもやっとの状態にです(涙)

パソコンの出張サポートをする中で、
メモリ2GBのWindows 10パソコンに触れる機会がありますが、

おそろしく遅い

です。

この状態でMATLABやOfficeソフトを起動した場合、
さらに動作が遅くなるはずです。

2017年現在も新品パソコンの中には、
メモリが2GBしか搭載されていないパソコンが販売されています。

パソコンを快適に使うためにもメモリは最低でも4GB以上は必要です。
快適にパソコンを使うのであれば、

メモリは8GB以上搭載しているパソコン

を選ぶことをおすすめします。

あわせて大学生がパソコンを購入する場所の特徴もまとめておきます。

スポンサードリンク

大学生のおすすめパソコンはどこで購入する?

大学生がパソコンを購入する際は、
大きく3つの場所で購入される事が多いかと思います。

それぞれ、メリット・デメリットをまとめておきます。

  • 大学生協
  • 家電量販店・パソコンショップ
  • パソコンメーカーの直販サイト

大学生協でパソコンを購入するメリット・デメリット

大学生がパソコンを購入する場所として、
大学側から案内があるのは大学生協というケースが多いと思います。

大学生協でパソコンを購入すれば様々な
サポート・フォローが受けられるのが魅力です。
※サポート内容は、大学によっても違います。

大学生が大学生協でパソコンを購入する際のメリット・デメリットのまとめ下記の通りです。

大学生協のメリット

  • 大学生協での修理受付してもらえる。
  • 操作説明や講習会などが用意されている。
  • メーカー保証+3年間など、大学在学中の保証期間がある

※大学生協毎に保証内容が変わってきますので、
事前に 確認してみましょう。

大学生協のデメリット

・パソコンの価格が高めの場合が多い

上記の様なフォロー体制がしっかりしているのが魅力ですが、
サポートするための人件費等が上乗せされているためか、
家電量販店でパソコンを購入するより価格は高めの傾向があります。

逆に最近は価格重視で、
MacBookAir(11インチ)
を推奨している大学生協もあるようです。
参考:http://www.itmedia.co.jp/pcuser/articles/1606/29/news041.html

しかし、アップル社のMacシリーズは保証期間が最大でも3年までです。
そのため、大学在学中に故障した場合は修理代金を全額負担するリスクがあります。

アップル社では、家電量販店の延長保証を独自につける事を認めていません。
そのため、大学生協でも独自の保証をつける事はしていないはずです。
↑独自の保証をつけている場合もあるかもしれないので、
推奨パソコンがMacの場合は事前に確認してみて下さい

自分もMacBookAir(11インチ)を所有していた時期があるので、
保証の面をわかった上で購入するのであれば、
一つの選択肢としてアリだと思います。

家電量販店でパソコンを購入するメリット・デメリット

今回ご相談頂いたお客様は、
大学生協では
なく家電量販店での購入を検討されていました。

家電量販店でパソコンの購入する際は、

  • 豊富なパソコンの中から選べる
  • 直に触って使用感を確認できる

のが魅力です。

大学生が家電量販店でパソコンを購入する際のメリット・デメリットのまとめは下記の通りです。

家電量販店のメリット

  • 様々なメーカーからパソコンを選べる
  • 実際に触ってパソコンの仕様感を確かめられる
  • 量販店の延長保証で5年間まで保証期間を延

家電量販店の延長保証については、
メーカー保証が延長されるわけではないのでご注意下さい。

様々な免責事項があり保証されない場合もあるので、
購入前にしっかりチェックする事をおすすめします。
↑実際に家電量販店でパソコンの販売をしていたので間違いないです(笑)

家電量販店のデメリット

  • 家電量販店の保証を使う場合、大学の近くにお店がないと保証を受けにくい
  • 購入後の初期不良や修理対応については、購入店舗までいかないと対応してもらえない場合がある
  • 用途にあわない在庫品をすすめられる場合がある
    ⇒今回の記事を参考にして頂ければと思います。

家電量販店によっても違うのですが、
家電量販店のトラブル対応や保証対応については、
購入した店舗でしか受け付けない場合があります。

遠方の大学に入学する場合は、
親御さんが地元でパソコンを用意したいという場合もあるかと思います。

しかし、初期不良や修理対応の事を考えるなら
入学する大学周辺にパソコンを購入するのがおすすめです!

もしくは、購入する店舗と同じ系列の店舗があるかどうかも確認しておくと修理対応や保証を受けやすいです。
※量販店によっては同じ系列の店舗であっても同一店舗以外は、
修理・保証が受けられない場合があります。

つまり、佐藤電機の千代田店で購入した場合は、
その店舗以外では修理対応や保証が受けられないという事です。
↑実際に自分もその現場に遭遇した事があります(涙)

パソコンメーカーの直販サイトで購入するメリット・デメリット

大学生がパソコンを購入する場所として、
パソコンメーカーの直販サイトであれば学割制度があるのが魅力です。

直販サイトで学割制度についてはこちらの記事に詳しくまとめておきました。

大学生が直販サイトでパソコンを購入する際のメリット・デメリットのまとめ下記の通りです。

メーカー直販ネットショップのメリット

  • 学割制度やアウトレットコーナーで安くパソコンが買える
  • 自分の用途にあわせて応じてカスマイズ出来る。
  • メーカー保証内容のまま保証期間を延長できる。

メーカー直販ネットショップのデメリット

  • 直接パソコンに触って選ぶことができない
  • パソコンが届くまで一定の納期が必要

学割制度やアウトレットコーナーで安くパソコンが購入できる魅力がある一方で、
実際にパソコンに触って確認できない点は大きいかもしれません。

当サイトでは今まで実際に触った事のあるパソコンのレビュー記事も掲載していますので、
あわせて参考にして頂ければと思います。

大学生におすすめできるパソコン4選?

大学生協の場合は生協毎におすすめのパソコンが変わり、
家電量販店の場合は在庫状況によっておすすめのパソコンが変わります。

そのため、自分の方でおすすめのパソコンを紹介する事はできないので、
パソコンメーカーの直販サイトで販売されているパソコンの中から、
おすすめのパソコンや実際に使われているパソコンをご紹介します。

富士通:LIFEBOOK UH&LIFEBOOK SHシリーズ

LIFEBOOK UHシリーズの中でもカスタマイズが自由にできる
カスタムメイドモデルのLIFEBOOK WU2であれば、
用途にあわえてカスタマイズできるので特におすすめです。

富士通WEBMARTでは大学生向けの学割セールはされていないのですが、
当サイトの読者向けに学割モデルを作って頂けました。

LIFEBOOK WU2の詳細と当サイトの限定モデルの紹介はこちらから

パソコン本体の重量が少し重くなりますが、
バッテリー容量を増やしたり、DVDドライブがあった方が良い場合は、
LIFEBOOK SHシリーズもおすすめです。

NEC:Hybrid ZEROシリーズ

先ほどご紹介した富士通LIFEBOOK UHシリーズは、
2017年に販売されたばかりで持っている人が少ないですが、
Hybrid ZEROシリーズであれば使っている人も多いです!
↑あくまで、自分がパソコンの出張サポートにいって時の印象です。

今回の記事の中でご紹介したおすすめの構成を満たすパソコンの仕様は、
下記の通りとなります!

  • CPU:Core i7
  • メモリ:8GB
  • ストレージ:128GB SSD
  • ディスプレイ:13インチ

パソコンの詳細はこちらでご確認下さい

LAVIE Direct HZ
icon
学割制度もあるため合わせて活用される事をおすすめします。

HP:spectre 13

HPのspectre 13はメッキボディが個性的なパソコンです。

  • 他の人とは違うパソコンを持ちたい
  • パソコンのデザイン性にこだわりたい

という方にもおすすめです。

パソコンの詳細はこちらでご確認下さい

HP Spectre 13
icon

spectre 13ついてはレビュー記事も書いていますので、
あわせて参考にして頂ければ!

Microsoft:Surface

タブレットもパソコンも両方欲しい方におすすめの1台
大学生で愛用している方も多くNECのHybrid ZEROシリーズと並ぶ人気です!

Surface ドックを使えば拡張性も確保できるので、
様々な機器と接続する事で活用の幅がひろがります

パソコンの詳細はこちらでご確認下さい

Surface Pro 3

ちなみに、家電量販店でのパソコンの購入をお考えの場合は、
おすすめの購入時期をまとめたこちらの記事を参考にしてみて下さい。

またパソコンを購入する際は、こちらの記事も参考にして頂ければ

■パソコン選びに役立つ記事10選
他にもパソコン選びに役立つこちらの記事も要チェックです。

  1. パソコンのおすすめメーカーはどこ? 2017年初心者におすすめの3大メーカー
  2. 2017年のパソコンのおすすめ購入時期は?3タイプ別の購入ガイド!
  3. ウルトラブックのおすすめは?2017年ならこの3機種!
  4. 液晶一体型デスクトップパソコンがおすすめの5つの理由
  5. デスクトップパソコンのおすすめ2016年版!友人が選んだのはこのパソコン!
  6. 5万円以下!おすすめのパソコンメーカーと安いノートPC6機種
  7. 大学生のパソコン選び! おすすめノートパソコンはこの6つをチェック
  8. 理系大学生におすすめのパソコン条件とは?購入時の3つのチェックポイント!
  9. 海外で使うパソコン購入のおすすめは?3タイプ別の購入ガイド!
  10. cpuを比較!2016年のceleronは5年前のi5並の性能かも?!

■Windowsのサポート期限関連の記事6選
今使っているWindowsのサポート期限は大丈夫?
事前に準備しておけば思わぬトラブルやリスクを回避できます!

  1. Windows7のサポート期限はいつまで?2016年中に対策すべき2つの理由
    ↑最も利用されているWindows7は要チェック
  2. windows7のサービスパックの確認は大丈夫?サポート期限切れ対策も紹介!
  3. Windows Vistaをサポート終了後でも使い続ける!無料でとれる3つの選択肢は?
  4. Windows Vistaのサポート期限終了日迫る!サポート終了後の5つの対策とは?
  5. Windows Vistaからのデータ移行ガイド!簡単3ステップでお引越し!
  6. windows8のサポート期間終了迫る!Windows8.1にアップデートしない3つのリスク

■関連するこちらの記事も要チェック!

理系大学生へのおすすめパソコンまとめ

理系大学生向けのパソコン選びについて、

  • パソコンの性能
  • パソコンの購入先

の2点から記事としてまとめてみました。

今回ご紹介したおすすめパソコン以外を選んでも問題ないとは思うのですが、
メモリが4GB以上搭載されているかはしっかりチェックしてみて下さい、

用途にあわせてパソコンを購入しないと・・・・
後から余計な出費が必要になったり、不便な状況になる事も考えられます。

大学生としての4年間、
毎回パソコンを使うたびに遅くてイライラしてはストレスになります。

今回の記事がパソコン購入の際の参考になれば幸いです!

スポンサードリンク

関連するこちらの記事もどうぞ