Dell  XPSシリーズに興味があり、購入を検討しはじめたのですが・・・

「Dell 評判」

でパソコンの評判を検索してみると目立ちました(涙)

会社から支給された業務用のパソコンがDell のパソコンだったんですが、納得出来る部分もありました!

しかし、ネット上に書かれているDell の評判が悪い理由は、日本のパソコンメーカーと海外のパソコンメーカーの違いを理解しないまま購入したのが大きな理由のようです!

Dell のパソコンで最も評判の悪い3つの点について自分の考えをまとめておきます。

スポンサードリンク

Dell のパソコンで評価が悪い3つの理由

ネットで見かけた時に、Dell の評判が悪い理由として目立ったのは下記の3つです

  1. パソコンの部品精度がイマイチ
  2. パソコン部品の在庫期間が短い
  3. 古い部品を使っている?

Dell のパソコンは故障が多いの?

パソコンは精密機械である以上、

アタリ・ハズレ

があります。

普通に使えるがのがあたり前だと思ってしまうと、アタリを引いてもそれが良い評判にはなりません。

一方ハズレを引いてしまうと、悪い評判が広まりやすくなります。

そのハズレの割合でいうと、

Dell のパソコンは故障しやす気がします!
↑私の体験と周辺の話を総合しての評価です。
※それが必ずしも悪い事だとは思っていません。

Dell のパソコンが故障しやすと思うようになった体験談ですが、会社から支給されたDellのパソコンLatitude E4200
dellのパソコンが評判の悪い理由

このパソコンを使っている時の事です!

文字を入力する度にキーボードがたわんでいたのです!

使っていて嫌な予感しかしませんでした・・・
↑Dellに限らずキーボードがたわむ時点で、製品設計や加工精度が悪いと言わざる負えません。

そして案の上、一部のキーが入力できなくなりました(涙)

ただ、Dell にはオンサイトサービスという保証制度があります。
※専門のエンジニアが交換部品を持参して修理してくれるサービスです。

電話で予約し、オンサイトサービスエンジニアが交換部品を持参して修理してくれました!
※有償サービスを会社にて加入していたため修理が受けられました

参考サイト:
翌営業日出張修理(オンサイト)サービス
パーツ交換および技術者派遣オプション

上記のようなサポートが充実している事からもわかる通り、Dell では、「パソコンは壊れるもの」であり、
壊れた時のアフターフォローを充実させるという企業理念なんだと考えています。

逆に、日本のパソコンメーカーはしっかりパソコン自体の品質を確保してから販売する!
という企業理念が根底にあると考えています。
※もちろんサポートも充実していますし、初心者が使うのを想定して使い方をフォローするソフトも入れています。

詳しくはこちらの記事にまとめました!

Dell のの価格重視モデル(Inspiron 3000シリーズ )は、「パソコンを安く提供するため」に品質を犠牲にしていると感じています。
先程も書いた通り、それが悪い事だとは思いません。

全てを完璧な形にした場合は、値段が上がるのは当然の事です。

そういった意味では、Dell という会社を理解しないままパソコンを買ってしまった人が
他パソコンメーカーと同じ品質を求めて、悪い評判につながっていると感じます!

マイクロソフトやDell 以外の海外のパソコンメーカーは、とりあえず市場に出して後からなんとかするという考えの企業が多い印象があります。

もちろん、スピードが重要な場合もあるので、一概に否定するつもりはありません・・・

Dell のパソコンは、部品の精度を落として価格を抑えている!
↑Dell 関係者の方が見ていたらゴメンなさい(涙)実体験に基いて書いているのお許し下さい・・・

Dellは修理部品の在庫期間が短い

Dell のパソコンが部品切れで修理できず、不満という書き込みをみつけました。
参考サイト:パソコンが部品の在庫切れで購入後3年未満で修理

パソコンの機種によっても変わりますが、パソコンの部品保有期間は下記の通りです。

  • 日本のパソコンメーカー:製品発売から6年前後
  • 海外のパソコンメーカー:最短で2年前後
    ※海外メーカーは部品保有期間を開示していない所が多いです

部品の保有期間が長いという事は、使わないままに保有期間を終える部品が多くなるという事です。

つまり、その分コストがかかります!

Dell をはじめとした海外のパソコンメーカーは、部品保有期間を短くする事でコスト押さえています。

※Dell では、部品保有期間を明確にしていません!
その際の詳しいやりとりはこちらの記事にて

購入するのであれば、安い理由をしっかり見極めて選択するのが重要です!

Dell は部品保有期間を短くする事で価格を抑えている!

Dell のパソコンは古い部品を使ってるの?

Dell のパソコンは古い部品を使っているいう噂もあるようです。

古い部品を使っているという噂もありますが、本当でしょうか?
参考サイト:DELLのパソコンの評判が悪い?

参考サイトに噂の出処が、記載されていないので推測するしかないのですが

この噂は解釈次第で、本当とも言えますし嘘とも言えます。

「古い部品」が「中古の部品」という意味であれば、嘘だと思います。(多分使っていないと思います・・・)
↑Dell の製造工程を直接関わった事がないので断言はできませんが・・・

ただ、古い規格の部品を使っているという意味であれば本当です。

Dell のInspiron(インスパイロン)シリーズには、3つの製品ラインがあります。

dellのパソコンの悪い評判を解説した画像

↑Dell リアルサイト秋葉原展示してあるInspiron5000

  • Inspiron 7000シリーズ
    ⇒性能重視のパソコン構成
  • Inspiron 5000シリーズ
    ⇒コストパフォーマンス重視のパソコン構成
  • Inspiron 3000シリーズ
    ⇒価格重視のパソコン構成

詳しく比較すると長くなってしまうので、CPUだけに絞って比較します。
※CPUはパソコンを使う際の様々な処理をする中心部品です。

Dell Inspironシリーズ
(15インチモデル)
搭載CPU
7000シリーズ Core™ i7-6500U
(第6世代プロセッサー)
5000シリーズ Core™ i5-5200U
(第5世代プロセッサー)
3000シリーズ Core™ i5-5200U
(第5世代プロセッサー)

※Inspiron 5000シリーズは、カスタマイズで第6世代プロセッサーも選べます!

Dell では価格重視のモデルに関しては、古い規格のCPUを採用しているわけです!

日本のパソコンメーカーで、2016年に発売された機種はほぼ全て第6世代プロセッサーが採用されています!

日本のパソコンメーカーが、第5世代プロッセサーを採用していたのは2015年に販売されていたパソコンです。
※一部メーカーでは第4世代プロセッサーを採用している場合もあります。

日本のパソコンメーカーは、常に最新の規格に合わせてパソコンを販売する傾向にあるようです。

一方Dellは、1世代古い規格を採用する事で、パソコンの価格を抑えているワケです。

CPUのモデルにもよりますが、基本的に1世代違うだけで使用感はほとんどかわりません!

それなら、1世代規格が古くても安い方が良いという方も多いのではないでしょうか!

Dell のパソコンは古い「規格」を採用して価格を抑えている!

スポンサードリンク

Dell のパソコンが評判が悪い3つの理由まとめ!

Dell lの評判が悪い理由は、自分の体験談とネット上で見かけた下記の3つをピックアップしました!

  1. パソコンの部品精度がイマイチ
  2. パソコン部品の在庫期間が短い
  3. 古い部品を使っている?

この3つですが、すべて知った上であれば対策がとれます!

  1. パソコンの部品精度がイマイチのモデルがある(Inspiron 3000シリーズ )
    ⇒故障が多い可能性があるので延長サポートに必ず入る
  2. パソコン部品の在庫期間が短い
    ⇒延長サポートに入り、修理出来る期間を伸ばす。
  3. 古い規格の部品を使っている
    ⇒価格が安い事を考えて割り切る

こう考えるとDell のパソコンの悪評は、Dell が価格を抑えてパソコンを提供しようとして、工夫した部分が誤解されたというのが良くわかると思います。

今回ご紹介した3つの評判を、

Dellの「悪評」と受け止めるか「努力」

と受け止めるかは人それぞれです!

今回の記事が購入先選択の参考になれば幸いです!

Dell のパソコンの悪い評判については、パソコン自体が誤解されている以外にも理由はあります!
それに関してはこちらにまとめました。

スポンサードリンク
Microsoft Public Affiliate Program (JP) NEC Direct(NECダイレクト)
デル株式会社 パソコン工房「10万円以下で買えるノートPC」特集

関連するこちらの記事もどうぞ