先日の記事で、
2016年にワイヤレスマウスを、
購入するなら・・・

ロジクール M560

がおすすめ!とご紹介しました。

詳しくはこちらの記事にて

今回は、その時に触れなかった

マウスのおすすめメーカーとして
ロジクールをおすすめする理由

をまとめておきます。

スポンサードリンク

マウス選びの難しさはパソコンパーツ中一番?!

パソコンのパーツの中で、
マウスとキーボードほど、
選ぶのが難しいパーツはないと思っています。

なぜなら、
手の大きさやキータッチは、
人の好みに左右される部分が大きいからです。

しかし、
今回あえて記事にまとめようと思ったのは、
使用感だけでないマウス選びのポイントが、
あると感じたからです!

そのきっかけがこちらのマウス!

M-LS11DLBU_02

エレコム:M-LS11DL

このマウスを使う事で、
マウスを選ぶ際に・・・

手にフィットする

だけで選ぶと失敗すると、
学びました。

※マウスに関しては、
正確なデーターを測定出来る、
ベンチマークソフトはないため、
今回の記事は自分の主観を元に書いております。

マウスメーカーで決まるマウスの完成度!

マウスをはじめ形ある製品は、
その製品自体がメーカーの考えを、
体現していると言えます。

自分が今まで使って来たマウスメーカーの
印象をまとめておきます。

通信精度に難あり?エレコムマウスに注意

エレコム製のM-LS11DLシリーズマウスですが、
パソコンに指すレシーバーの位置によって、
通信精度が大幅に落ちるんです・・・

エレコム製マウスを接続していたパソコン

PCマウス

右側に指していた、
マウスのレシーバーを
左側に差し替えた所・・・

マウスカーソルの動きが、
極端に悪くなりました。

エレコムのホームページで確認した所、
通信距離は10mとの事でした。

type_simg02

参考サイト:エレコムマウス

しかし、実際はマウスを反対のUSBポートに、
接続しただけで電波が途切れていました。

もちろん、自分がたまたま、
ハズレを引いただけの可能性もあります。

しかし、実はエレコム製マウスで、
痛い目にあったのはこれだけではないのです!

数年前にもエレコム製のワイヤレスマウスを、
使用していたのですが・・・

購入して数ヶ月で動かなくなりました(涙)

エレコム製マウスとご縁がないのか、
自分の運が悪いのか!

マウスとレシーバーの通信精度に関しては、
パソコンと接続するまでわかりません。

他メーカーの場合、
USBのレシーバーを差し替えただけで、
マウスの動きが悪くなることは一度もありませんでした。(涙)

エレコムに関しては、
この通信精度が悪い製品が多い印象があります。

チャレンジ精神旺盛なマイクロソフト!

マイクロソフトのマウスは、
総じて使用感も良く好印象です。

しかし、
タッチマウスなどの新しいタイプの
マウスに関しては、

完成度が低いまま販売されている印象があります。

以前購入した
ブルートラック ワイヤレス マウス
Touch Mouse 3KJ-00033

マイクロソフト

誤動作が多すぎて使いものになりませんでした。

購入したのが、2014年9月のため
今は改善されているかもしれません。

マイクロソフト製のオーソドックスな
マウスに関しては使いやすく、
誤動作もありません。

他にもバッファローをはじめ、
数多くのマウスを使ってきました。

また、パソコン出張サポートの際も
様々なマウスを触る機会があります。

そんな中で、
ロジクールがおすすめメーカーだと、
感じている理由は3つあります。

ロジクールがおすすめのマウスメーカーになる3つの理由

ロジクールをおすすめする3つの理由は下記の通りです。

  1. マウスの精度や品質が一定している
  2. Unifyingレシーバーで他のロジクール製品と連携しやすい
  3. 性能が良いのに安価に手に入るマウスが豊富

です。

今までロジクールのマウス&キーボードを、
8台以上使っています。
もちろん、他メーカーも合わせるとそれ上です!

マウスの精度や品質については、
ロジクール製品で、
不満に感じた事は一度もなく、
精度・品質が安定しています。

そして、
ロジクール製マウス&キーボードが増えた時に便利なのが、

Unifyingレシーバー

です。

このUnifyingレシーバーがあれば、
他のロジクール製品が増えた時に、
マウスのレシーバーを経由して
接続する事ができます。

つまり、

  • ワイヤレスマウス
  • ワイヤレスキーボード

などを別々に購入しても、
レシーバーは1つですみます!

そのため、
USBポートをレシーバーでふさぐのを、
最小限に抑える事ができます。

性能が良いのに安価に手に入るマウスが多いという点は、
前回の記事で詳しく書いたとおりです。

マウスはパソコンに付属しているものを、
なんとなく使っている方が多いかもしれません。

しかし、パソコンの利用頻度の多い人なら、
マウス1つで作業効率が大きく変わります。

自分にあった理想のマウスをぜひ見つけて下さい!

スポンサードリンク