MOSの資格は、
マイクロソフトOfficeの
バージョン毎に試験があります。

常に2つから3つの
バージョンの試験が平行して行われています。

2016年で言えば下記の3つです。

  • MOS 2007
  • MOS 2010
  • MOS 2013

※MOS 2007は、
2016年3月末日に試験が終了しました。

2016年3月以降で言えば、
MOS 2010と2013の両方が行われています。

そこで迷うのは、
自分にとってどっちを受けた方がいいのか?
という疑問ではないでしょうか?

今回の記事では2016年に、

MOS 2010と2013のどっち

を受験するのがおすすめなのかをまとめました!

スポンサードリンク

MOSの資格を選ぶ基準は目的で変わる!

MOSの試験を受ける目的は、
大きく2種類の理由があると思います。

  1. MOSを取得する事で就職に役立てたい!
    Officeが使える事をPRする事で、
    就職活動に役立てたい方
  2. MCT(Microsoft Certified Trainer)を取得するため
    ※MCTはマイクロソフトから認定された
    Officeのインストラクターの事です。
    MCTを取得するために必要なMOSの資格を取得し、
    インストラクターとして活動していきたい方

それぞれのケースで、
どちらのMOSがおすすめかをご紹介します。

就職に役立てるためならパソコン環境優先

就職活動に役立てるために、
MOSの取得を検討されているのであれば、
学習環境を優先してMOSの資格を
選ぶのがおすすめです!

MOSは独学でも取得出来る資格です。
独学で取得を目指すために、
学習環境が重要になってきます!

学習環境を整えるために、
準備するものに関しては、
こちらの記事にまとめました!

上記の記事で書いたとおり、
パソコン環境が重要になります。

2015年9月以前にパソコンを
購入しているのであれば、
下記のOfficeのどちらかが入っているはずです。

  • Office 2010
  • Office 2013

ご自身のパソコンに入っている
Officeのバージョンで
受験するのがおすすめです!

就職先の業種が、
Officeを日常的に使う業種であれば、
MOSを取得する事で一定の評価はされます。

その際に、
MOSのバージョンで評価が
変わる事はありません。

そのため、
現在のパソコン環境を優先して、
MOSの資格取得の準備をすすめる事をおすすめします。

MCT取得のためのMOS取得ならMOS 2013!

MCT(Microsoft Certified Trainer)
を取得するためにMOSの取得を目指すされる場合は、

MOS 2013

の取得がおすすめです。
※MCTはマイクロソフトから認定された
インストラクターの事です。

理由はOfficeのインストラクターとして、
活動するにあたりOffice 2013での指導が、
メインになると考えられるからです。

Officeのインストラクターとして、
会社に所属してパソコンの指導をしていく場合は、
パソコン教室に導入されているOfficeのバージョンに合わせて、
指導していく事になります。

現在、パソコン教室のほとんどが
Office講座ではOffice 2013を利用しています。

将来的に、
自分がスムーズに教えていくためにも

MOS 2013

の取得がおすすめです。

MOS取得に余裕があるならMOS 2016もおすすめ!

2015年9月以降に、
新規でパソコンを購入された場合、
パソコンにインストールされているのは、

Office 2016

になります。

MOS 2016の試験は、
2016年7月現在実施されていません。

こちらの記事にて、
MOS 2016の試験が、
いつごろになるか予想してみました!

現在使っているパソコンに、
Office2016が入っている場合、
MOS 2010やMOS 2013を受験するために、
Office2010や2013をパソコンに入れて、
独学で勉強する方法もありますが・・・

その場合は、
Officeソフトを購入する費用
が負担になってきます。

MOSを取得するにあたり、
時間的に余裕がある場合や、
MOSの取得を急いでない場合は・・・

余計な出費を押さえて、
負担なくMOSを取得するために、
MOS 2016の試験開始を
待つのもいいかもしれません!

スポンサードリンク

MOSの資格を選ぶ基準まとめ

MOSの資格で、
おすすめのバージョンを、
状況別にまとめてみました!

  • 就職活動のためや自分のスキルの証明として考えている方
    学習環境に合わせてMOSのバージョンを選ぶのがおすすめです。
  • MCTの取得を目指している方
    MOS 2013
  • Office2016搭載パソコンを持っている方
    ⇒MOS取得を急いでいないならMOS 2016
    ※MOS 2016試験開始時期については、現時点で正式発表はありません。

MOSの試験開始時期や
バージョンなども考慮して、
自分にとってベストのタイミンで、
MOS 試験を受けて頂ければと思います。

スポンサードリンク
Microsoft Public Affiliate Program (JP) NEC Direct(NECダイレクト)
デル株式会社 パソコン工房「10万円以下で買えるノートPC」特集

関連するこちらの記事もどうぞ