エプソンは売れ筋のモデルを、
毎年9月に販売する傾向にあります。

それい以外のハイエンドモデルや、
エントリーモデルは、
時期をずらしている発売される
ケースが多いです。

今回は、
2016年~2017年にかけて、
エプソンのプリンターの
おすすめモデルをご紹介します。

主力モデルは、
まだ発表されていなので、
現行モデルで

エプソンプリンター比較2016年版

を記事にまとめておきます。

スポンサードリンク

エプソン製プリンターの2016年モデル比較表

エプソンの主力プリンターである
カラリオ EP-808Aは、
後継モデルが発表されていないため、
発表があるまでは、
カラリオ EP-808Aで、
比較していきます。

エプソン製インクジェット複合機2016年モデルの違い
ph_visual ph_visual (1) ph_visual (2) ph_visual (3)
商品名 EP-10VA EP-978A3 EP-808A EP-708A
価格(税別) 55,000円 24,800円 15,000円 8,580円
インクシステム 6色独立(染料ブラック、シアン、マゼンダ、イエロー、グレー、顔料ブラック)
印刷解像度※1 5,760×1,440dpi4800×1200dpi
ノズル 不明 不明 不明
インク滴 1.5pl
液晶サイズ 4.3型 4.3型 4.3型 1.44型
タッチパネル対応
有線LAN
無線LAN
スマホプリント
両面印刷 対応
給紙容量(A4用紙) 前トレイ最大100枚
レーベルプリント 対応(コピー可能)
カメラダイレクト 全機種対応
メモリーカードスロット ○(SDカードのみ)
消費電力 約16W 約17W 約17W 約15W
外形寸法 479×743×453(mm) 479×668×295(mm) 390×598×196(mm) 390×338×163(mm)
重量 約9.5kg 約8.7kg 6.9kg 約5.9kg
カラーバリエーション ブラック ホワイト ホワイト、ブラック、レッド ホワイト
印刷速度(L判写真印刷) 33秒 約13秒 約13秒 約19秒
印刷コスト(サイズ不明) 約12.7円(税別 約20.6円
対応インク YTH-6CL IC6CL 80

【単位解説】
※1印刷解像度:dpi
この数字が大きい程きめこまかい印刷でができます。

エプソンプリンター2016年モデルの違い!

エプソンプリンターの場合、
機種ごとに明確なコンセプトを
感じるためキャンのより、
プリンター選びはシンプルかもしれません!

EP-10VAは方向性が違うモデル!

EP-10VAは、
他の3機種と設計段階から、
プリンターとしての方向性が違います。

本体価格や印刷スピードよりも
ランニングコスト最大限追求
したプリンターになっています。

写真を趣味にしていて、
自宅で印刷をする機会が多い方などは、
このプリンターがおすすめです。

EP-978A3とEP-808Aの違いは?

EP-978A3 EP-808A
ph_visual (1) ph_visual (2)

EP-978A3とEP-808Aの違いは、

A3プリントの対応

のみと言っても良いです。

基本機能は近いので、
仕事でつかう場合や、
ポスター・POPの作成など
A3プリントする予定がある方は、
EP-978A3がおすすめです。

A3プリントの予定がなく、
個人での利用がメインの方は、
EP-808Aがおすすめです。

EP-808Aは、
個人利用を想定しているためか、
カラーバリエーションも
3種類の中から選べるので、
インテリアに合わせて、
プリンターの色が選べます。

EP-808AとEP-708Aの違いは?

EP-808A EP-708A
ph_visual (2) ph_visual (3)

この2機種を比較した際に、
EP-808Aに備わっている機能で、
EP-708Aにない機能は6つです。

  • NFC接続
  • 自動両面印刷
  • 背面1枚手差し
  • タッチパネル
  • トレイの自動開閉
  • 赤外線通信でプリント

この中で重要なのは、
効率と操作性に関わる

  • 自動両面印刷
  • タッチパネル

の2つの機能だと思います。

この2つの機能を
利用する予定があれば、
EP-808Aがおすすめです。

逆にこの2つの機能が、
必要ないのであれば、
EP-708Aがおすすめです。

機能面では全機種共通して、
搭載されている機能が豊富です。

特に注目しているのは機能がこちら

  • DVDレーベル印刷
  • スマホプリント
  • メモリカードからプリント

キャンのプリンターの場合だと、
この3つの機能は、
下位モデルには搭載されていないため、
同じ価格でもエプソンプリンターを
選んだ方がお得感があると言えます。

詳しくはキャンんプリンターの
比較記事にてご確認下さい。

用途別のエプソンプリンターのおすすめモデル

エプソンのプリンターは、
機能面で充実していて、
満足度が高いと思いますが、
用途別にもまとめてみました。

ランニングコスト重視ならEP-10VA

ランニングコスト重視であれば、
EP-10VAがおすすめですが、
どれぐらの枚数を印刷すると、
お得なのか試算してみました。

2016年8月現在、
EP-10VAとEP-978A3の
価格差は約2万円です。

ラングコストの差は、
下記の通りです。

  • EP-10VA:12.7円
  • EP-978A3:20.6円

差額が8円ぐらいになります。

2万円(本体差額)÷8円(ランニングコスト差額)=2,500枚

になります。

つまり、
写真プリントが多い方や
A3プリントが多い方以外は、
メリットが感じにくくなります。

逆に写真が趣味などで、
プリント枚数が多いのであれば、
おすすめの一台といえます。

A3プリントならこの2機種がおすすめです。

家庭用複合機プリンターで、
A3プリントができるのが、
エプソンの大きな魅力といえます。

対応しているのは、

  • EP-10VA
  • EP-978A3

EP-978A3は2万円台の
プリンターにも関わらず、
A3プリント出来るの大きな魅力です。

エプソンのA3プリンターである
カラリオ EP-4004は、
実売価格が3万円前後する
事を考えるとお得感があります。

※EP-978A3でのA3プリント
手差しでの給紙が前提になるため、
使い勝手が同じではないです。

スポンサードリンク

2016年総合的なおすすめエプソンプリンターはこれ!

今回エプソンプリンターを
比較して感じた事は、
基本機能の充実度です。

また、手差し印刷とはいえ、
A3印刷できる点が、
他社プリンターにはない
魅力といえます。

自分が2016年に
エプソンプリンターを
購入するとしたらこのモデルです。

ランニングコストでは、
最上位モデルの
EP-10VAに譲りますが、
本体価格と機能を考えると
十分妥協できます。

スポンサードリンク
Microsoft Public Affiliate Program (JP) NEC Direct(NECダイレクト)
デル株式会社 パソコン工房「10万円以下で買えるノートPC」特集

関連するこちらの記事もどうぞ