2015年11月頃に、友人からパソコンの購入について相談を受けました!

その時にお伝えした、

デスクトップパソコン選びのポイント

をまとめておきます!

2016年にデスクトップパソコンを購入予定の方は必見です!

今回相談頂いた友人は、パソコンの利用頻度は少なく確定申告時の際や、文章作成の時に使えれば十分との事でした。

そのため、事務作業やネット閲覧など、最低限の事が出来て手頃な値段で購入できる事を前提にしています。

一番最後に、家電量販店の展示機処分価格と同じ金額で発売されたばかりの新モデルを購入する方法もご紹介しています!

スポンサードリンク

2016年デスクトップパソコンを買うならここをチェック!

数年前に家電量販店で働いていた時のパソコンの売れ筋は、

8割がノートパソコン

でした!

しかし、実はパソコンに対する「要望」を、勘違いしているだけで、意外とデスクトップパソコンの方がライフスタイルにあっている人が多いのかも?

と今回頂いた相談を通して思いました!

デスクトップパソコンの販売台数は、年々減少しつづけています。

そのためは、デスクトップパソコンのラインナップも減少傾向にあり、選択肢が少なくなっています。

そんな中で、

自分が友人に伝えた絶対にチェックして欲しいポイント

はこの3つです!。

  • CPU
  • 無線LAN子機
  • Bluetooth機能

3つとも、基盤(マザーボート)に組み込まれているパーツなので、後から交換が出来ません。

無線LAN子機とBluetooth機能は外付け機器はあるのですが、USBポートが埋まってしまうのであまりおすすめできません。

CPUは、
ネット閲覧や資料作成などであれば、
Celeron® プロセッサー

で十分です。

もし後々、動画編集や写真の加工などの負荷の高い作業をする可能性があるなら、Core i5以上がおすすめです!

無線LAN子機は、

最新の規格である・
11ac

に対応したものを選びましょう。

無線ルーターの親機側が、11acに対応していないと意味がないのですが、将来的に無線ルーターを買い換えた際に、11acの規格で高速&安定して使えるようになります。

Bluetooth機能は、
スピーカーやヘッドセットなど、様々な機器を接続するのに使われている規格です。

ケーブルを使わずに、スピーカーと接続できるため、デスクトップパソコンを設置した際に、本体周りがスッキリします。

他にも、下記の要素があります。

最低限のラインを満たしているのであれば特に問題ない部分です。

  • メモリ:4G以上
  • HDDorSDD:500GB以上
  • 追加機能:テレビ機能など

2016年にラインナップされているデスクトップパソコンを見る限り、どの機種を選んでも上記の項目は満たしている場合が多かったです。

次は、具体的なデスクトップパソコンの機種選びです。

持ち運びと画面サイズを両立したデスクトップパソコン

友人から相談頂いた最初の要望は・・・

「家で使う事が多いけど、持ち運びも出来るパソコン

というものでした!

この友人には5年程前にも、パソコン購入時に相談を受けていて、その際はNECのノートパソコンになりました!

5年前経験から、今回もノートパソコンが良いのかも?
と最初に考えたのですが・・・

「今後は、エクセル&ワードを良く使うので画面が大きいパソコンが良い!

と追加要望が出てきました!

実は、こう言った要望が多かったりします。

パソコン販売の仕事をしていた時も、相反する2つの要望を頂く事がありました。

  1. 安くて性能が良いパソコン
  2. 薄くて軽く、幅広く使える(拡張性がある)パソコン
  3. 画面が大きくて、持ち運びしやすいパソコン

というものです。

この中で、1つ目に関しては、パソコンの性能自体が全体的に向上しているのである意味実現しているといえます。

そして、2つ目に関しては、ウルトラブックとBluetooth機能で実現されつつあります。

薄くて軽く、幅広く使える、パソコンが欲しいという方はウルトラブックのおすすめ機種も別記事にてご紹介しています。

しかし、3つめの画面が大きくて持ち運びしやすいパソコンは、まだ実現している機種がありません。

そこで、私自身見つけた解決策が、

ノートパソコン+外部ディスプレイ

という使い方!

IMG_5270.jpg

自宅や事務所で使う際は、外部ディスプレイに接続し大画面で使う事が出来ます。

そして、外出先で使う場合は液晶ディスプレイとの接続を外して、ノートパソコンを持ち運びする事も可能です!

自分もこの形で、パソコンを使っているので一番おすすめだったのすが・・・

「あんまり面倒な事はやりたくない!」

という友人の言葉で、あっさり却下になりました。(涙)

そうなると、選択肢は以下の2つになります。

  • 液晶ディスプレイが17型~以上の大型ノートパソコン
  • ボート型(スリム)デスクトップパソコン

大型のノートパソコンですが、家電量販店の店頭に展示されていいませんでした(涙)

ボード型のデスクトップパソコンに関しては、家電量販店にて数台が展示されており・・・

スペースをあまり取らないからこれが良い!

という事であっさり決定しました!

実際に購入した機種と同モデルの、デスクトップパソコンがこちら
2016年のおすすめデスクトップパソコンの画像

このデスクトップパソコンは、実際に購入した機種の後継モデルです。

購入した、ディスクトップパソコンは在庫処分&展時機という事もあり購入金額は、

98,000円

でした。

以前書いた「パソコンを安く購入出来る時期」を参考に、予めいつ頃購入するかを先に決めていたので、手頃な値段でデスクトップパソコンを購入できました!

手頃な値段でデスクトップパソコンを購入するのであれば、最初に購入時期をいつ頃にするか決めるのがおすすめです!

スポンサードリンク

ノートパソコンを持ち運ばないならデスクトップパソコンもあり!

今回友人が選んだボード型デスクトップパソコンですが・・・

持ち運びをするには重いのでは?

と思い聞いてみました。

「このパソコンは、重さが8kg以上あるから持ち運びしにくいのでは?」

友人の答えは、

「大丈夫、家の中で少し移動できれば十分だから!

持ち運びは、外出時の事ではなく家の中での移動のみという意味だったようです。

よくよく話を聞いてみると友人の中では、デスクトップパソコンは液晶ディスプレイとパソコン本体が別々のタイプ(セパレート型)を、イメージしていたとの事でした!

だからこそデスクトップパソコンは、
持ち運びが面倒くさそう・・・
という先入観があったようですね。

友人の要望をまとめると、

  • 液晶ディスプレイが大きい
  • 省スペース(場所をとらない)
  • 持ち運び出来る(家の中で)

の3点でした。

家電量販のデスクトップパソコン売り場では、ボード型デスクトップパソコンが8割以上を占めている印象でした。
(そもそも売り場面積が小さいので、台数はそれほどなかったですが・・・)

私の友人と同じく、ノートパソコンを買っては見たもののほとんど持ち運ぶ事がなく、いつも同じ場所にあるようでしたら・・・・

次は、

ボード型デスクトップパソコン

を選択肢として考えてみてはどうでしょうか?

パソコンの購入金額は、ノートパソコンと同じでも、
液晶ディスプレイが一回り大きいモデルが選べます!

今回は、価格優先で在庫処分モデル狙いだったので、東芝製パソコンを選びましたが・・・・

しかし!

そのあと見つけた富士通WEBMARTで、

  • メーカー保証が3年間
  • セキュリティ対策ソフト3年分

付いたお得なモデルを発見しました。

それがこの2つのモデル

  • ESPRIMO WF1/A3
  • ESPRIMO WF2/A3

東芝のパソコンは、約10万円でしたがケーズデンキの延長保証と、ウィルス対策ソフトで+2万円かかっているので、合計は12万円ほどで購入しています。

富士通WEBMARTだったら、発売されたばかりの新品のパソコンを買っても同じ金額でした(涙)
最近、ESPRIMO WF1/A3に触れる機会があったので特徴や使い勝手をレビュー記事としてまとめました。

当サイト限定の シークレットクーポンを使えば、富士通WEBMARTのクーポンを使うより割引UPになります!

ESPRIMO WF1/A3
ESPRIMO WF1/A3の シークレットクーポンコード

FBR123LSJ

割引率が22%から25%引きになるので、
標準構成でも4,000円~5,000円の割引になります。

ESPRIMO WF2/A3
ESPRIMO WF2/A3の シークレットクーポンコード

FRU302LSJ

割引率が17%から22%引きになるので、
標準構成でも9,000円~10,000円の割引になります。

台数限定ですが1つ前のモデルのESPRIMO WF1/Xなら、
今回購入した東芝製の展示機処分価格より安く買えます。
※延長保証とウィルス対策ソフトを同時に購入した場合の比較

ESPRIMO WF1/X
↑売り切れ次第終了のアウトレット価格のためリンク先で完売していたらゴメンなさい!icon
※最新モデルであるESPRIMO WF1/A3に当サイトのシークレットクーポンを適用した方が安くなります。

パソコンメーカーが違うとはいえ、家電量販店の展示機処分価格とメーカー直販サイトの新モデルの販売価格は、同じぐらいなんですね(笑)

せっかく自分を信頼して相談してくれた友人に対して、ちょっと申し訳ない気持ちになりました(涙)

スポンサードリンク