windowsエクスペリエンスインデックス(WEI)は、
パソコンの性能を表示する簡易的なベンチマークソフト
なのですが、これがWindows8からなくなりました。

 

Windows7からパソコンを利用されている方は、
以前のパソコンとの性能差を比較しにくくなり
少し不便に感じられている方もいるかもしれません。

 

windowsエクスペリエンスインデックスの詳細はこちら

 

今回は、Windows8ユーザー向けにwindows
エクスペリエンスインデックスを表示するソフトを
ご紹介します。

 

スポンサードリンク

windowsエクスペリエンスインデックスがなくなたった理由

windowsエクスペリエンスインデックスですが、
Windows7には標準搭載されていたにもかかわらず
なぜ、Windows8からなくなってしまったのか?

 

Windows8は、タブレットとパソコンをシームレスに
使うための、OSという位置づけでした。

 

そのため、Windows8にwindowsエクスペリエンスインデックスを
標準搭載する事で、タブレット端末で数値を測定されてる事で

パソコンのとの性能差を印象づけてしまうのを恐れたのでは?

と思っています。

 

windowsエクスペリエンスインデックスは、あくまで目安であり
ベンチマークソフトとしては、CPU・メモリ・HDD/SDD毎に
専用のソフトガあり、そちらので測定した方がよっぽで正確です。

 

あくまで、OSので簡易的に測定できる基準値だったはずが
手軽に測定できるが故に、いつしか絶対的な基準と思われる
ようになっている節がありました。

 

なので、windowsエクスペリエンスインデックス自体が
一つの目安である事を前提に、今回はWindows8でも
windowsエクスペリエンスインデックスを表示できるソフト
紹介したいと思います。

そもそもWindows8でも、内部的には数値を計測している
ようなのですが、Windows7の時のように表示するツール
を提供していないだけです。

 

抽出元のデーターは同じため、Windows7の時の表示
と誤差は基本的にありません。

スポンサードリンク

windowsエクスペリエンスインデックスを表示するソフト

ソフトは、こちらのサイトからダウンロードできます。
ダウンロードリンクは、最下部にあるためわかりにくい
かもしれませんが・・・

WIN SOCRE SHARE

インストール後に、表示が正確かWindows7の
パソコンでテストしてみました。

 

テストパソコン
富士通:LIFEBOOK AH550/5B
OS:Windows7

 

通常のwindowsエクスペリエンスインデックスの表示です。

AH55

こちらが、WIN SOCRE SHAREでの表示になります。

011

Windows7のwindowsエクスペリエンスインデックスと比べて、
グラフ表示なった事と、色別に表示されているのでより見やすくなっています。

 

数値を見て頂ければわかる通り、まったく誤差はありません。

 

実際に、Windows8のパソコンでの表示は下記のとおりとなります。

テストパソコン
パソコン工房:レセンサ
OS:Windows8

レセンサ

右側の、『4.2』という数字は同じなので、一見すると同じようにも見えます。

また、【プライマリディスク】の富士通製パソコンが7.7で、
パソコン工房製のパソコンが、5.9と差は、1.8しか佐が内容に見えます。

 

しかし、実際にはハードディスク専用のベンチマークソフトで測定すると下記の通り

になります。

 

富士通製LIFEBOOKパソコン

1205

パソコン工房製レセンサパソコン

レセンサ001

測定項目によっては、30倍近くの速度が出ています。
実際に使っている体感としても、富士通製パソコンの方がかなり早いです。

注意 

今回の記事は、パソコンメーカー別の優劣に関しては記載しておりません。

また、富士通製パソコンはハードディスク:HDDをSSDに換装しているため
高速に動作するようになったため、カスタマイズの影響が大きいです。

 

パソコンのスピードは、CPU・メモリ・HDD/SDDの性能がバランスが重要に

になります。

 

パソコンをカスタマイズする際は、総合的な判断が必要になります。

 

そのために、windowsエクスペリエンスインデックスは役立つと思いますし
パーツの乾燥後は、CPU・メモリ・HDD/SDDに特化したベンチマークソフトで
しっかりと測定される事をおすすめします。

 

スポンサードリンク
Microsoft Public Affiliate Program (JP) NEC Direct(NECダイレクト)
デル株式会社 パソコン工房「10万円以下で買えるノートPC」特集

関連するこちらの記事もどうぞ