前回の記事で、Windows8でのスタートメニューと

すべてのプログラムの開き方をご案内しました。

しかし、Windows7を使いなれた方にとっては、
Windows7風のスタートボタンがなくては不便と

いう方も多いと思います。

今回は、無料で使えるフリーソフトを中心にスタートボタンを

追加するソフトをご案内させて頂きます。

スポンサードリンク

Windows8.1でディスクトップ画面の優先表示設定

Windows7により近づけるために、ディスクトップ画面が

最初に表示されるように変更しましょう!

desku

一番下に表示されている透明な帯(タスクバー)で
右クリックを押すと、タスクバーのメニューが表示されます。

一番下に表示されている、『プロパティ』の所で

左クリックをおします。

※写真の青の部分

『タスクとナビゲーションのプロパティ』が開きます。

『ナビゲーション』のタブをクリックし、スタート画面の

項目の中に表示されている

『サインイン時または画面上のすべてのアプリを終了した時に、
スタート画面ではなくデスクトップに移動する『』

の項目にチェックを入れます。

写真の赤字の部分です。

これで、次回起動時からはスタートメニュー(スタートスクリーン)の

表示を省略して、デスクトップ画面が表示されるようになります。

Windows8.1でスタートメニューボタンを作るフリーソフト

StartMenu8

iobit社から提供されているフリーソフト

デスクトップを最初に表示する設定も自動で
やってくれるの非常に便利なソフトです。

st8

カズタマイズする事で、見た目をWindows7風にする事ができます。

Windowsキーは無効になってしまうので、Windows8の

スタートメニュー(スタートスクリーン)は常時されなくなります。

※注意点

ソフトのバージョンによっては、インストール時か
アンインストール時にAdvanced SystemCareという

ソフトをインストールするかどうか確認されますので

インストールしないようにしましょう。

adscf

自分は、アンイストールの時に下記の表示がでて

インストールする事を促されました。

一度インストールすると、しつこく有償ソフトの購入

促すメッセージが表示されるようになります。

Classic Shell

電机本舗さんから提供されているフリーウェア

Windows8標準の、スタートメニュー(スタートスクリーン)も

同時に使えるので、徐々にWindows8の使い方にも
なれる事が出来る点がおすすめです。

クラムシェル001

他のソフトのインストールを促される事もなく、安心して使えるソフトでした。

秀丸スタートメニュー

Windows7というより、WindowsNT風のスタートメニューです。

※WindowsNTは、WindowsXPの前のOSので主に法人向けに

提供されていたOSです。

ひでまる

Windows8のスタートボタンの脇に、『スタート』の文字が

表示され、Windows8のメニュー表示を書き換える

のではなく追加するイメージなので、Windows8に

慣れて徐々に使わなくしても良いと思います。

スポンサードリンク

フリーソフトについて

基本的にフリーソフトに関しては、後で有償のソフトを

促されたり、パソコンの動作が不安定になる可能性も

ありますので、信用出来そうなソフトをのみインストール

される事をおすすめします。

他にも、スタートボタンを追加するフリーソフトは

いくつか見つけたのですが、英語表記の上

別のソフトのインストールを促すケースが多いので

ご紹介は上記の3つのみとさせて頂きます。

StartMenu8に関しては、日本語表で別ソフトの

インストールを促すメッセージもわかりやすかったので

あえて、ご紹介させて頂きました。

上記3つのフリーソフトに関しては、私自身が実際に

パソコンにインストールして、一定期間動作確認をした

上でご紹介させて頂きました。

デザインや使いやすさでお好きなものを

選ばれるといいと思います。

スポンサードリンク
Microsoft Public Affiliate Program (JP) NEC Direct(NECダイレクト)
デル株式会社 パソコン工房「10万円以下で買えるノートPC」特集

関連するこちらの記事もどうぞ