Windows 10が、マイクロソフトから無償アップ
グレードできるとの発表があり、喜びの声が
ネットで散見されます。

しかし、個人的には疑問を感じていて・・・」

Windows 10にアップグレードし、問題なく
パソコンを使うためには、3つの条件・ハードルがあると考えています。

 

スポンサードリンク

Windows 10にアップグレードするための3つの条件

Windows 10にアップグレードするための3つ条件・ハードルは以下のとおりです。

・ハード・システム条件
・ソフト対応状況
・ドライバーの対応状況

それぞれの、条件について詳しくみていきたいと思います。

ハード・システムの対応条件を確認しよう

Windows 10にアップグレードするためのハード・
システム要件はマイクロソフトからアナウンスされて
おり、下記の通りです。

Windows 10システム要件

コンポーネント 最小要件
CPU 1GHz以上
メモリ 1GB(32ビット)または2GB(64ビット)
ハードディスクの空き領域 16GB
グラフィックスカード Microsoft DirectX 9グラフィックスデバイス(WDDMドライバー)

現在、新品で売られているパソコンであれば
問題なく上記のシステム要件は満たすはず
です。

問題は、動作するかどうかではなく
快適に使えるかではないでしょうか?

そこで、自分なりに考えてみた推奨要件も
記載しておきます。

コンポーネント 推奨要件
CPU Core i3・i5
Core 2 DEO
2GHz以上
メモリ 4GB(32ビット)または8GB(64ビット)
ハードディスクの空き領域 200GB
グラフィックスカード Microsoft DirectX 9グラフィックスデバイス(WDDMドライバー)

 

パソコンを仕事等で使う場合は、上記の
構成が理想です。

もし、プライベートでホームページの閲覧
や資料作成のみなど、用途が限定され
ているのであれば最小構成でも十分だと
思います。
(それでもメモリは最低4Gは必須です。)

現在、使っているパソコンの対応状況は
こちらで確認できます。

Windows互換センター

ソフトが使えなければパソコンはただの箱

パソコンは、何かしらの目的があって
使っている方が大半だと思います。

・ホームページの閲覧

・確定申告の資料作り

・プレゼン資料の作成

・ネット電話の利用

などなどです。

Windows10にアップグレードしても
上記のサービスが使えるかどうかが
問題になってきます。

上記で上げた用途であれば
マイクロソフトオフィスとスカイプで
出来ることです。

オフィスもスカイプもマイクロソフトから
提供されており、自社OSアップデート
に合わせてソフトも対応させてくる
はずです。

しかし、問題はそれ以外のソフト
を利用している方です。

自分の場合だと、現在Windows
パソコンを4台所有しており、

・マイクロソフトオフィス1台
・キングソフトオフィス2台
・オフィスソフトなし1台

という形で使っています。

この場合、マイクロソフト以外のオフィス
に関しては、アップグレードは慎重に
考えるべきです。

また、デジカメ付属の画像編集ソフト
やナビソフトの更新ソフトなど様々
なソフトを使っています。

ソフト側のアップデートなどでWindows 10
に対応してもらえないと使えない
可能性もあります。

スポンサードリンク

各メーカーの対応次第?ドライバーの対応はどうなる?

パソコンは様々な機器がドライバと
呼ばれるソフトで制御されています。

このドライバの対応状況も気になる
所です。

例えば、ドライバが対応していないと・・・・

・音がでない
・マウス・キーボードによる入力ができない
・プリンタが動かない

などの症状が考えられます。

もちろん、それぞれのパソコンメーカー
機器メーカーがWindows 10に
対応したドライバを提供してくれれ
ば良いワケですが・・・・

パソコンメーカーや機器メーカーにとっても
OSの入れ替え時期は、売上げ増が
見込める時期でもあります。

そこでドライバを提供してしまうと、
買い替えをせずに、引き続き使い続ける
選択肢をとられるのは避けたい所だと
思います。

2~3年前に発売された機器に関しては
ドライバの対応をする可能性はあると
思いますが、5年以上前に購入した機器
は十分確認した上でアップグレードした
方が良いと思います。

もちろん、これはパソコン本体も含んでいます。

メーカーのホームページなどでしかっかりと
ドライバのアップデート状況を確認する事を
おすすめします。

Windows10にアップグレード条件を解決する3つの方法

○ハード・システム条件の確認

・現在のパソコンのスペックを確認する
Windows互換センターで互換状況を確認する

○ソフトの対応状況を確認する

・各ソフトメーカーのサイトで確認

○ドライバーの対応状況を確認する

・各機器メーカーのサイトで確認する

Windows10にアップグレードする前に
最低限上記の3つの条件を満たしている
かを確認しておきましょう!

 

スポンサードリンク