旅行代理店大手の
JTBが不正アクセスを受け
個人情報が最大で
793万人分流失した
恐れがあると発表がありました。

今回の個人情報流失が
過去に前例がないのは
パスポートの情報も漏れている点です!

しかも、
不正アクセスがによって
個人情報が流失したのは
JTBの顧客情報だけでは
なかったのです(笑)。

今回は、
JTBの個人情報流失に関して
詳細をまとめておきます。

スポンサードリンク

JTBだけじゃない!個人情報流失したのは合計4社

今回のJTBの個人情報流失の問題では、
JTBに注目が集まっていますが・・・

提携している企業3社の
個人情報も合わせて流失しています。

その4者は下記の通りです。

  1. NTTドコモ
  2. Yahoo!Japan
  3. DeNAトラベル
  4. auトラベル

それぞれ下記の通り、
個人情報流失に関する
お詫びがサイト上に掲載されています。

NTTドコモ
提携先のJTB社のグループ会社サーバーへの不正アクセスに伴う「dトラベル」の個人情報流出の可能性について

Yahoo!Japan
JTBの「個人情報流出の可能性」に関する発表について

DeNAトラベル
株式会社i.JTBへの不正アクセスによる個人情報流出の可能性に関するお知らせ

auトラベル※DNAトラベルの提携サービス
株式会社i.JTBへの不正アクセスによる個人情報流出の可能性に関するお知らせ

JTBを利用していないと言っても
油断はできません!

上記3社を利用されている方は、
JTBの問い合わせ窓口に
至急問い合わせする事を
おすすめします!

自分も実際に問い合わせてみました!

JTBの個人情報流失に被害状況は?

JTBだけでなく、
提携会社3社の分を含めると
情報流失した個人情報は
793万人以上になる可能性があります。

JTBが運営する下記のサイト

・るるぶトラベル
・JAPANiCAN

からの情報漏洩分も含めて
793万人分との事です。

先ほどの、
提携会社3者の案内文から
どの程度の被害が予想されるのか
下記の通りまとめました。

  • JTB:793万件
  • NTTドコモ:33万件
  • Yahoo!Japan :非公開
  • DeNAトラベル:6,562件
  • auトラベル:4,462件

個人情報が流失した期間は、
下記の通りです。

    • JTB:2007年9月28日 ~ 2016年3月21日
    • NTTドコモ:2014年2月27日 ~ 2016年3月21日
    • Yahoo!Japan :非公開
    • DeNAトラベル:非公開
    • auトラベル:非公開

3社が非公開なのは気になります・・・

スポンサードリンク

JTBの個人情報流失の内容は?

今回のJTBからの
個人情報が流失した内容は
下記の通りです。

  • 氏名(漢字、カタカナ、ローマ字)
  • 性別
  • 生年月日
  • メールアドレス
  • 住所
  • 郵便番号
  • 電話番号
  • パスポート番号
  • パスポート取得日

過去の個人情報流失事件と比べて
最大の違いは・・

パスポートに関する情報

が流失している点です。

一部ではパスポートの番号が
流失しただけでは
悪用の危険性はないと
いわれています。

しかし、
情報を悪用する人たちは、
まったく予想外の方法で
情報を悪用します。

JTBや関連会社を利用されている方は、
今回のJTBの個人情報流失事件で
被害に合われた方は
十分注意する必要があります。

スポンサードリンク
Microsoft Public Affiliate Program (JP) NEC Direct(NECダイレクト)
デル株式会社 パソコン工房「10万円以下で買えるノートPC」特集

関連するこちらの記事もどうぞ