現在、タブレットはiPad第三世代を使っているのですが、

入力に関しては、やはりキーボートがあった方が便利です。

今回は、自分が買ったBluetoothキーボードの

経験を元に

おすすめを紹介しておきます。

スポンサードリンク

iPad用Bluetoothの2つのキーボードタイプ!

iPadのキーボードは、カバー兼用Bluetoothタイプの

キーボードと汎用型Bluetoothがあります。

○iPadカバー兼用Bluetoothキーボード

Logicool Ultrathin Keyboard Cover

iPadのカバーとしての役割もあり、1台二役をこなしてくれます!

ただ、キーピッチ(キーボードとキーボードの距離)

が通常のパソコンのキーより狭く設計されています。

ちなみに、キーピッチは17mmです。

スポンサードリンク

手の小さ目な情勢は、気にならないかもしれませんが・・・

手が大きめの方にとっては、使いにくいかもしれません。

自分は、手が大きめな事もあり、入力して窮屈な感じ

もあり、段々使わなくなってしまいました(涙)

○汎用型Bluetooth接続

Apple Wireless Keyboard

こちらは、本来MacBookやiMac用のキーボードです。

一般的に使われているキーボードと同じキーピッチが

19mmあります。

普段、パソコンでの入力が多い方であれば違和感なく

使えると思います。

ただ、旅行先や出先での利用に関してはキーボードが

むき出しの状態なので、持ち運びしにくい点が挙げられます。

キータッチに関しては、個人差がありますし、

許容範囲も人により、変わって来ます。

Appleワイヤレスキーボドは、Apple製品を

扱っている店舗で実際に、触る事ができます。

カバー兼用のキーボードに関しては、パソコンショップに

在庫があるケースが多いのですが、パッケージされていて

デモ用のキーボードを出している所はあまりないようです。

ただ、パッケージの写真でもキーピッチは確認で

きますので、良く確認した上で検討するのが

おすすめです。

スポンサードリンク