外出先でメインに利用している、
富士通Windows7パソコン

LIFEBOOK S560/B

パソコンの出張サポートをしている都合で、
Windows 10にもなれておかないといけないため、
アップグレードを予定しています。

しかし、Windows10でバグやトラブルがあった時に、
いつでも戻せるように、SSDに換装した後に
Window10にアップグレードする予定です!

もちろん、SSDに換装する事で、
パソコンのスピードアップさせる事も、
目的の一つです。

他のWindows7パソコンも、
後々はSSDに換装していく予定なので、
自分自身の備忘録として・・・

SSDに換装ガイドとして、
Windows7のフォーマット方法

を記事にまとめておきます

 

スポンサードリンク

SSDをフォーマットするための2つの基礎知識

SSDの場合は、
外付けHDDやUSBメモリと違い、

『フォーマット』

という作業が必要になります。

フォーマットしないと、
SSDがドライブとして認識されません。

フォーマットの前に、
SSDが外付けドライブとして、
接続されているかも、
しっかり確認しておきましょう!

詳しくは、こちらの記事にまとめてあります。

05

Windows 7のスタートボタンから、

『コンピューター』

を右クリックし

『管理』

を選択します。

006

フォーマットされていないSSDを接続した場合は、
上記の画面が表示されます。

MBRを選択すればOKです!

ちなみに、その理由は・・・

MBRとGPTの違いは?

MBRもGPTも、
HDDやSSDの配列を、
定義するための規格です。

MBRの場合は、
以前からある規格で、
容量が2TBまでのディスクを管理できます。

SSD・HDDが大容量化にともない、
新しい規格として、

GPT

が登場しました。

GPTの場合は、
2TB以上のHDD・SSDを起動ドライブとして利用できますが・・・

BIOSの新しい規格である、
EFIが

ないとGPTは使えません。

現在、EFIを採用しているマザーボードメーカーや、
パソコンメーカーは一部です。

基本的には、
BIOSでパソコンが動作しているはずなので、
MBRを選択しないと起動ドライブ
として使えません!

シンプルボリュームを選択する理由?

MBRとGPTの選択が終われば、次は
フォーマット作業に入ります。

07

『記憶域』

の中の、

『ディスクの管理』

を選択します。

008

フォーマットするディスクの所で、
右クリックすると下記の3つが表示されます。

  • 新しいシンプルボリューム
  • 新しいスパンボリューム
  • 新しいストライプボリューム

 

スパンボリュームとストライプボリュームは、
2台以上のHDD・SSDを利用して構成
するシステム環境です。

今回の用にノートパソコンの場合は
ドライブが1つしか搭載できないので
シンプルボリュームでOKでです。

スポンサードリンク

参考記事

第11回 Windowsのディスク管理をマスターする(前) (4/5)

 

009

『新しいシンプルボリューム・・・』

を選択すると、
上記のようなウィザード開始の画面が開きます。

『次へ』

をクリックします。

010

■ボリュームサイズの指定

これは、SSDの容量の指定です。
基本的に、最大ディスク領域をしてすればOKです。

011

■ドライブパスの指定

起動ディスクは通常、
Cドライブになっているはずです。

そのため、
次のアルファベットのDが表示されているはずです。

特にこだわりがなければ、
このままDで大丈夫です。

012

■フォーマット形式の指定

Windowsのファイル形式は、
NTFS
なので、
デフォルトで表示されている項目のまま

『次へ』

をクリックします。

013

『新しいシンプルボリュームウィーザード完了』

の表示が出れば、
SSDのフォーマットは完了です。

スポンサードリンク