キンドルペーパーホワイトのニューモデルが
発売されたので早速購入してみました!

IMG_4435

購入に至った動機は、仕事の資料のPDFなどを
寝る前に確認したりする時に便利かも?
と思ったからです。

現在、iPad(第三世代)とNexus7(2013)を
所持していますが、通常のタブレットだと寝る前に
見るとディスプレイの明るさで寝付きが悪くなるのを
感じていました。

なので、現在所持しているタブレットで夜にPDFの
資料を見る事は少なくなりました。

しかし、キンドルペーパーホワイトを購入してみたら
キンドルでしか出来な読書体験の魅力に取りつ
かれてしまったので記事にまとめる事にしました。

今回は、キンドルペーパーホワイトのレビュー
というよりは、キンドル本の特徴になります。

スポンサードリンク

1、ハイライト共有機能

実は、通常の書籍を購入した時に
自分で、重要だと思っった所に付箋を貼っていました。
マーカーでわかりやすくされている方もいると思います。

そういった重要だと思う部分は、ハイライトとして
他のキンドルユーザーと共有できるのです。

IMG_4434

写真の様に、何人がハイライト(マーカー)をつけて
いるか表示されます。

紙の本の時は、自分が付箋を貼った後に
友人に本を貸して、友人が重要だと思った
所に付箋を貼ってもらい共有していました。

こうする事で、自分だけでなく友人の視点も
取り入れられて、学びが深まるのでおすすめです。

しかしながら、紙の書籍の場合だと相手に渡し
また、受け取る手間が出てしまいます。

その点、キンドルは本を開いた瞬間から
ハイライトとして表示されるのが便利です。

スポンサードリンク

出来れば、特定のユーザーとマーカーを
色分けして表示できる機能があれば
面白いと思っています。

紙の書籍の場合は、1冊で読み回しできますが
キンドルの場合は、それぞれで購入しないと
いけないとので、アマゾンとしても売上があがるはずです。
(その際は、ペア割引などを導入して欲しいですが・・・)

一応、家族と共有する方法はこちらのサイトに記載されていました。

Kindleストアの電子書籍を家族で貸し借りする方法

※ハイライト共有機能

2、文字のフォント変更と大きさ変更が出来る!

キンドルでは、文字の大きさが自由に変更できます。

 

文字を最大表示にした場合

IMG_4437

 

文字を最小表示にした場合

IMG_4437

 

また、文字の大きさだけでなく、フォントや
行間・余白まで変更する事ができます。

 

本の書籍の場合は、後から文字の大きさや
フォントを変更する事はできません。

この機能を知った時に、Kindleは紙の
書籍にはない便利さがあるんだと感動しました。

 

3、Kindleストアは無料本が充実している

Kindleストアでは、青空文庫をはじめ
無料の書籍も提供されています。

いちばんショッキングだったのが・・・
学問のすすめが無料配信されていた事です。
実は、3年程前に普通にアマゾンで購入していました。

Kindle

単行本だと1,000円、文庫本でも700円と
Kindleアプリがない場合は有料になります。

他にも、紙の書籍だと有料になるのに
Kindle本だと無料になる書籍があります。。

Kindle001

NHKの大河ドラマでも取り上げられた黒田官兵衛の本

Kindle002

般若心経講義もあります。

 

キンドル端末を持ってなくても、アプリを使えば
iPadなどのiOS端末やAndroid端末でも利用できます。

しかしながら、キンドル本の魅力に気付けたのは
キンドルペーバーホワイトを購入してからでした!!

スポンサードリンク