auひかりを新規で導入される方で、無線接続に

関しての質問をよく頂きます。

今回は、auひかりを導入後に無線接続での速度改善に

関して記事をまとめておきます。

スポンサードリンク

速度測定ツールと検証環境のご紹介

auひかりでは、回線速度を調査するためのツールを

提供してくれています。

今回は、そのツールを使って速度回線の手順をしていきましょう。

au SPEED CHECK

検証に使ったパソコンと無線ルーターはこちら

○パソコン

富士通:LIFEBOOK S560/B
CPU:Core i5 M560 2.67GHz
メモリ:4G(購入時から増設)
内蔵無線LAN:なし
外付け無線LAN子機:BUFFALO WLI-UC-GNM(11n対応)

※検証しながら速度改善をする場合は、持ち運びしやすい

ノートパソコンがおすすめです。

○無線ルーター

WZR-1750DHP2/E

HGWの動作を確認してみよう!

まず、最初に速度確認をするのはHGW(ホームゲートウェイ)です。

auひかりの場合は、BL900HWというNEC製の機種がレンタルされて

いるはずです。

IMG_3841

LANケーブルで直接パソコンに接続して速度を調査してみましょう。

実際の速度がこちらです。

imayusen

この数値が、100Mbps以下だとHGW自体に正常に動作して

いない可能性があります、KDDIに測定結果を伝えれば

交換等の対応をしてくれます。

ケーブルを確認してみよう!

上記の症状があった場合でも、HGWが正常な場合は

LANケーブルの規格が古い可能性が考えられます。

ご存じない方も多いのですが、LANケーブルには種類が

あり規格毎に上限のスピートが決まっています。

CAT5:カテゴリー5⇒通信速度:100Mbps

CAT5e:カテゴリー5e⇒通信速度:1000Mbps

CAT6:カテゴリー6⇒通信速度:1000Mbps

どの規格のLANケーブルかは、ケーブルに印字されているので

すぐに確認できます。

LANケーブルも以前購入したもので、カテゴリー5の規格

だった場合、上限自体が100Mbpsなので

それ以上のスピードで通信する事はできません。

スポンサードリンク

無線LAN中継器を活用しよう!

1階にHGWがあり、2階でパソコンを利用する場合

自宅の間取りなどにもよりますが、ある程度距離が

ある環境の場合は、そこで通信スピードが遅くなっている

可能性があります。

そんな時に役立つのが、無線LANの中継機です。

無線LAN中継機 とは、親機の無線ルーターと通信

する点は、パソコンに内蔵されている無線LAN子機と

同じ役割ですが・・・・

独立した機器で、有線LANポートもありますので

無線LAN子機が内蔵されていなディスクトップ

パソコンでもインターネット環境を作りやすいという

メリットもあります。

実際に、自分の環境での測定結果がこちら

heyamusen003

中継器を経由した場合の数値がこちら

heyamusen

無線LANの中継機があるかないかで、通信速度にかなり違いがあります。

数値だけでは、わかりにくいと思うのですが・・・

無線LAN中継機を入れる前は、動画も途切れ途切れになるレベルでしたが

無線LAN中継機を入れてからは、スムーズに動画が視聴出来るようになりました。

スポンサードリンク