世界最軽量パソコンとして人気を得た富士通のLIFEBOOK UHシリーズシリーズ!
2018年11月12日にさらに軽量化された最新モデルが販売されました!

それが富士通の

LIFEBOOK UH-X/C3

です。
※13.3型ワイド液晶搭載ノートPCとして世界最軽量。2018年10月1日現在、富士通調べ。

今回はLIFEBOOK UH-X/C3の実機に触れる機会がありましたので、パソコンと軽さだけでなく最軽量以外の3つの魅力についても触れていきます!

詳細はこちら

LIFEBOOK WU2/C3

LIFEBOOK UH-X/C3をカスタマイズ出来るようにした、富士通WEBMARTのカスタムメイドモデルの型番
↑詳しくはこの記事の公判でご紹介します。
※メーカー保証が3年に延長されるカスタマイズモデルだと登載と限定のクーポンが使えるため、こちらをご紹介しています。

GRM117LSJ

を利用するとWEB価格より23%引きになります。
※一般の割引率は18%

すでにLIFEBOOK UHシリーズの購入を決めている方は、上記のシークレットクーポンを利用してお得に購入して頂ければ!
検討中の方は今回の記事を参考にして頂ければ!

LIFEBOOK UH-X/C3のレビュー

LIFEBOOK UH-X/C3の外観と性能からご紹介します。
今回ご紹介するLIFEBOOK UH-X/C3のスペックは下記の通りです。

  • CPU:Core i7-8565U プロセッサー
  • メモリ:8GB
  • ストレージ:約256GB SSD
  • ディスプレイ:LEDバックライト付高輝度・高色純度・広視野角TFTカラーLCD(ノングレア液晶)

LIFEBOOK UH-X/C3の外観

LIFEBOOK UH-X/C3のレビュー画像 LIFEBOOK UH-X/C3のレビュー画像
LIFEBOOK UH-X/C3のレビュー画像 LIFEBOOK UH-X/C3のレビュー画像
LIFEBOOK UH-X/C3のレビュー画像 LIFEBOOK UH-X/C3のレビュー画像
LIFEBOOK UH-X/C3のレビュー画像 LIFEBOOK UH-X/C3のレビュー画像

外観はマット塗装で高級感があります!
マット塗装なので指紋なども目立ちにくく見た目もきれいです。

LIFEBOOK UH-X/C3のインターフェイス

LIFEBOOK UH-X/C3は薄型軽量が大きな魅力ですが、インターフェイスが充実している点も特徴です!

LIFEBOOK UH-X/C3のレビュー画像

LIFEBOOK UH-X/C3のレビュー画像

LIFEBOOK UH-X/C3の魅力が、最軽量だけではなくインターフェイス類も充実しているのが良くわかります。

パソコン(ウルトラブック)の中には最軽量をPRに力を入れすぎるあまり、インターフェイスが少なかったり限定されていて使い勝手が悪いケースがあります。

しかし、LIFEBOOK UHシリーズでは左右にバランス良くインターフェイスの配置がされており、使い勝手も優れている点も魅力です。
このインターフェイスのバランスと使いやすい配置は、LIFEBOOKシリーズ全体の特徴と言えるかもしれません!

LIFEBOOK UH-X/C3のベンチマーク結果

LIFEBOOK UH-X/C3をベンチマークソフトを使って、テストしてみました!

起動時間

最新のCPUとSSDの組み合わせで起動時間も早くスムーズに動作します。

CPUベンチマークテスト

LIFEBOOK UH-X/C3のレビュー画像

モバイルノートパソコンでありながら、動画編集もスムーズにできる数値です!

ストレージのベンチマークテスト

LIFEBOOK UH-X/C3のレビュー画像

SSDなので起動時間も早く、動画編集ソフトなどの動画が重いソフトもスムーズに動作する性能があります!

LIFEBOOK UH-X/C3の最軽量以外の5つの魅力!

世界最軽量に注目が行きがちなLIFEBOOK UH-X/C3

1:指紋・汚れが付きにくいマット塗装が進化!

LIFEBOOK UH-X/C3のレビュー画像

LIFEBOOK UH-X/C3の天板
マット塗装が指紋や汚れを目立ちにくくしています

LIFEBOOK UH-X/C3のレビュー画像

LIFEBOOK WU2/Sの天板
光沢塗装+ライン加工されている事もあり指紋が目立ちやすい

LIFEBOOK UH-X/C3に限らず、富士通製パソコンは全モデルが指紋や汚れが着きにくい塗装がされている点に魅力を感じています。

特にノートパソコンについては、持ち運び都合上パソコン本体に触る機会が多いため、指紋や汚れが付きにくい点は重要だと思っています。

LIFEBOOK UH-X/C3と他社製パソコンを同じ時間使用した後に撮影したのがこちら

LIFEBOOK UH-X/C3のレビュー画像

LIFEBOOK UH-X/C3

LIFEBOOK UH-X/C3のレビュー画像

他社製ノートパソコン

両方ともボディカラーが黒なので指紋や汚れは目立ちにくいのですが、それでも他社製ノートパソコンは指紋や触った後が目立っているのがわかるかと思います。

LIFEBOOK UH-X/C3の方は長時間使用しても指紋や汚れは全然ついていませんでした!
もし指紋がついていてもウェットティッシュ等で拭けば落ちるレベルです。

他社製パソコンの場合は、指紋や触った後が残りウェットティッシュでは落ちませんでした(涙)

今でも自宅で使うメインノートパソコンと、持ち運んで使うモバイルノートパソコンの両方を富士通製パソコンを愛用しています。

愛用し続ける理由として、本体の塗装や本体(筐体)自体の質感の高さが大きな理由になっています!

パソコンの出張サポートで様々なパソコンメーカーのパソコンに触れる機会がありますが、塗装や本体の質感では、富士通・NECの2大メーカーは他メーカーより1歩抜きん出ていると感じています!

2:充実したインターフェイスにも注目!

LIFEBOOK UH-X/C3のレビュー画像

LIFEBOOK UH-X/C3の魅力は世界最軽量だけではなく、

充実したインターフェイスによる使い勝手の良さ!

も大きな魅力です!

デザイン性・軽量・コンパクトさPRしているパソコンの中には、USB Type-Cが3つだけのパソコンなど使い勝手が犠牲になっているモデルもあります。

特に便利なのが有線LANポートを登載している点です!

LIFEBOOK UH-X/C3のレビュー画像

LIFEBOOK UH-X/C3は、世界最軽量と使い勝手が両立されている点が他メーカーのモバイルノート・ウルトラブックと大きく違う点です!

3:同梱ソフトの充実さも魅力

LIFEBOOK UH-X/C3のレビュー画像

LIFEBOOK UH-X/C3には、動画編集ソフトや写真編集ソフトなど様々なソフトが同梱されている点も魅力です。

同梱されている動画編集ソフト実際に自分が作った動画がこちら

この動画もソフトの指示に従いソフトの指示に従って、3ステップの手順でできました!
実際の操作画面がこちら

簡単な操作で写真を読み込んで動画にしてくれるので、複雑な操作を覚える必要はありません!
もちろん、操作方法を覚えれば思い通りに動画が作れるのでより活用の幅が広がります。

4:キーボードの打ちやすさ

LIFEBOOK UH-X/C3のレビュー画像

LIFEBOOK UH-X/C3は世界最軽量ながら、

キーの打ちやすさ

が犠牲になっていない点も大きな魅力の1つです。

その打ちやすさの秘密が、

  • 2段階押下圧
  • 球面シリンドリカルキートップ
  • V字ギアリング

の3つです。

LIFEBOOK UH-X/C3のレビュー画像

LIFEBOOK UH-X/C3だけでなく、LIFEBOOKシリーズの多くのモデルで採用されているため共通した魅力と言えます!

5:バッテリー駆動時時間と急速充電対応

LIFEBOOK UHシリーズの魅力は、軽量・コンパクトだけでなくバッテリーの駆動時間が長い点です。
また、急速充にも対応しているので充電するのを忘れた時も安心です。

動画を連続再生する形でテストしてみました!
どうせテストするなら、シビアな条件で確認しないと意味がないですからね(笑)

約3時間30分ほど持ちました!
文字入力や資料作成程度であれば6時間前後は使えるかもしれません。

25Whバッテリーでのテスト結果なのでバッテリーでの駆動時間を重視される場合は、
軽量モデルを選択し50Whバッテリーを選択されれば、バッテリーでの駆動時間も長くなります。
※パソコン本体の重さは約915gになるため、少し重くなります。

コンパクトなACアダプターが同梱されているので、外出先で充電できる環境があれば形態しても良いかもしれません。

ついでに30分で50%まで急速充電が可能なのか、合わせてテストしてみました!

30分で約58%まで充電されています!

LIFEBOOK UH-X/C3の2つのモデルについて

LIFEBOOK UH-X/C3には2つのモデルが存在します!

  • LIFEBOOK UH-X/C3:カタログモデル(家電量販店で販売)
  • LIFEBOOK WU2/C3 :カスタムメイド(富士通WEBMARTで販売)

の2つになります。

カタログモデルとカスタムメイドモデルの違いと、おすすめのモデルについてもご紹介していきます。
LIFEBOOK UH-X/C3は家電量販店で約26万円前後で販売されているため、予算重視で購入した方は富士通WEBMARTのカスタムメイドモデルが一層おすすめです!

富士通パソコンを選ぶ理由とカスタムメイドモデルをおすすめする3つの理由

富士通パソコンは他メーカーにはない魅力があります。
それはセキュリティ対策ソフト3年分が無料でついてくる点です。
これは家電量販店で購入した場合でも同様の特典がついてきます。

富士通WEBMARTのカスタムメイドモデルなら、さらにお得な理由が3つあります。

それが、

  1. メーカー保証が3年間
  2. 自由にカスタマイズできる
  3. 当サイト限定のシークレットクーポンで割引率アップ

の3つです。

それぞれ詳しく説明していきます。

富士通パソコンはセキュリティ対策ソフト3年分付き

mcafee

パソコンの出張サポートをしているとセキュリティ対策ソフトを設定していなかったり、
お試し版(3カ月)の有効期限が切れてウィルスに感染された方からの出張依頼を頂く事があります。

パソコンは個人情報が入っている上に、プライベートな写真を保存する場合もあると思います。
ウィルスに感染してからパソコンの出張サポートを依頼すると、余計な時間やお金がかかってしまいます。
そのため、セキュリティ対策はしっかりしておく事が重要です。

富士通パソコンならセキュリティ対策ソフトのマカフィーリブセーフ

3年間

使えます。

他パソコンメーカーの場合だと、セキュリティ対策ソフトが使えるのは基本的に1~3ヶ月間のみです。
※パソコンメーカーにより変わります。

さらにマカフィーリブセーフなら、

台数無制限

で設定できます。

所有している他のパソコンやタブレットもセキュリティ対策を一緒にできるのが魅力です。
※富士通パソコンのセットアップ完了後から2台目以降のパソコン・タブレットに設定できます。
※家電量販店で販売されているカタログモデルにも付属します。

富士通WEBMARTのカスタムメイドモデルを購入すべき3つの理由がこちらです。

富士通WEBMARTのカスタムメイドモデルを選ぶ3つの理由

カスタムメイドモデルを選ぶべき3つの理由は下記の通りです。

1:メーカー保証が最初から3年間!5年への延長も可能

富士通WEBMARTのカスタムメイドモデルであれば、

メーカー保証が3年間

付属してきます。

また、追加料金を払う事でメーカー保証を5年間まで延長できます。
延長保証については、家電量販店でもパソコンを購入した際につける事ができますが・・・

実は家電量販店の保証は、メーカー保証と同等ではないんです。

  • 1度保証を使ったら終わり
  • 1年毎に保証される金額が下がっていく

などです。

そのため家電量販店でパソコンを購入する際は、しっかり延長保証の内容をチェックする必要があります。
その点、富士通WEBMARTのカスタムメイドモデルであれば、メーカー保証の内容で3年間保証されるので安心です。

2:自由にカスタマイズ可能

富士通WEBMARTのカスタムメイドモデル、用途や希望にあわせてカスタマイズできるのが魅力です。
※カスタマイズできる内容はモデルによって変わります。

  • メモリを用途に合わせて変更
  • 大容量バッテリー+増設バッテリーを積んで1日使えるパソコン!
  • 写真編集をするので液晶ディスプレイの綺麗さにこだわりたい!
  • パソコンは快適に使いたいのでストレージはSSDにしたい!

などです。

ストレージ(HDDやSSD)を換装したり、メモリは後から増設をする事も可能ですが・・・
メーカー保証の対象外になってしまいます。

安心して使うためにもメーカー保証をしっかり受けられるように、最初から必要な構成で注文するのがおすすめです。

3:シークレットクーポンで割引率アップ

当サイト向けにシークレットクーポンを発行して頂きました。
クーポン自体は、富士通WEBMARTの公式サイトでも配布されているのですが・・・

当サイトのシークレットクーポンは、
富士通WEBMARTのクーポンコードを使う事でさらに割引率がUPします!

最後に富士通WEBMARTで購入するデメリットもお伝えしておきます。

カスタムメイドモデルを選ぶデメリットは?

メリットばかりに感じる富士通WEBMARTのカスタムメイドモデルですが、1つだけデメリットがあります。

そのデメリットとは・・・納期に2日~5日前後かかるという事です。
※在庫状況によりさらに長くなる場合もあります。

カスタマイズするパーツによっては、さらに納期に時間がかかる場合があります。
※家電量販店でも在庫していない場合は取り寄せに時間がかかる場合があります。
そのためカスタムメイドモデルだけのデメリットではありませんが・・・
家電量販店であれば在庫しているパソコンを選べば即購入できるのがメリットです。

カスタムメイドモデルを購入する際は、パソコンが必要になる時期の

2週間前には注文するのがおすすめです※納期は時期により変動します。

※富士通WEBMARTの場合は、注文画面で納期の目安が表示されています。
家電量販店の場合は、店頭への入荷状況が異なりますので問い合わせて頂く形になります。

LIFEBOOK WU2/C3のおすすめ構成

LIFEBOOK WU2/C3を購入するにあたり、おすすめの構成を3パターンご紹介します。
用途によっておすすめは変わりますが、下記の3パターンにわけてみました。

  • 価格重視
  • コストパフォーマンス重視
  • 性能重視

用途にあわせて選択して頂ければ!

価格重視のおすすめ構成

※価格を重視する場合は50g重くなりますが、「軽量モデル」がおすすめです。

こちらは価格を優先した構成ですが、メールチェックやネット閲覧であれば十分すぎる性能です。

CPU:Intel Core i3
ExcelやWordでの資料作成やネット閲覧がメインであればCore i3で十分です。

メモリ:4GB
ネット閲覧やメールチェック程度あれば十分です。
ただ、状況によってはワンテンポ遅くなる事も・・・

ストレージ:SSD128GB
動画などのデータを保存しないのであれば十分ですが・・・出来れば256GBは欲しい所です。
もちろん、128GBであってもSSDなのでストレスなく動作します。

当サイトのシークレットクーポン

GRM117LSJ

を利用するとWEB価格より23%引きになります。
※一般の割引率は18%

割引後の価格は114,594円です。

購入はこちらから

LIFEBOOK WU2/C3

コストパフォーマンス重視のおすすめ構成

こちらは通常利用でもストレスなくパソコンを使いたい方向けのおすすめ構成です。

CPU:Intel Core i5
ネットの閲覧や動画視聴はもちろんですが動画編集や写真の加工などどんな作業もストレスなく行なう事ができます。

メモリ:8GB
メモリが8GBあれば、ほとんどの操作でもたつく事はありません。

ストレージ:SSD256GB
レポートの作成やOffice系のソフトを使うだけでしたらストレージ容量は256GBで十分です。
※スマホ(iPhoneなど)のバックアップや音楽・動画を保存したい場合は512GBがおすすめです。

当サイトのシークレットクーポン

GRM117LSJ

を利用するとWEB価格より23%引きになります。
※一般の割引率は18%

割引後の価格は165,445円です。

購入はこちらから

LIFEBOOK WU2/C3

性能重視のおすすめ構成

こちらは、動画編集や画像加工など写真や動画をストレスなく楽しみたい方向けの構成です。

CPU:Intel Core i7
ネットの閲覧や動画視聴はもちろんですが、
動画編集や写真の加工など様々な作業もストレスなく行なう事ができます。

メモリ:16GB
メモリを上限まで搭載する事で動画編集をはじめどんな作業をしてももたつく事もなく快適に使えます。

ストレージ:SSD 1TB
ストレージは1TBを選択する事で動画・写真など余裕をもって保存できます。
iPhone・スマホの写真&音楽保存をする際もストレージ容量が多い方が安心です。
※前モデルは上限が512GBまでだったので、モデルチェンジしてストレージに余裕ができました!

バッテリー:50Wh
高性能になるとバッテリーの消費が大きくなる場合があります、
バッテリーは50Whを選択するのがおすすめです。

当サイトのシークレットクーポン

GRM117LSJ

を利用するとWEB価格より23%引きになります。
※一般の割引率は18%

割引後の価格は232,589円です。

購入はこちらから

LIFEBOOK WU2/C3

LIFEBOOK WU2/C3にふれた感想

LIFEBOOK WU2/C2は、富士通の企業姿勢を象徴するパソコンだと思います。

今までパソコンのトレンド(流行・流れ)は様々ありました。

  • ボード型デスクトップパソコン(FHシリーズ)
  • ジャケット(天板)が変更できるパソコン
  • テレビ接続型パソコン(TEOシリーズ)

この中で今でも継続されているものもあれば、生産が終了になったモデルもあります。
このパソコン業界のトレンドを取り入れるのが、最も遅い傾向にあるのが富士通という印象があります。

特にここ最近のトレンドになっている、ウルトラブック(軽量・コンパクトなパソコン)については中々販売されませんでした。
※LIFEBOOK SHシリーズも軽量・コンパクトですが、ウルトラブックとは設計思想が違うので含めていません。(←あくまで自分の主観です(笑))

良い意味では新しいトレンドを早急に取り入れる事無く、じっくりとパソコンの設計・開発がされていると言えます。
悪い意味では富士通ユーザー&ファンが待ち望んでいる
トレンドを取り入れたパソコンの提供が遅れ、
販売チャンスの逃しているとも言えます。

自分も以前からウルトラブックには注目しており、

  • 東芝:dynabook kIRAシリーズ
  • NEC:LAVIE Hybrid ZEROシリーズ
  • Dell:XPSシリーズ

の購入を検討した時期があります。

パソコンを7台所有しているので購入を急がず、じっくり検討している中で富士通より今回のLIFEBOOK UH(WU)シリーズが販売されました。

そして、実際に触れて感じた魅力は、

  • インターフェイスの充実
  • 軽量・コンパクトさ

を両立している点です。

国内パソコンメーカーで最も遅く発売されたウルトラブックという意味では、LIFEBOOK WU2/C2は満足度の高い選択になると思います。