私の愛用している富士通のLIFEBOOK AHシリーズの最新モデル!

LIFEBOOK AH77/B1

が発売されました。

家電量販店での販売経験やパソコンの出張サポートをしてきた経験を元に、このパソコンの魅力を記事にまとめてみました!

パソコンの紹介だけでなく家電量販店の裏事情やパソコン選びのポイントをわかりやすく解説して記事にしましたので、パソコンの購入予定がない方にも参考になるかと思います!

IMG_2542

LIFEBOOK AH77/B1に限らず、メーカー製のパソコンには2種類あります。

  • プロバーモデル(カタログ掲載モデル)
  • カスタムメイドモデル(オリジナルモデル)

家電量販店のカスタムメイドモデルの場合は、LIFEBOOK AH77/B1であれば

  • LIFEBOOK AH77/B1 FMVA77B1BKS
  • LIFEBOOK AH77/B1 FMVA77B1BG

などの形で一番後ろに、家電量販店の頭文字などが追記されてカスタムメイドモデルが販売されています。

  • メモリをアップして付加価値を付ける
  • CPUを変更して価格を下げる

などスペックを変更して販売されています。
※パソコンが安いと思って購入しても性能が落とされたカスタムメイドモデルを買っている可能性があるワケです!

そんな中で、

LIFEBOOK AH77/B1Yのお得なカスタムメイドモデル

があります。

富士通WEB MARTで販売されている

LIFEBOOK WA3/B1

です。

プロバーモデル(カタログ掲載モデル)と比較して、メーカー保証を3年間に延長した上で、セキュリティー対策ソフトが3年分使えるなど様々な特典があります。

また、当サイト限定のシークレットクーポンを使う事で、最大で6万円以上の割引を受ける事もできます。
※構成内容によって割引価格は変わります。
※12月14日よりシークレットクーポンの割引額がUPしました!以前よりさらにお安く購入できます!

もし、すでにLIFEBOOK WA3/B1の購入を決めているのであれば、読み飛ばして最後にシークレットクーポンを記載しておりますのでご活用下さい。

 

富士通 LIFEBOOK WA3/B1の3つの魅力!

私がメインで使っているパソコンは、富士通:LIFEBOOK AH550で2010年12月頃に購入したパソコンです。

IMG_5698
↑今使っているLIFEBOOK AH550

購入してから6年以上経過しているのに、故障一つなく動いてくれています。
この故障の少なさも富士通製パソコンを愛用している理由です。
↑パソコン販売の仕事をしていた時は修理対応もしており、
富士通製パソコンの故障・不具合率の少なさは常に実感していたのも愛用している理由です。

6年経ってLIFEBOOK AHシリーズが、どれだけ進化したかを比較しながら見ていきたいと思います。

1:Core i7&SSDの組み合わせで実現した高速動作!

LIFEBOOK WA3/B1では、インテル Core i7プロセッサとSSDを搭載する事で、

高速起動&高速動作

を実現しています。

まずは、 LIFEBOOK WA3/B1と LIFEBOOK AH550の処理速度の違いを動画で比較してみました。
使用したベンチマークソフトはCINEBENCH_R15です。
このソフトはCGの処理スピードでCPUの性能を測定するソフトで数値がが高いほど高性能になります。

また、動作も非常に軽快でストレスなく操作できます。
実際に、起動時間を比較した動画がこちら


※ LIFEBOOK WA3/B1はSSD搭載モデルで比較しています。
HDD登載モデルや LIFEBOOK AH77/B1ではここまで高速に起動しませんのでご注意下さい。
※AH550は初期化して購入時の状態にしてあります。

パソコンは、使って行くうちに動作が遅くなっていきます。

パソコンの出張サポートする中で、良く相談を受けていたのが

「パソコンが買った時より遅いのですが・・・」

というものです。
しかも、パソコンを購入して3年以内なのに!

こういう相談をされる方の多くが、価格重視で10万円以下のパソコンを買われた方に多いようです。

価格を重視して購入してしますと、数年経過しただけでストレスを感じてしまいます。
↑パソコンの出張サポートを依頼される方の場合は、何かしら不満やトラブルがあって依頼されるので、余計に多く感じるのかもしれませんが!

ちなみに、私の父も価格重視でパソコンを購入して失敗しています。(笑)

もちろん、父にも価格重視でパソコンを選ぶのはおすすめしないと言いましたが、
子供は親に逆らえないものです・・・せっかくのアドバイスも無視されました(笑)

実際に父が安く買ったパソコンが使いににくくて、買い直す事になりました・・・・

そして、使わなくなったパソコンは私が買い取る事に(涙)
IMG_5704_R
↑実際に父から買い取った激安パソコン(笑)

長期的な視点でパソコンを購入するのであれば、性能も余裕を見て購入されるのがおすすめです。

現在使っているLIFEBOOK AH550も2010年当時は標準的なモデルでしたが、6年以上経って販売された最新モデルと比較すると、

起動時間に大きな差があり驚きました!

  • 動画制作や写真編集をされる方
  • パソコンをストレスなく快適に使いたい方

には特におすすめです!

※通常のカタログ掲載モデルであるLIFEBOOK AH77/B1だと記憶媒体にHDDを採用しているため動画で紹介したほど、起動時間は早くないのでご注意下さい。

2:スピーカーが大幅にグレードアップ

LIFEBOOK WA3/B1を最初に見た時に驚いたのは、

スピーカーの大きさ

です。

LIFEBOOK WA3/B1 LIFEBOOK AH550
sp002 sp001

LIFEBOOK WA3/B1は、音質を重視してスピーカーにもこだわっています。

ノートパソコンを購入するにあたり、スピーカーが重要になる人がいます。

  • 動画編集や音声編集をする方
  • 動画視聴でパソコンを利用される方
  • パソコンを使って資格の勉強をする方
    (資格勉強用の教材は音声教材が多いため)

聴き比べてみると、LIFEBOO AH550にあったシャカシャカした貧弱な音ではなく、しっかりとした力強い音になっています。

LIFEBOO AH550を使う際は、常に外付けスピーカーを付けていたのですが、LIFEBOOK WA3/B1なら外付けスピーカーがなくても満足いくレベルです。

一人暮らしの方なら、BGMを流しても良いかもしれません!

3:キーボードの打ち心地がさらに進化

富士通のパソコンを愛用している大きな理由の一つが、

キーボードの打ち心地

です!

キーボードの打ち心地をどこまで重要視するかは、
人にもよりますが・・・

パソコンの中で人が触れる部分なので、私は非常に重視しています。

パソコンの購入について、友人・知人から相談された場合も常にこの話はしています。

LIFEBOOK WA3/B1 LIFEBOOK AH550
IMG_2569 IMG_2567

動画でもキーボードの違いを比較してみました。

↑動画は下位モデルのLIFEBOOK WA2とのキーボード比較になります。

LIFEBOOK WA3/B1では、キーのトップをくぼませる

球面シリンドリカルキートップ

が採用されています。

img_key

このキーの形状は、キーボード・マウスのトップメーカーであるロジクールの上位モデルに、採用されているキー形状と似ています。

価格だけを考えるのであれば、キーボードは安く作り、価格面で安さ訴求をする方が売りやすいはずです。

しかし、富士通の場合は、他メーカーと同じモデルラインであっても、「使いやすさ」にこだわった設計がされています。

先程ご紹介したパソコン購入の際の父の失敗もキーボードが原因でした。

パソコンの利用頻度が少ない事もあり、価格が最優先だったのですが・・・

キーボードがスカスカで、あまりにも打ちにくくてパソコンを買い直す事になったのです。
※キーボードだけが理由ではないですが、買い直す事になった大きな理由の1つです。

キーボードに関しては好みがあるので、人によってはスカスカの方が、好きな人もいるかもしれません・・・

また、海外メーカーのパソコンは、キーボード面がたわむ傾向があり、打ちにくさを感じるため私はメインパソコンとしてはほとんど使っていません。

番外編!使ったからこそわかる便利機能もご紹介!

LIFEBOOK WA3/B1には、NFCが搭載されているのが便利です。

このNFC機能を使う事で、写真の取り込みやSuicaの履歴確認ができます。

ah77 03

通常Suicaの履歴は、特定の自動券売機でしか、閲覧&印字できませんでした(涙)

しかし、この機能があれば、自宅に居ながらにして履歴の確認ができます!

方法は簡単!suicaカードをおくだけです。

自動で電車の経路や金額が一覧表示されました。
※SFCard Viewer 2のインストールが必要になります!

この機能ですが、

  • 交通費の精算が必要な会社勤めの方
  • 確定申告がある自営業者や個人事業主

にとって非常に便利な機能です。

自営業者やフリーランスの方にとっては、年度末の確定申告の時に力を発揮しそうです。

私も今まで調べるのが面倒で、確定申告の際に電車代を経費計上していませんでした(涙)

この機能があれば電車代もしっかり計上できそうです。

さらにNFCを搭載したAndroidスマートホンなら、PCにスマホをかざすとF-LINK Neoというソフトが起動し、ワイヤレスで写真や動画が取り込む事もできます。

LIFEBOOK WA3/B1なら3年保証がついて最大6万円引!

LIFEBOOK WA3/B1はLIFEBOOK AH77/B1をカスタマイズ出来て、保証が延長されているお得なモデルになっています。

主な違いがこちら

  • HDD⇒SSDへ変更可能
  • メーカー保証が3年間に延長
    ※オプションで5年間に変更可能
  • セキュリティ対策ソフト3年分
  • シークレットクーポンで割引率アップ
    ※当サイトシークレットクーポン利用時

LIFEBOOK WA3/B1は富士通WEB MARTのみで販売されている限定モデルになります。

富士通WEB MART

メーカー直販だから出来る
充実した保証と値引き額です。

パソコンの詳細なスペックはこちら
LIFEBOOK WA3/B1
icon

SSDが256GB選択可能なため
起動時間が高速で使用中もストレスなく使えます。

LIFEBOOK AH77/B1(HDD搭載モデル)を購入して、
SSDに換装する方法も考えられますが・・・

当サイトのコメント欄を
見て頂くとわかりますが、
HDDからSSDに換装しようとして
失敗しているケースが多々あります。

そんな失敗した方から
助けを求めるコメントが入っていたり、
お問い合わせフォームからアドバイスを求められていたりします(笑)

私自身もSSDの換装は簡単だ!
と思っていたのですが、
Lenovoのパソコンだけは何度やっても
失敗しておりSSDへの換装が出来ていません。

それを考えると、
最初からSSDを搭載し、
快適に使える状態で購入するのが一番おすすめです。

家電量販店で販売されている

  • プロパーモデル
  • 量販店のカスタムメイドモデル

の場合はHDD搭載モデルになるため、
価格面での比較しにくいですが・・・
パソコンの動作は遅くなる事は間違いないです。

SSD選択可能なLIFEBOOK WA3/B1なら、数年でストレスを感じる事はないはずです!

また富士通WEB MARTで、購入するのがお得な3つの理由も詳しくまとめてみました。

富士通WEB MARTで購入すべき3つの理由

富士通WEB MARTで購入すべき3つの理由は以下の通りです。

  • メーカー保証が3年間に延長される
    ※オプションで5年まで延長可能
  • セキュリティ対策ソフトが3年分付属
    ※台数無制限で使えるのも魅力!
  • 当サイトシークレットクーポン利用時で割引率UP
    ※パソコンの構成内容により値引き額は変わります

家電量販店でのパソコン販売からパソコンの設定サポートの仕事まで、
長年にわたってパソコン関連の仕事をしている経験を元に、
富士通のWEB MARTで購入する3つの魅力を詳しくご紹介します。

1:メーカー保証が3年間に延長される!5年間延長も可能

hosyou3

support003

富士通WEB MARTで、
パソコンの購入をおすすめする1つめの理由が、
メーカー保証が最初から3年間に延長される点です。
※ユーザー登録が必要です。

また、追加料金を払う事で、
メーカー保証を5年間まで延長できます。

私はパソコン・カメラなどの精密機器を購入する際は、
常に延長保証をつけています。

なぜなら、カメラやDELL製パソコンで、
この延長保証に入っていた事で助かった事が何度かあったからです。

今使っている富士通のLIFEBOOK AH550も、
購入時に延長保証はつけていますが使った事はないです(笑)
↑富士通製パソコンは品質面で信頼していているのですが、
電子機器は基本的に壊れるのを前提に延長保証に加入しています。

この延長保証ですが、
家電量販店でパソコンを購入した場合でもつける事は可能です。

しかし、家電量販店の保証は、
メーカー保証と同じではないんです。

  • 1度保証を使ったら終わり
  • 1年毎に保証される金額が下がっていく

などなどメーカー保証とは大きく違いいます。

support004

パソコンの販売をしていた際は、
各家電量販店の販売応援に入っていたので、
全ての家電量販店の延長保証の内容を熟知しています(笑)

保証内容を確認しないまま購入して、
後からトラブルになっている現場も実際に見てきました。

延長保証の内容が変更になる可能性もあるので、
具体的な店名の記載は控えますが、
家電量販店でパソコンを購入される場合は、
しっかり保証内容や免責事項を確認しておきましょう!

富士通WEB MARTであれば、
メーカー保証の内容がそのまま延長されます。

2:セキュリティ対策ソフトが台数無制限で3年間つかえる!

mcafee4

パソコンの出張サポートをしていると、
セキュリティソフトを入れていなくて、
ウィルスに感染された方からの出張依頼を頂く事があります。

そのため、
セキュリティ対策をしっかりしておくのがおすすめです。

富士通WEB MARTでパソコンを購入すると、
セキュリティ対策ソフトのマカフィーリブセーフが

3年間

使えます。

家電量販店で購入した場合は、
セキュリティ対策ソフトが使えるのは、
基本的に3ヶ月間のみです。

さらにマカフィーリブセーフなら、

台数無制限

で設定できるため、
他に所有しているパソコンやタブレットも
セキュリティ対策を一緒にできるのが魅力です。
※FMVへのセットアップ完了後から2台目以降の機器に設定できます。

自分の場合だと、
富士通のLIFEBOOK 2台、DELLパソコン1台、
NECパソコン1台、Mac1台、Androidタブレット1台
を使っているのですがマカフィーリブセーフ1つで全て対策できるわけです。

パソコンを初めて買う方はもちろん、
私の様にパソコン&タブレット好きの方にもおすすめです。
※私の場合は、ほぼ毎年パソコン買っているので特に助かります(笑)

さらに、富士通WEB MARTで購入すれば、
最初からセキュリティ対策ソフトが、

設定済み

の状態なのでセキュリティ対策ソフトの
設定費用等が別途かかる事はありません。
※家電量販店でパソコンを購入した場合は、
セキュリティソフトなどの各種設定などをすすめられるので、
2万円前後別にかかる場合があります。

マカフィーリブセーフを通常購入すると、
1万円前後の料金がかかる上に、
設定費用も考えるとこれだけで3万円前後お得かも!?

3:当サイトシークレットクーポン利用時で6万円引き!

国内メーカーのパソコンは価格が高いイメージがあるかもしれませんが、当サイトシークレットクーポンを使えば、

6万円前後の割引価格

で購入できます。
※割引額は時期やキャンペーン内容・構成内容により変わります。

私の中では、
価格重視でパソコンを購入する場合は、
DELLが一番最初に思い浮かびます。

今年はDELLのXPSという
ノートパソコンの購入を検討していたのですが、
3つの点で断念しました。

  • 日本語での電話対応を受けるためには有償サポートへの加入が必要
  • 修理部品の確保に関しては有償サポートに加入しないと保証されない
  • 有償サポートに加入するのを前提にすると実は海外パソコンメーカーのパソコンは安くない

今まで海外のパソコンメーカーのパソコンを使った印象では、
メーカー保証期間の1年間が持つような品質を前提にして作っている印象があります。

逆に日本のパソコンメーカーは、
1年以上はもちろん数年先まで安定して動作するように
設計している印象があります。
↑精密機械なので一定の割合でどのメーカーであっても故障する確率はあります。

個人利用でパソコンの使っているだけなら、
アタリ・ハズレの可能性もありますが、
私の場合はパソコン販売・設定サポートで
常にいろいろなパソコンを見てきた上での感想です。

海外メーカーのパソコンだと、
延長保証をつけた場合でも最長で4年までという所が多いですし、
価格が安いパソコンは延長保証料金が高い傾向にあります。

そういった点を総合的に考えると、

日本のパソコンメーカーの方が品質と価格のバランス

が良いと感じています。

実際に価格を比較してみました。

パソコンを長く利用するのを前提に、
延長保証をつけた場合のLIFEBOOK AHシリーズと、
DELL製XPSシリーズの価格の比較です。

富士通WEBマートとDellとの価格比較

パソコンメーカー毎にカスタマイズの内容や
サポート内容が違うため単純に比較はできませんが、
参考までに富士通製LIFEBOOKシリーズと、
DELL製XPSシリーズのパソコンを、
性能と保証内容を同等にして比較をしてみました!

ポイントにしたのがこの部分

  • CPU:Core i7
  • メモリ:8GB
  • 液晶ディスプレイ:15.6インチ
  • セキュリティ対策ソフト:有無
  • 保証期間:メーカー保証期間と延長保証の期間

比較した内容がこちら

Dell XPSの価格

※緑の部分はDellのクーポンにて割引された金額のため時期により変動する可能性があります。

販売価格:235,850円

※価格はキャンペーン内容等により変動します。
※割引きクーポンを適用した価格です。

  • CPU: Core™ i7-6700HQ
  • メモリ:8GB
  • 液晶ディスプレイ:15.6インチ
  • セキュリティ対策ソフト:マカフィーリブセーフ1年分
  • 保証:4年間
  • Officeなし(Microsoft® Office Home & Business Premiumをつけると+30,000円

※Dellの場合5年間の延長保証は選択できないため最長で保証されるのが4年までです。
さらに、この延長保証に入らないと、日本人のサポートを受けられません!

メーカー保証のみの場合は、日本語を話せる中国人スタッフによるサポートになります。
※スムーズに問い合わせや修理依頼ができれば良いのですが、過去に日本語が通じなくて苦労した経験があります(涙)

そのためDELLの場合は、延長保証への加入は他メーカーと比べても必須と言えます。

富士通LIFEBOOK W3/B1の価格

※画面には表示されていませんが、+10,800円で5年保証にした金額です。

WEB価格が2425,064円でクーポンで割引を適用した場合、

193,347円

になります。

※価格はキャンペーン内容等により変動します

  • CPU: Core™ i7-6700HQ
  • メモリ:8GB
  • 液晶ディスプレイ:15.6インチ
  • セキュリティ対策ソフト:マカフィーリブセーフ3年分
  • 保証:5年間 +10,800円でメーカー保証を5年間にできます。
  • Officeなし(Microsoft® Office Home & Business Premiumをつけると+23,760円
    ↑Dellと比べて7,000円近くOfficeも安いです。

セキュリティ対策ソフトが5年分+メーカー保証が5年間付の2点が特に魅力です。

シークレットクーポンでさらに割引に!

これだけでもDellのXPS15と比べてLIFEBOOK WA3の方が4万円近く安いのがわかります。

さらに!

当サイトシークレットクーポン利用時を適用すればこの価格差はさらに開きます。

当サイトシークレットクーポンコード

UAZ217LSJ

を利用するとWEB価格より29%引きになります。
※富士通WEBMARTのWEBクーポンは23%引き
※※このクーポンコードはディスプレイ選択時に15.6型ワイド フルHD(1920×1080) タッチ対応 フルフラットファインパネルを選択した時に使えます。

割引後の価格は181,748円です。

WEB価格から約6万円引きで購入できます。
Dellのパソコンと比較しても5万円前後安いです!
※割引金額は時期やキャンペーンなどにより変動します。

シークレットクーポンは注文の際のこの場所に入力して下さい。
gentei

当サイトシークレットクーポン利用時を使う事でDELLのパソコンと比較して、

  • 3年の保証期間が最初からついてくる
  • セキュリティ対策ソフト3年分
  • パソコンの価格が5万円前後安い
  • Officeも安く購入できる

と4つの面でお得感のある内容になりました。

LIFEBOOK WA3/B1の魅力とおすすめ構成

私が愛用してるLIFEBOOK AH550と比較して、LIFEBOOK WA3/B1がどのように進化したかをまとめてみました。
※当記事で紹介したのはLIFEBOOK WA3/B1はLIFEBOOK AH77/B1のカスタムメイドモデルになります。

まとめると以下の3点です。

  • CPU&SSDでパワーアップして高速動作
  • キーボードの打鍵感
  • スピーカーが大幅に性能アップ

この3つが大幅に進化しました!

更に、富士通WEB MARTで購入するのをおすすめするする3つの理由が以下の通りです。

  • メーカー保証が3年間に延長される。
  • カスタマイズが自由にできる
  • 当サイトシークレットクーポン利用で6万円前後の値引き
    ※キャンペーンや構成内容により値引き額は変わります。

この記事は、2017年3月現在の情報を元に書きました!
さらに富士通パソコンはセキュリティ対策ソフトが3年間ついてくるのも魅力と言えます!

現在の価格や保証内容は富士通WEB MARTのサイトで直接ご確認下さい。

LIFEBOOK WA3/B1

ここで自分が考えるおすすめの構成もあわせてご紹介します。

PCナビゲーター限定:LIFEBOOK WA3/B1メインPCモデルのご紹介

富士通WEBMART様にて当サイトの読者限定で、割引率をアップした限定モデルを作って頂けました!
割引率をアップしてもらう代わりに、スペックはカスタマイズ出来なくなりましたが・・・
ワンクリックで購入できる点はメリットかもしれません(笑)

スペックについては、友人からパソコン購入について相談を受けた際におすすめしている構成です。
もちろん、自分も愛用しているLIFEBOOKが壊れたらこの構成で購入する予定です!

PCナビゲーター限定 LIFEBOOK WA3/B1のスペックは下記の通りです。

メモリ:8GB
普段の利用であればメモリは8GBで十分です。

ストレージ:SSD 256GB
ストレージは快適さにこだわりSSDを選択しています。
容量についても256GBあれば写真や動画を保存しても十分です。

Office:Office Home and Business Premium (2016)
OfficeはExcel・Word・PowerPointが使えますので、仕事からプライベートまで幅広く活用できます。

富士通WEBMARTの公式クーポンを利用した場合は21%引き202,307円ですが、
PCナビゲーター限定モデルについては、さらに割引率をUPして頂き27%引き

184,980円

富士通WEBMARTのクーポン適用価格から17,327円引きになっています。

購入はこちから

LIFEBOOK WA3/B1【PCナビゲーター限定モデル】
※PCナビゲーター限定モデルは、上記リンク以外からは購入できませんのでご注意下さい。

念のため購入前に必ず29%引きの表記を確認してからご購入下さい

非常にお買い得な価格になっているのと思うのですが・・・
中にはご自身の用途に合わせて、

  • Officeは必要ない
  • SSDの容量は大きい方が良い

などカスタマイズされたい方は下記のおすすめ構成を参考にして下さい。

性能重視のおすすめの構成

動画編集や写真加工でパソコンを使う方であれば、性能を重視でカスタマイズするのがおすすめです。

メモリ:16GB
動画編集をする場合はメモリが多いほど快適に作業ができます。

ストレージ:512GB SSD
ストレージはSSDを選択する事で動画編集など負荷のかかる作業でも快適に使えます。
また、作った動画を保存しておくために容量は大きい方が便利です。

当サイトシークレットクーポン

UAZ217LSJ

を利用するとWEB価格より29%引きになります。
※富士通WEBMARTのWEBクーポンは23%引き
※※このクーポンコードはディスプレイ選択時に15.6型ワイド フルHD(1920×1080) タッチ対応 フルフラットファインパネルを選択した時に使えます。

割引後の価格は195,380円です。

LIFEBOOK WA3/B1の購入はこちらから

LIFEBOOK WA3/B1

コストパフォーマンス重視のおすすめ構成

動画編集など負荷のかかる作業はしないけど、パソコンを快適に使っていきたい方のコストパフォーマンス重視のおすすめ構成がこちらです。

メモリ:8GB
動画編集などをしないのであれば、8GBで十分です。

ストレージ:1TB ハイブリッドHDD
ハイブリッドHDDは、HDDの大容量とSSDに近いスピードを実現したストレージです。
SSD程高速ではありませんが、パソコンで負荷のかかる作業をしないのであれば十分なスピードがあります。

当サイトシークレットクーポン

UAZ217LSJ

を利用するとWEB価格より29%引きになります。
※富士通WEBMARTのWEBクーポンは23%引き
※※このクーポンコードはディスプレイ選択時に15.6型ワイド フルHD(1920×1080) タッチ対応 フルフラットファインパネルを選択した時に使えます。

割引後の価格は158,276円です。

価格重視のおすすめの構成

価格重視であればパソコンの機種は変わってしまうのですがLIFEBOOK WA2/B1がおすすめです。
価格を重視する場合は、LIFEBOOK WA3/B1のHDDモデルを選ぶという選択肢もありますが・・・
CPU(Core i7)がHDDのスピードの足を引っ張られて性能を十分発揮できなくなります。
そのためCPUを複数選べるLIFEBOOK WA2がおすすめです!
CPUの性能を下げてでもストレージはSSDを選択する方が快適に使えます。

LIFEBOOK WA2/B1であれば、LIFEBOOK WA3/B1と同じ構成でも数万円安く購入できます。
LIFEBOOK WA3/B1と比較した際の主な違いは下記のの通りです。

  • Windows 10 Proバージョンを選べない
  • CPUの選択肢が豊富
  • 標準モデルのメモリは4GB
  • スピーカーが小さい
  • NFCが搭載されていない

LIFEBOOK WA3とLIFEBOOK WA2の違いについては、こちらのレビュー記事に詳しくまとめてあります。

参考URL:富士通LIFEBOOK WA2/A3レビュー!WA3との大きな3つの違いとは?

LIFEBOOK WA2の価格を重視したおすすめ構成がこちらです。

CPU:Core i3
予算重視であればCPUのグレードを下げてでも、ストレージをSSDにする方が快適に使えます。
メール利用やネット閲覧であればCore i3でも十分すぎる性能があります。

メモリ:4GB
メール利用やネット閲覧がメインであれば4GBで十分です。

ストレージ:500GB HDD
予算重視でHDDを選択するしかありませんが・・・
動画でも紹介している通りストレージがSSDだとパソコン全体が快適になるので、ストレージだけでもSSDを選択するのがおすすめです。

出来ればストレージだけでもSSDを選択するのがおすすめです。
※価格は時期により変わります。

富士通WEBMARTのクーポン

DAG217LSJ

を利用するとWEB価格より23%引きになります。
※富士通WEBMARTのWEBクーポンは18%引き
※このクーポンコードはディスプレイ選択時に15.6型ワイド フルHD(1920×1080) タッチ非対応 スーパーファイン液晶を選択した時に使えます。

割引後の価格は89,800円です。

※上記はストレージがHDDモデルの価格です。
+1万6千円前後する事でストレージをSSDにできます。
(さらに、メモリが8GBだとより快適度もアップします。)

動画編集や画像編集はせず、ネットの閲覧や動画視聴などの目的でしたら十分な性能です。

LIFEBOOK WA2/B1の購入はこちら

LIFEBOOK WA2/B1、WA2/A3
icon

最後にパソコン購入の際のメリット・デメリットについて

ネットでのパソコン購入は、実際にパソコンにさわれない部分や直接接客を受けられないのがデメリットです。
逆に量販店やパソコン専門ショップでの購入は、実際にパソコンにさわる事ができ、対面で接客してくれるがメリットでした。

私も家電量販店にてパソコンの販売をしている時は、この点を誇りに思って仕事をしていました。
しかし、2016年は、あるパソコン専門店の対応について新聞やテレビなどで大きく報道されて問題になった年です。

それは初めてパソコンを購入する方や高齢者に対して、パソコンやタブレットの価格を安くして、高額なサポートへ勧誘をする手法です。
これは某パソコン専門店だけの問題ではありません。

家電量販店でも上司から毎日○○台の販売!
と厳しくノルマが課せられているため、接客をしつつ常に「売る」事を意識しなければいけない状況です。

家電量販店によっては、ノルマが設定されていなくても、販売によって出した利益がボーナスに反映される評価制度になっているので自分のために、一定の販売実績を作らないといけない環境です。
また、週ごとにキャンペーンが組まれているので、その週は指定されたパソコンメーカーを中心に売らなければいけません。

私の場合は家電量販店でパソコンの販売をしていた時から、自分が本当に良いと思ったパソコンメーカーしかおすすめしなかったので、結果的に企画されていたキャンペーンを無視してよく怒られていました(笑)

接客に際しては「売る」事を意識せずに、お客様の「パソコン選びのお手伝い」を意識して接客していたので、私を指名してパソコンを買いにきてくれる方もいて、売れなくて怒られる事はありませんでした!

家電量販店やパソコン専門店では、パソコンメーカーがどこであれ「売れない」のが一番怒られます。
それが量販店で接客の際に感じる「売り急いでる感」につながっていると感じています。

そして、この傾向はパソコンが年々売れなくなっている状況だからこそ、より強くなっている気がします。
※以前はパソコンの売り場めぐりが趣味だったのに、売り込まれるのがイヤで段々行かなくなりました(涙)

2016年は某パソコン専門店のパソコンを安く売って高額なサポート&保証に加入させる手法に批判が集まった年でした。
それを考えると直販サイトでの購入は接客が受けられない事が、

デメリットからメリットに変換した年

と言えるかもしれません。

パソコン専門店や量販店でパソコンを購入するにしろ、言われるがままに購入してしまうと結局は高い買い物をする事になりかねません。

今回の記事はLIFEBOOK W3/B1の紹介記事ではありますが、パソコンを選ぶ上で大切なポイントをお伝えしていますので家電量販店やパソコン専門点で購入する際にも役立つ知識が得られるとように記事をまとめてみました。

皆様のパソコン選びのお役に立てる事を願っています。