富士通のノートパソコンのラインナップの中で、メインで使うノートパソコンとして位置づけられているAHシリーズ。

そのAHシリーズの中で最上位モデルは『AH77』という文字が当てられてきました。

「AH77」以前も常に最上位モデルには「7」が割り振られていたのですが、2019年10月に全く新しいモデルが登場しました。

それが、

AH-X/D3

です。

AH77シリーズとは、製品の位置づけが違うという事もあってか『X』の型番がふられています。

ちなみに、『エックス』ではなく『テン』と読むので実質的には「10」という数字がふられている形です。

今までの最上位モデルであるAH77シリーズも併売されているため、2つのモデルの違いをレビューしていきます。

AH77(WA3)シリーズ商品の詳細は公式にサイトにてご確認下さい。

LIFEBOOK WA-X/D3

当サイト限定のクーポンコード

ABS115LSJ

を利用するとWEB価格より25%引きになります。
※一般の割引率は20%

※上記のシークレットクーポンを使う事で、公式サイトより割引で購入できます。

LIFEBOOK AH-X/D3の2つの魅力

LIFEBOOK AH-XとLIFEBOOK AH77を比較した際の大きな違いと魅力は2つです。

  • 4K有機ELディスプレイ登載
  • 人感センサー

外観などは共通の筐体を使っているので、こちらの記事でチェックして頂ければ!

LIFEBOOK AH77の実機レビュー

では、2つの違いを詳しくご紹介していきます。

LIFEBOOK AH-X/D3の有機ELディスプレイの魅力

  • 左:LIFEBOOK AH-X:3840×2160(15.6型ワイド 4Kタッチ非対応 有機ELディスプレイ)
  • 右:LIFEBOOK AH77:1920×1080(15.6型ワイド フルHD タッチ非対応 スーパーファイン液晶)

横に並べて、同じ画像を表示していみました。

LIFEBOOK AH77単体で見れば、液晶ディスプレイも十分綺麗なのですが・・・

やはり有機ELディスプレイを登載したLIFEBOOK AH-Xを横になれべると明らかな画質の違いがあります。

LIFEBOOK AH-X/D3の人感センサーで省エネ!

LIFEBOOK AH-X/D3には、人感センサーが登載されており、パソコンの前にいる人を感知して液晶ディスプレイのオン・オフが自動で切り替わります。

パソコンの標準機能でも液晶ディスプレイをオフにする時間を設定する事はできるのですが、復帰の際にはアクションが必要になるのでスムーズにパソコンの操作をスタートできます。

ここまでは、LIFEBOOK AH-Xの魅力についてお伝えしてきましたが、LIFEBOOK AH77/D3の方が優れている点もあるのでご紹介していきます。

LIFEBOOK AH77/D3が魅力な点は?

LIFEBOOK AH77/D3が魅力な点もあります。

主に下記の2点です。

  • カラーが選べる
  • OSが選べる

この2点についてもご紹介します。

1:カラーが選べる

LIFEBOOK AH-X/D3はカラーが選べず、「ブライトブラック」のみです。

LIFEBOOK AH77/D3は、下記の3色から選ぶ事ができます。

  • ブライトブラック
  • プレミアムホワイト
  • メタリックブルー

人によっては、パソコンのカラーを重視する方もいると思うので、白や青が良いという方はLIFEBOOK AH77/D3がおすすめです。

ちなみに、富士通WEBMARTのLIFEBOOK WA-Xシリーズは、カスタマイズできる点が魅力ではありますが・・・

4K有機ELディスプレイ以外を選択すると、「ブライトブラック」以外のカラーが選べます。

家電量販店で接客している時も、本体カラーがピンクでなければイヤという女性の方もいました。

なのでこの辺は好みに応じてですね!

2:OSが選べる

LIFEBOOK AH77/D3は、OSが選択が可能です。

  • Windows 10 Pro
  • Windows 10 Home

の2種類から選択可能です。

ですが、LIFEBOOK AH-X/D3は、Windows 10 Homeのみです。

Windows 10 Proの方がセキュリティ面で優れている部分があるため、セキュリティを重視する場合はLIFEBOOK AH77/D3がおすすめです。

LIFEBOOK AH-X/D3とLIFEBOOK AH77/D3の価格差は?

量販店で販売されているカタログモデルだと、性能を一緒にする事ができないので、富士通WEBMARTで販売されているモデルLIFEBOOK WA-X(AH-X)とLIFEBOOK WA3(AH77)を同一スペックにして比較してみました。

スペック(Windows 10 Home、Core i7、4GBメモリ、約500GB HDD)を同一にした場合だと約4万円の差額です。

つまり、この4万円の差額に対して、「有機ELディスプレイ」+「人感センサー」が魅力的に感じるかどうかですね!

魅力に感じる方は、LIFEBOOK AH-X/D3がおすすめです!

逆に4万円の差額を高く感じるのであれば、LIFEBOOK AH77/D3の方がおすすです。

詳細はこちらでレビューしています。

LIFEBOOK AH77の実機レビュー

LIFEBOOK AH-X/D3の魅力まとめ

LIFEBOOK AH-Xの魅力は液晶ディスプレイの美しさの一言につきます!

これから増えると言われる動画コンテンツを楽しむのにもぴったりです。

また、自分で撮影した写真や動画を楽しむ上でもおすすめです。

しかし、写真や動画制作を仕事としている場合は、通常の液晶ディスプレイでも確認した方が良いかもしれません。

そうしないと、クライアントの見ている写真・動画と違う色味になってしまうかもしれません。

2020年段階では有機ELディスプレイは普及しているとは言えない状況です。

通常の液晶ディスプレイで、どんな色味になっているかを確認するのがおすすめです。

LIFEBOOK AH-Xなら、HDMI端子も登載しているので外付け液晶ディスプレイを接続する事ができます。

そのため、通常の液晶ディスプレイと有機ELディスプレイの両方で色味のチェックができます。

個人でもクオリティの高い写真を映像を楽しむのに、クリエイターの方ならこれから普及する有機ELディスプレイをなれるために!

どちらにもおすすめなモデルになっています。

LIFEBOOK WA-X/D3

当サイト限定のクーポンコード

ABS115LSJ

を利用するとWEB価格より25%引きになります。
※一般の割引率は20%

※上記のシークレットクーポンを使う事で、公式サイトより割引で購入できます。