前回の記事で、
WindowsXPパソコンに、
Windows 10 TP(TechnicalPreview)版を使って、
アップグレードした上で、
動作確認した事を記事にまとめた!

ただ、WindowsXPパソコンは、
販売されていた期間も長く、
様々なパソコンが販売されています。

今回は、
Windows XP販売終了間際の製品に関しても、
Window 10にアップグレードした際の
検証していきます!

WindowsXPパソコンを使っていいるのであれば、
検証するポイントも記載するので、
置き換えながら読んで頂ければ!

スポンサードリンク

Windows 10へのアップグレードでXPパソコンは再生するのか?

今回、検証するのは、
自分が普段メインとして使っている、
Windows7搭載パソコンの、
過去モデルで検証していきます。

今使っているのがこちら、

富士通 LIFEBOOK S560

過去のモデルはこちらに一覧表示されています。

LIFEBOOK S560シリーズ一覧

WindowsXPが、
発売(リリース)されたのは、

2001年11月16

です。

後継OSである、
WindowsVistaはが
発売(リリース)されたのは、

2006年11月9日

です。

LIFEBOOK S560の過去モデルの中で、
WindowsVistaに切り替わったタイミングとして、
2006年11月以降のパソコンのスペックを、
参考にしていきます。

検証するモデルはこちら
FMV-S8240 仕様

発売日は、2007年4月頃になります。

xp000

Window 10にアップグレード出来るかを判断する3つのポイント!

アップグレード出来るかは、
Windows 10のシステム要件を、
満たしている事が重要になります。

システム要件とアップグレードするにあたっての3つ条件を、
こちらの記事にまとめています。

コンポーネント 最小要件
CPU 1GHz以上
メモリ 1GB(32ビット)または2GB(64ビット)
ハードディスクの空き領域 16GB
グラフィックスカード Microsoft DirectX 9グラフィックスデバイス(WDDMドライバー)

■CPUをチェック!

xp001

CPUに関しては、
1GHz以上なので問題ありません・・

しかし、最低限の要件を満たしているだけなので
WindowsXPで動作していた時と比べると、
パソコンの動きが相当遅く感じる事になると思います。

また、2015年以降は、
低価格帯のCPUである
Celeronですら、
並行処理ができるマルチタスクCPUになっています。

しかし、この時のパソコンに搭載されている
Celeronは同じ名前であっても
シングルタスクCPUです。

 

CPUにCeleronを使っている場合は、
メモリやHDDを交換・増設しても、
Windows 10にアップグレードした場合、
動作はかなり遅くなる覚悟は必要です。

■メモリをチェック!

xp002

WindowsXPモデルは、
512MBなので最低限の要件を満たしていません。

また、Windows 10にアップグレードするにしても
最低限4GBのメモリがないとスムーズに動作しません。

Windows 10にアップグレードする場合は、
最大搭載上限の2GBまで増設する必要があります。

しかし、増設したしたとしても、
メモリが2GBでは、
パソコン自体の動作が相当遅くなります。

■HDDをチェック!

xp003

HDD(ハードディスク)は、
16GBなので問題ないのですが・・・

Office系のソフトを入れたり、
他のソフトを入れる事を考えると、
かなり少ない状態です。

事実上は、
HDDを交換しないと使えないのが現実です。

交換するにしても、
注意して欲しいのがSATA/150の記載です。

上記の表示は、HDDの転送速度で、
データのやり取りを1.5Gbpsで、
出来る事を意味しています。

現在の、内蔵SSDやHDDは、

SATA3

という規格で、転送速度は6Gbpsです。

つまり、高速で動作するHDDや、
SSDを買っても4分の1以下のスピードで、
利用せざるおえない状況という事です。

もちろん、SATA/150の規格に合わせて、
中古のHDDやSSDを入手するという方法もあります。

しかし、その場合は性能を考えると割高感があります。

スポンサードリンク

XPパソコンをWindows 10をアップグレードしても割高なだけ・・・

WindowsXPパソコンを使って、
Windows10にアップグレードするためには、
以下のパーツの交換・増設が必要になります。

  • CPU
    ⇒Core 2 Duo搭載モデル
  • メモリ
    ⇒最大2GBへの増設
  • HDD
    ⇒SSD・大容量HDDへ交換
    ※交換しても性能を活かすのは難しい

そして、WindowsXPはWindows 10の、
無償アップデート対象OSになっていないため、
Windows 10インストールディスクが別に必要になります。

こう考えてみると、
WindowsXPのパソコンを
Windows10にアップグレードする費用は
3万円~4万円相当になる可能性があります。

Windows10パソコンの中でも、
パソコンショップなどで販売されている、
エントリーモデルなら、

3万円~4万円で購入出来るWindows 10パソコン

もあります。

WindowsXPの場合は、
アップグレードではなく、
買い換えを強くおすすめあします。

2016年に、新規でパソコンの購入をお考えでしたら
パソコンの種類別に、Windows 10パソコン選びの
ポイントをまとめておきました。

スポンサードリンク