windows 10の無償アップグレードについて、
いくつか疑問点があったので、調べてみました!

スポンサードリンク

Windows 8.1 With Bing とは?

Windows 8.1 With Bing(以下8.1 bing版)とは、
タブレット向けに提供されているWindows8で、
画面サイズが、9インチ以下の端末に搭載が限定
されていました。

通常のWindows 8.1と機能差はなく、検索エンジンが
最初から、マイクロソフトの提供するbingになっ
ていいるのが特徴です。
もちろん、手動で検索エンジンを変更する事も可能です。

そのかわり、ライセンス料が無償で提供されて
いるといわれています。
※ライセンス料に関しては、マイクロソフトと
端末メーカーとの契約なので推測するしかありません。

ライセンス料金がかからない、Androidへに対抗
するための、施策だったと思われますが・・・

最近では、タブレットに限らずパソコンにも搭載
されているモデルが登場しています。

ドスパラ デジノス ミニ NUC-N2H

Windows 10では無償アップグレードが出来るのと
の発表がありましたが・・・

Windows 10以前から、実はOSは条件付きで無償
提供されはじめていたと言えます。

実は、私もパソコンの出張サポートでお客様の
所に訪問してみると、パソコンがなくタブレット
端末のみの利用という方も増えてきています。

検索エンジンげデフォルトでbingになっていると
いうのも実質的には、建前でOSの無償化は水面下
で進んでいたと言えます。

Windows 8.1 With BingもWindows 10にアップグレードできるの?

マイクロソフトからは、正式にアナウンスは
されていなのですが、Windows 8.1と同等の位置
づけである以上、無償アップグレードの対象に
なってくるはずです。

スポンサードリンク

8.1 bing版のタブレット購入予定で、時期的に
余裕があるのであれば、Windows10発表後に正式に
マイクロソフトから、アップグレードに関しての
告知があってから購入を検討されても遅くないと
思います。

そして、購入を待った方が良い理由は他にもあります。

Windowsタブレットを購入するなら、2015年以降がおすすめ!

Windowsタブレットを購入するのを待った方が
良い理由はライセンスの問題だけではありません。

8.1 bing版をWindows 10にアップグレードした際の
動作状況は、やってみないとわからないという点です。

おそらく、Windows 10が正式リリースされた後に
YouTubeなどで、アップグレードしたあとの
タブレット端末の動作に関しての動画をアップして
くれる人がいると思います。

そう言った動画を参考にした上で、購入を検討し
ても良いと思います。

もし急ぎで8.1 bing版が欲しい場合は・・・

8.1 bing版がすぐに必要という場合は、Windows 10
を待たずに、購入してしまった方が安定した環境で
使えるのでおすすめです。

Windows 10が正式にリリースした後に、様々な
不具合が見つかる可能性もあります。

それを考慮した場合は、8.1 bing版を購入し
アップグレードしないまま使う方が賢い選択とも
言えます。

自分も、ホームページの作成依頼などがあった時に
検証用に、Androidタブレット&iPadを所有して
いるのですが・・・

いずれは、Windowsタブレットも揃えたいと
考えており、タイミングを見計らっている所です。

早急に必要になった場合は、ASUS VivoTab Note 8 が第一候補です。

こちらの動画でみると、スタイラスペン付きの端末らしく、メモをとったりするときに便利そうです。

 

スポンサードリンク
Microsoft Public Affiliate Program (JP) NEC Direct(NECダイレクト)
デル株式会社 パソコン工房「10万円以下で買えるノートPC」特集

関連するこちらの記事もどうぞ