Windows 10TechnicalPreviewを使いはじめました!
(以下、Windows 10TP)

今回、大きく変わったスタートメニューに関して、
標準(デフォルト)設定からより見やすくする
ための変更方法を解説していきます。

スポンサードリンク

スタートメニューの大きさの変更方法

スタートメニューは、Windows 10TPでは、
Windows 8.1を踏襲して全画面で表示されます。

Windows 7の様に左下に表示する場合は下記の方法でできます。

sai01

右上にある、矢印マークをクリックすると、大きさを変更できます。

透明オン

サイズを小さくすると、左下にのみ表示される形になります。

Windows 8/8.1からのWindows 10に移行
される方は全画面表示Windows 7から移行
される方は、最小表示とえらべる仕様になっています。

スポンサードリンク

スタートメニューの透明度合いの設定

Windows 10のスタートメニューは、背景色を
透過する設定になっております。

透明になる設定をオフにすると下記のようになります。

st0001

設定方法を下記の通りです。

sta01

スタートメニューから、『設定』を選択します。

sta02

パーソナル設定を選択します。

sta03

『色』の項目を選びます。

sta04

『スタートメニューを透明にします。』で、オン・オフを切り替えられます。

スタートメニューにの背景色を変更する

stairo001

スタートメニューのアプリアイコンをだけ背景色を
変更してみやすくできます。

設定方法は、上記でも説明した『パーソナル設定』
の『色』で変更できます。

stairo002

『自動的に自分のバックグラウンドから色を選択してください。』
の項目がオンになっているので、オフに変更します。

stairo04

オフにすると、カラータイルが表示されるのでお好きなカラーを選びます。

今回は、緑を選択しました。

stairo03

選んだカラーをどこまで反映さえるかを選択できるのが
『タスクバーとスタートメニュー上の色を表示します。』
の項目になります。

■オンの場合

stairoon

スタートメニュー全体に選んだカラーが反映されます。

スタートメニュー全体にカラーを反映させる場合は、
タイルにあるカラーと近い色を選んでしまうと、
見えにくくなるかもしれません。

 

■オフの場合

stairooff

アイコンだけに選んだカラーが反映されます。

スタートメニューの背景は、灰色のままなので
タイルアイコンが浮き立ってみやすくなっています。

自分は、オフの設定で使っていく予定です。

色や配色の見やすさは個人差があるので、
自分にとって見やすい設定を見つけてみましょう!

スポンサードリンク
Microsoft Public Affiliate Program (JP) NEC Direct(NECダイレクト)
デル株式会社 パソコン工房「10万円以下で買えるノートPC」特集

関連するこちらの記事もどうぞ