Windows 10でのメールの設定方法について
解説します。

メールソフトに関しては、Windows 10標準の
ソフトで設定していきたいと思います。

スポンサードリンク

メール設定情報の確認

メールソフトを設定するにあたり、以下の
情報が必要になります。

  • メールアドレス
  • POPアカウント
  • POPサーバー情報
  • SMTPサーバー情報
  • POPパスワード

プロバイダ毎に、設定情報が郵送で送られて
くる場合もあれば、プロバイダの管理画面より
自分で取得する場合もあります。

Windows 10メールソフトの起動方法

mail01

メールソフトは、スタートメニューから選択できます。

mail02

左下の歯車のマークを選択し、右上にメニューが表示されます。

その中から、『アカウント』を選びます。

Windows 10メールソフトの設定方法

mail03

『アカウントの追加』をクリックします。

mail04

『その他のアカウント』を選択します。

mail05

googleメールやiCloudメールの場合は、
メールアドレスとパスワードのみで設定
できますが、プロバイダから発行されている
メールはこのままでは設定できません・・

『sign-in』を何度かクリックする下記の画面になります。

mail007

■アカウント名

これは、メールソフト上に表示される名前になります。
わかりやす名前をつけて頂ければ大丈夫です。

スポンサードリンク

■表示名

メールを送信・受信した時に表示される名前になります。

メールアドレスをそのまま設定する場合もありますが、
個人名や会社名での登録しておいても良いと思います。

■受信メールサーバー

POPメールサーバーのアドレスを入力します。

■アカウントの種類

mail008

矢印を選択するの上記の画面になります。

『POP3』を選択します。

mail009

■ユーザー名

プロバイダーによっては、メールアドレスの
@の前がユーザー名になっています。

auone-netの場合は、アルファベと数字の
組み合わせになるので注意しましょう!

■パスワード

POPパスワードを入力します。

■送信(SMTP)メールサーバー

SMTPサーバー情報を入力します。

 

『送信サーバーは認証が必要』にチェックが
入っているのを確認して、『sign-in』を押せば
メールの設定は完了です。

スポンサードリンク