SSDのフォーマットが終われば、
次はクローンの作成になります。

SSDのフォーマットに方法に関しては、
こちらでご確認下さい。

今回購入した

Samsung SSD850EVO

は、クローン作成ソフトが付属しています。

IMG_4351

付属ソフトを使ってクローンディスクを作成していきます。

スポンサードリンク

Samsung Data Migration Softwareにてクローン作成開始

001

『Install navigator.exe』をクリックします。

002

『今すぐインストール』をクリックしてインストールを開始します。

003

上記画面が表示されます。

■Samsung Magiclan

850EVOのメンテナンスや状況を教えてくれる
ソフトウェアで、Samsung製のSSDが接続
されていないと動作しません。

SSDを換装した後に、使う事になるソフト
なので、ついでにインストールしておきましょう!

スポンサードリンク

■Samsung Data Migration

Samsung製のクローン作成ソフト
こちらも、Samsung製のSSD以外では
動作しない仕組みになっています。

sscc004

インストールが終わると、上記のアイコンが表示されます。
クリックしてソフトを起動します。

クローンの作成開始

005

左下の『開始』を選択します。

006

ソースディスクとターゲットディスクの容量が表示されます。

■ソースディスク
コピー元のディスクが表示されます。

■ターゲットディスク
接続している、SSDの情報が表示されます。

『開始』を選択します!

sscc007

接続しているSSD上のデータが全て削除
される旨の警告が表示されます。

通常は、フォーマットしたばかりでデータは
入っていないはずなので、そのまま『はい』
を選択して大丈夫です。

sscc008

クローンディスクの作成がはじまります。

ここからは、パソコンの性能(CPUやメモリなど)
によって、時間が変わってきます。

今回、クローンを作成したパソコン工房製の
レセンサ LNB/8-P3542-SP/C1007
の場合は、1時間程かかりました。

009

上記の表示が出て、『正常にされました。』の
メッセージが表示されればクローンの作成は終了です。

010

ドライブの状況を確認すると、新しく
『Fドライブ』と『Gドライブ』の表示があります。

2つのドライブ表示がされ、一方がバック
アップ領域で、もう一方がコピーされた
システムディスクになります。

次は、現在パソコンに内蔵されている
HDDと今回作成したクローンディスクを
換装していきます!

スポンサードリンク