マイクロソフトの発表で、
Window7&8.1のサポート終了期間が、
度々変更されています。

先日もデスクトップパソコンを
購入するにあたり友人の相談に
乗ったのですが・・・

購入したのは、Windows8.1パソコンだったので、
サポートの終了期間を念のため調べてみました!

Window7とWindow8.1について
CPUタイプの調べ方・
確認方法についてもご紹介します。

スポンサードリンク

skylakeCPU搭載のWindow7は前倒しでサポート終了!

2016年3月18日に、
一部のWindows7&8.1の
サポート期間が変更されました。
参考サイト:Skylake systems supported on Windows 7 and Windows 8.1

skylakeというタイプのCPUを
搭載したWindow7&8.1に関しては、

2018年7月17日

でサポート期間が終了します。

※ネット上では、
過去の情報が参照されて

2017年7月まで

と記載されているサイトもありますが、
1年間延長されました。

skylakeタイプCPUを
搭載したWindow7&8.1については、
Windows10にアップグレードすることを
マイクロソフトでは推奨しています。

今搭載されているCPUの調べ方については、
コンピューターのプロパティから確認できます。

詳しくはこちらの記事にて説明しています。

今回は、これから購入予定の
パソコンについての
サポート期間の調べ方になります。

Window7パソコンのサポート期間を確認する方法

これから購入するパソコンに、
skylakeCPUが搭載されているか
どうかは2つのステップで確認できます。

ちなみに、「skylake」とは、
CPUに使われているアーキテクチャの名前です。
※アーキテクチャとは、
CPUに使われている技術や機能に名前をつけたものです。

  1. CPUのブランドと型番をチェックする
  2. skylakeCPUのブランド・型番と照合する

CPUのブランドと型番をスペック表でチェック

最近、友人が購入する際に相談に
乗りながら決めたデスクトップパソコンを例にして、
CPUのブランドと型番の確認方法をご紹介します。

友人から相談を受けてパソコンが、
決まるまでのやりとりはこちら

購入したパソコンがこちら
2016年おすすめのデスクトップパソコン

東芝:PD51-32MSXW

サイトでCPUの情報を確認すると、

skylakeCPUの確認方法

インテル® Celeron® プロセッサー 2950M

という記載があります。

  • Celeron⇒CPUブランド名
  • 2950M⇒CPU型番

になります。

skylakeアーキテクチャが使われているCPUの一覧は、
こちらの記事に掲載しておきました。

2950Mは記載されていないので、
skylakeCPUではないのがわかります。

Celeron  2950MはHaswell
というタイプのCPUになります。

参考サイト:CeleronCPU

  • Haswell
  • Broadwell
  • skylake

という順番にCPUの技術(アーキテクチャ)
は進化しています。

PD51-32MSXWの後継モデルである
PD51-UWP-SWA(2016年秋モデル)
で搭載されている

Celeron  3215M

はBroadwellアーキテクチャになります。
参考サイト:Celeron CPU

つまり、2016年夏モデル以降に
販売されるパソコンについては、
skylakeタイプのCPUが主流になると考えています。

Windows10を使っていく予定であれば、
問題ないのですが・・・

Windows7やWindows8.1のパソコンが、
必要な方はCPUをしっかり確認した上で、
購入しましょう!

スポンサードリンク

skylakePCを確認?Window7サポート期間まとめ

  1. 購入予定のCPUブランド&型番を確認する
  2. skylakeCPUのブランド&型番と照会する

ピックアップした東芝のボード型パソコンでしたが、
ボード型パソコンの中身はノートパソコンです。

CPUを確認する時は、
モバイル向け
のCPUを確認するとスムーズです。

スポンサードリンク