パソコン関連の周辺機器として、
最も買い換え頻度が少ないのは、

無線ルーター

ではないでしょうか?

パソコンの出張サポートをする中で、
10年以上同じ無線ルーターを
使っている方もいました(笑)

しかし、
そんな無線ルーターですが、
5~6年も経てば様々な
進化をしている事が多いです。

今回は、
なぜ無線ルーターの
買い替えが必要なのか?

今回の記事では、
2016年度版!無線ルーターの選び方
について3つのポイントをお伝えします。

スポンサードリンク

無線ルーターの選び方はこの3つに注目

無線ルーターを選ぶにあたり
チェックしてほしいのは、
この3つのポイントです!

  • 無線ルーターの通信規格
  • 無線ルーターの暗号化規格
  • 中継器の有無

それぞれ詳しく解説していきます。

無線ルーターは最新の通信規格を選ぶのが鉄則!

2016年7月現在、
無線ルーターの規格は
大きくわけて5つあります。

無線の規格毎に、
送れるデーター量に上限がありますので、
最新の規格に対応した、
無線ルーターを選ぶのが重要です。

現在の無線規格5種類

規格名 最大転送速度 使用周波数帯
11b 11Mbps 2.4GHz
11a 54Mbps 5GHz
11g 54Mbps 2.4GHz
11n 600Mbps 2.4GHz/5GHz
11ac 1733Mbps 5GHz

最大転送速度のMbpsは、
1秒間にどれだけのデーターを
やり取りできるかの単位です。

数字が大きいほど高速になります。

11acは、
規格上の最大転送速度は、

6933Mbps

になります。
しかし現行市販品としての最大値は、

1733Mbps

になります。

使用周波数帯の違いは、
下記の通りです。

  • 2.4Ghz:電波干渉に弱く、障害物に強い
  • 5GHz:電波干渉に強く、障害物に弱い

2.4GHzは
電波干渉に弱いので、
アパートなどの集合住宅や
電子レンジなどの機器が近くにあると、
性能を十分発揮できない事があります。
障害物には強いので、
鉄筋の建物で使う際はおすすめです。

5GHzは
電波干渉には強いのですが、
障害物に弱いので、
無線ルーターからパソコンまで
壁やなどがあると性能を、
十分発揮できない事があります。

無線ルーターを2016年に選ぶのであれば、

おすすめは11ac

になります。

価格だけで選んでしまうと、
11ac非対応の無線ルーターを
選んでしまう事になる事も・・・

11acでの通信速度を実現するためには、
パソコン側も11acの規格に、
対応している必要があります。

無線ルーターの買い替えの際に、
パソコン側が対応していなくても、
将来のパソコンを買い換えるのを見越して、
11acを選ぶのがおすすめです。

無線ルーターで見落とされがちな暗号化規格!

無線ルーターを使う上で、
ほとんど気にされる事がないのが、

暗号化規格

ではないでしょうか?

無線ルーターの暗号化規格は、
3つあります。

WEP 無線ルーターの初期製品に採用された、
暗号化規格です。
現在では、短時間で解読する事が可能です
WPA-PSK
(TKIP)
WEP規格の改良版。
暗号化パスワードを一定期間で、
自動更新し安全性を高めています。
WPA-PSK
(AES)
アメリカ政府が採用する強固な暗号化規格。
暗号化パスワードを更新し続けて、
安全性を向上させています。
AESでの接続がおすすめです。

AESに対応した無線ルーターを、
購入してもWEPで接続している
ケースがあるため設定内容は、
しっかりチェックしておきましょう!

また、
任天堂DSなどの一部のゲームでは、
WEPやTKIPでの接続しか出来ません。

ゲーム機を設定する際は、
しっかり確認の上で設定しましょう!

無線ルーターを選ぶ際は中継器も忘れずに!

無線ルーターを選ぶ際は、
自宅の間取りや設置場所も重要です。

もし2階建てであれば、
中継機の導入を強くおすすめします。

パソコンの出張サポートで、
インターネットが遅いなどの
相談がある場合ですが・・・

パソコンの利用場所が2階で、
中継器なしで利用されている方が多です。

自分の自宅も
木造2階建てなのですが、
中継機を設置するかどうかで、
通信速度に劇的な変化がありました。

詳しくはこちらの記事にまとめてあります。

中継器を、
中間地点ではなく、
パソコンやスマホを
利用する場所(部屋など)に、
設置するのがおすすめです。

パソコンに関しては、
中継器から有線での接続できるため、
速度が安定しやすくなります。

スポンサードリンク

無線ルーターの選び方!条件を満たすのはこの3機種

ここまで、
無線ルーターの選び方について、

  • 通信方式
  • 暗号化規格
  • 中継器の有無

の3つについてご案内してきました。

おすすめは下記の条件を満たす、
無線ルーターです。

  • 通信方式:11ac
  • 暗号化規格:AES
  • 中継器の有無:
    利用場所が1階なら中継器なしでもOK
    利用場所が2階なら中継ありがおすすめです。

2016年に販売されている
無線ルーターの中で、
上記の条件を満たすのがこの3機種です。

これは現在自分が使っている無線ルーターです。
最初から無線親機と無線中継器がセットになっているため、
設定不要で中継器を使った安定した、
ネット環境が作れます。

BUFFALOでは、
親機&中継器のセットモデルの販売がなく、
設定が面倒とお考えの方にぴったりのモデルです。

パソコンの利用場所が、
一階なら単体モデルがおすすめです!

現在自分の使ってる
無線ルーターの後継モデルです。

外付けのアンテナが付き、
更にスピード・アップしています。

値段と性能を考えた時に
一番バランスが取れた無線ルーター!

設置場所の間取りにもよりますが、
これ以上の上位モデルは、
一般家庭ではオーバースペック気味な気がします!

この無線ルーターであれば、
5年以上安心して使えます!

スポンサードリンク
Microsoft Public Affiliate Program (JP) NEC Direct(NECダイレクト)
デル株式会社 パソコン工房「10万円以下で買えるノートPC」特集

関連するこちらの記事もどうぞ