2016年以降にパソコンを購入するなら、
SSD搭載パソコンがおすすめです!
と以前の記事で書きました。

しかし、SSDが標準搭載されはじめたのは、
2~3年前からです。

SSD搭載パソコンがおすすめでも、
SSDを使うためだけに、
パソコンを買い換えるのは負担が多きいです。

そこでおすすめしたいのが、
今使っているパソコンのHDDを、
SSDに換装することです。

今回は、SSDへの換装を検討されている方向けに

2016年にSSDを購入する際のおすすめ1台!

をご紹介しておきます。!

スポンサードリンク

2016年までに購入した4台のSSDはこれ!

2016年までに、
SSDを4台購入しました。
買いすぎですね(笑)

2016年のおすすめSSD候補

購入時期と購入したSSDは下記の通りです。

SSDの3メーカー4製品を使い、
HDDからSSDに換装作業をしてきました。

ちなみに、
SSDに換装しようと思った理由ですが、
ネットオークションで落札した、
dellのディクトップパソコンに、
SSDが搭載されていたのがきっかけです。

SSDの早い動作を体験してしまうと・・・

HDD搭載パソコンを使った際に、
遅く感じてしまうのです!

そして、次々にSSDを購入して、
所有している4台のパソコン全てを、
SSDに換装しました!

通算で4回以上HDDからSSDに、
換装作業をしています。
(友人から頼まれた分も入れると10回以上)

スポンサードリンク

SSDへスムーズな換装は付属ソフトがカギ!

今回は、
SSD自体のスピードなどの比較はしません。
付属ソフトの比較から、
おすすめのSSDをご紹介していきます!

※ベンチマークソフトなどで、
細かくSSDのスピードを測定しても、
体感レベルではわからないので・・・

なぜ、付属ソフトを基準にSSDをご紹介するのか?
それは、SSDへの換装作業をするにあたり、
付属ソフトがカギになるからです。

HDDをSSDに換装するには、
今まで使っていたHDDのデータを、
SSDにコピーする作業が必要になります。

詳しい手順はこちらの記事にまとめました。

その際に、必要になるのが
クローン作成ソフト
です。

また、SSDに換装した後に便利なのが、
SSDの状態を管理するための、
SSD管理ソフト
です。

そういった付属ソフトの充実さを、
まとめると下記の通りです。

クローン作成ソフト SSD管理ソフト
CFD あり(無料ソフト) なし
Samsung あり(自動アップデート) あり
crucial あり(アップデートなし) なし

CFDとcrucialのSSDに関しては、
クローン作成ソフトは、
指定のサイトにアクセスして、
ダウンロードする形になります。

SSD管理ソフトは付属していません。

Samsungは、
クローン作成ソフト&SSD管理ソフトの、
インストールディスクが同梱されていました。
↑ダウンロードする手間がなく、
スムーズに換装作業ができました!

また、Samsungの場合だと、
クローンソフト作成やSSD管理ソフトは、
定期的にバージョンアンプされます。

2016年のおすすめSSD

↑インターネットに接続されていれば、
ソフトを立ち上げる度に、
自動でバージョンアップしてくれます。

2016年以降に、
販売されるパソコンに搭載されるOSは、
Window 10になります。

crucialのSSDに付属していた、
クローンソフトでは、
Windows10に対応していませんでした。

※最新モデルは対応している可能性もありますが・・・
Windows10パソコンを、
crucial製SSDで換装する場合は、
しっかりチェックしておきましょう!

Samsung製SSDの付属ソフトの場合なら、
定期的なバージョンアップがあるので、
安心してSSDへの換装作業ができます。

また、SSD管理ソフトである

「Samsung Magician」

はパフォーマンス優先や、
安定性優先などのモード切り替えが、
簡単に出来ます。

SSDの購入を2016年にお考えてでしたら、
読み込み&書き込み速度や、
価格ばかりに注目せずに、

スムーズにSSD換装作業できるか? 

をポイントに選ぶのがおすすめです!

今まで、3メーカー4台のSSDを使ってきた中では、

Samsung製SSDをがおすすめです!

メインで使っているパソコンは、
SamsungのSSD 850 EVOを使っています。

今後もパソコンが増えた際の、
SSD換装はSamsung製SSDを使っていく予定です。

スポンサードリンク

関連するこちらの記事もどうぞ