先日、スクーというサイトで
「趣味で終わらせない!」
売れる写真を撮る方法 -人物写真編-
を受講しました。
参考サイト:売れる写真を撮る方法 -人物写真編-

写真の販売で副業!ピクスタで売れる写真

この講座で教わった
売れる写真を撮るための3つのコツをご紹介します。
趣味の写真撮影で副業したい人は必見です!

スポンサードリンク

写真の販売で副業に挑戦!プロカメラマン3つの教え!

講師はこのお二人です!

シャンタオ先生は、
第一弾の講座で講師を担当されていました。

今回受講した第三弾は、
わたなべりょう先生が担当講師でした!

お二人はピクスタという
写真販売サイトの専属フォトグラファーとして、
活躍されているので生のノウハウを
お聞きする事ができました!

参考サイト:写真素材【PIXTA】

教わった3つのポイントは下記の通りです!

  1. 3ヶ月前から被写体を決める!
  2. 売るのは作品ではなく写真素材!
  3. 競合が多い被写体を避けてニッチを狙う!

教えて頂いた内容を詳しくご説明します!

写真の販売で副業するなら準備は3ヶ月前から!

このノウハウはシャンタオ先生に教えて頂きました!

経済新聞などを読み、
今後どのような需要があるかを予想して撮影する!

のがポイントとの事でした!

ピクタスは、
写真素材の販売サイトです。

クリスマスやハローウィーンなどの
イベントに関するチラシで使う写真が欲しいとします。

チラシを配布する期間は、
遅くても1ヶ月~2ヶ月前です。

その前にはチラシが完成していないといけません。

そうなるとチラシの制作を始めるのは、
3ヶ月前ぐらいになります。

自分もイベントの企画・運営をしているのですが、
フライヤーは3ヶ月前から作り始める事が多いです!

つまり、
自分自身が体験したイベントを撮影して、
掲載してもいつまでも売れないという事です!

掲載するなら今年撮ったイベントの写真を、
1年後のイベントに合わせて掲載するのがおすすめです!

売るのは作品ではなく写真素材!

ピクスタでは、
写真を作品ではなく素材として売っています!

被写体が真ん中に配置されていると、
キャッチコピーが入れにくくなるので、
売れなくなる可能性があります。

ピクスタ掲載用に撮影したワケではないのですが、
イメージしやすいように手持ちの写真で解説します。

■被写体が真ん中の場合
写真の販売で副業で成功する3つのポイント

猫が真ん中に配置されているので、
キャッチコピーが入れにくい写真になっています。

■キャッチコピーを入れるスペースがある場合
スペースあり

写真上部にキャッチコピーが入るので、
素材として使いやすくなっています。
※後ろのストーブが邪魔なので、
この写真では売れないと思いますが(笑)

会社のロゴなどが入っている場合も
ピクスタでの写真販売はできません。

ストーブの会社ロゴがぼけていますが・・・
アウトかもしれません(涙)。

写真素材として買われるのを前提に撮影しましょう!

競合が多い写真素材は避けるのが売れる写真のコツ

シャンタオ先生のアドバイスですが、
「風景や花などの写真は競合(ライバル)が
非常に多く売れにくい」

との事でした。

ピクスタにどんな写真素材があり、
どんな写真素材が少ないかを研究する事が大切です。

今回の講師を担当されたお二人は、
人物写真を中心に写真が売れているという事でした。

人物写真の場合は、
モデルを探すのが大変ですし、
スタジオの用意も必要になります。
手間をかける事も重要と言えるかもしれません。

スポンサードリンク

ピクスタで写真販売をする3つのポイントまとめ

    1. 3ヶ月前から被写体を決める!
    2. 売るのは作品ではなく写真素材!
    3. 競合が多い被写体を避けてニッチを狙う!

ピクスタでの写真販売の副業は、
写真撮影が趣味の人にとっては、
お金をかけずにできる副業といえます。

最初から投資する必要がないので気軽にはじめられます!
まずは自分の撮影した写真や撮りやすい写真から
挑戦してみてはどうでしょうか?

自分も今回の受講をきっかけに挑戦してみようと思います!

猫を見つける度に追っかけまわして撮影しているので、
まずは撮りためた猫写真から掲載してみます!

もし売れたら、
報酬で猫缶を買ってお礼に行く予定です!
猫写真を撮った際は場所をメモしておかないと(笑)

スポンサードリンク