パソコンを販売していた時に、お客様に確認して
いる5つのチェックポイントがあります。

そして、パソコン購入に関して友人から相談された
場合も同様の事を話しています。

その5つのチェックポイントを考えずに、
パソコンを購入してしまうと、結果的に後から
不便を感じたり、後悔してしまう事があると
思います

スポンサードリンク

パソコン初心者が購入する時に考える6つのポイント

Who(誰が)
What(何を)
When(いつ)
Where(どこで)
Why(なぜ)
whom(誰から)
今回の、記事ではパソコン購入の5Wについて
まとめておきます。

Who:パソコンは誰が購入するのか?

自分自身が購入するのであれば、自分自身に
ついてこれから、書く4つの項目を再確認して
みましょう!

また、進学するお子さんに買うなど
パソコンを使う方が、他の人という場合も
あると思います。

その場合は、学校から配布されている資料や
利用するソフトなどを確認する必要があります。

利用したソフトが使えず、パソコンを買い直す
パターンも・・・

What:何をするかを明確にしないと後悔する原因に

インターネット閲覧などの最低限の使い方だから
といって一番安いパソコンを選んでしまうと
失敗することも・・・

パソコンの選び方を間違うと2~3年で買い替え
たくなってしまう場合もあります。

必要なポイントを見極めてパソコンを長く快適に

使えれば結果的には安上がりです。

When:パソコンを『いつ』から使うかを考えておこう

パソコンのモデルチェンジはメーカーにも
よりますが、国内メーカーであれば年に3回
ぐらいです。

『いつ』使うかを明確にする事で、一番おお買い得
な時期にパソコンを購入する事ができます。

買ったばかりのパソコンが、翌週には大幅値引き
されていたというガッカリな自体も防げます。

スポンサードリンク

Where:『どこで』使うかが決まればサイズと重さがきまる!

使う場所により、ディスクトップ・ノート・
ウルトラブックなど、パソコンのサイズが
決まるので、各メーカーの豊富な機種から
あらかじめ絞って、パソコンの機種選びができます。

情報収集する上でも効率的ななので、最初に考えたい部分です!

Why:『なぜ』が明確な程パソコン購入はスムーズ

なぜ?があいまいなままパソコンを購入してしまうと
パソコンのスイッチ自体入れないままホコリを
かぶらせる事になってしまいます。

なぜ?を考えてば、パソコンが本当に必要か
どうかが見えてきます。

特に、2台目・3台目のパソコンを買い足す場合は
特に重要です!

Whom:『誰から』買うかお店選びとスタッフ選びが大事!

信頼出来る量販店やショップの販売スタッフで
あれば、状況を話しながら最適なパソコンを
見つけるお手伝いをしてくれます。

また、購入にあたっての注意点やアドバイスを
くれるスタッフもいますので、最後は『人』で
決まると言ってもいいかもしれません。

パソコン購入ポイントの決め手は?

パソコンの購入に限った話ではありませんが
商品を購入したり、サービスを受ける場合は
その商品・サービスが欲しいワケではないはずです。

商品・サービスを通して得られるメリット・
ベネフィットを得るためのはずです。

その点をしっかり理解している店員さんや
販売スタッフにあたれば、スムーズにパソコン
選びもできるはずです。

まずは、自分の行ける範囲のお店で直接相談して
みて、接客の感じや説明を聞いてみる!

人選びから始めるのがオススメです!!

 

スポンサードリンク