滝などの水の流れを綺麗に撮る際に必要になるのがNDフィルターです!
通常だと光量が固定されているNDフィルターが多いのですが・・・・

K&Fコンセプトから発売されている

KF-NDXシリーズ

であれば光量を調整しながら撮影する事ができます。

今回はこの可変式NDフィルターを使う機会を頂けたので、レビューしていきます!

スポンサードリンク

K&Fコンセプトの可変式 NDフィルターの外観

K&Fコンセプトの可変式 NDフィルターの画像 K&Fコンセプトの可変式 NDフィルターの画像

プラスチックのケース入りだったので保存時も便利です!

愛用しているEOS 80Dに装着した所がこちら

K&Fコンセプトの可変式 NDフィルターの画像 K&Fコンセプトの可変式 NDフィルターの画像

これ

K&Fコンセプトの可変式NDフィルターレビュー

まずは、NDフィルターなしで川の流れを撮影しました。

撮影の際には、「オートモード」と「TVモード(シャッター優先)」の2つのモードを利用しています。

K&Fコンセプトの可変式 NDフィルターの画像

オートモード

絞り・ISO感度・露出時間(シャッタスピード)をすべて自動で撮影するモード

K&Fコンセプトの可変式 NDフィルターの画像

TVモード

ISO感度と露出時間(シャッタースピード)を手動で設定して撮影するモード

撮影モードを切り替えながら撮影した写真がこちら

K&Fコンセプトの可変式 NDフィルターの画像 オートモードで撮影

  • F値:25
  • ISO:400
  • 露出時間:1/40秒

オートで撮影した場合、全体的にはっきりとした写真になります。
水の流れを最大限遅くしたかったので、F値を最大にしてシャッタースピードを限界まで遅くして撮影しました。

K&Fコンセプトの可変式 NDフィルターの画像 TVモードで撮影

  • F値:25
  • ISO:100
  • 露出時間:3.2秒

水の流れを遅くして撮影するために、TVモードにしてシャッタースピードを遅くしましたが・・・
光が入りすぎて写真全体が真っ白に(涙)
露出時間(シャッタースピード)を遅くして、再調整した写真が下です。

K&Fコンセプトの可変式 NDフィルターの画像 TVモードで撮影

  • F値:25
  • ISO:100
  • 露出時間:0.8秒

水の流れが綺麗に撮影できるようになりましたが・・・
川の水面は全て白く飛んでいる状態です。

水の流れを綺麗に撮るために、露出時間(シャッタースピード)を遅くすると、光が入りすぎて白飛びする時にこそ、NDフィルターは活躍します。

K&Fコンセプトの可変式NDフィルター装着時

K&Fコンセプトの可変式NDフィルターを装着した上で、光量を変えて撮影した写真がこちら

K&Fコンセプトの可変式 NDフィルターの画像 K&Fコンセプトの可変式 NDフィルターの画像
K&Fコンセプトの可変式 NDフィルターの画像 K&Fコンセプトの可変式 NDフィルターの画像

カメラの設定は全て下記の通りにです。

  • F値:25
  • ISO:100
  • 露出時間:3.2秒

カメラの設定を変えずにNDフィルターのリンクを回す事で、自分のイメージした写真を撮りやすくなります。

K&Fコンセプトの可変式 NDフィルターの画像

「◀」「▶」の部分を回す事で、NDフィルターの光量を調整できます。

回し続けると止まる事はないので、光量が交互に変わる状態です。
そのため目盛りはついていません。

そのため、撮影シーンに合わせて目視にて微調整が必要になります。

この点は不便と思う点でもありますが・・・
通常のNDフィルターは光量が固定されているので、撮影環境に合わせて付け替えないといけません!
それを考えると不便とは言いにくいかもしれません!

K&Fコンセプトの可変式NDフィルターのレビューまとめ

K&Fコンセプトの可変式NDフィルターのレビューをしてきました!

光量を装着したまま変えられるので、NDフィルターを使いはじめる初心者にはぴったりです。

購入はこちらから

下記の2つのサイトからも購入できます。

K&F Concept 公式サイト

スポンサードリンク

関連するこちらの記事もどうぞ