2016年6月29日
Evernoteから一通のメールが!

Evernoteが改悪&値上げの通知画像

まわりくどく書いていますが30日たったら、

Evernoteは値上げする!

という内容でした(涙)。

Evernoteとのお付き合いは、
2009年10月からです。
Evernoteが改悪&値上げの画像

あと数ヶ月で8年間でした。

Evernoteがどのように値上げになり、
Evernoteから移行するにあたり、
どんな選択肢があるのかを3つピックアップしました!

スポンサードリンク

Evernoteの改悪&値上げの詳細

メールの内容によると移行期間は30日とのことです。

自分の場合は、
2016年6月29日にメールを受け取っているので、
7月中には移行先を決めないといけません(涙)

自分はEvernote離脱派ですが、
Evernote残留派の方もいるかと思います。

Evernote残留派の方に向けて、
有料プランを安く使う方法についてもまとめました。

まず、Evernoteがどのように、
改悪&値上げされたのをかプラン別にまとめておきます。

値上げ&改悪されたEvernoteの料金プラン

プラン毎のサービスの詳細はこちら
値上げ&改悪されたEvernoteの料金プラン

Evernoteベーシックは無料でも内容は改悪・・・

Evernoteベーシックプランは、
無料で使えるプランなので多くの方が、
利用しているプランだと思います。

サービス内容は下記の通りです。
値上げ&改悪されたEvernoteの料金プラン

今までは利用する端末に制限はありませんでしたが、
今後は、利用出来る端末は2台までになります。

自分は事務所にあるパソコンと、
出先で使うためのパソコンでEvernoteを利用しており、
ちょっとしたメモなどはスマホで見る場合もありました。

今回のサービス内容の変更で、
スマホのアプリ利用は止めざるを得ない状況になりました(涙)

もちろん、
有料プランのEvernoteプラスや
Evernoteプレミアムに申しめばいいのですが・・・

Evernoteプラスは1.5倍の値上げ!

Evernoteプラスは、
1.5倍の値上げになります。

  • 月額:240円⇒360円
  • 年間:2,000円⇒3,100円

Evernoteベーシックと比較して、
追加されている機能は以下のとおりです。
値上げ&改悪されたEvernoteの料金プラン

今まではベーシックプランでも、
全ての端末で同期できましたが、
これからばEvernoteプラスでないと、
2台以上の端末同期ができません(涙)

Evernoteプラスの最大の魅力は、
全ての端末で同期できる点と言えるかもしれません!

また、ノートをオフラインで利用出来る点や
月額のアップロード容量が多いのも魅力と言えます。

「メモ」としてしか使わない場合は、
Evernoteベーシックで十分ですが・・・

Evernoteプレミアムプランも3割の値上げ!

Evernoteプレミアムも、
3割の値上げになります。

  • 月額:450円⇒600円
  • 年間:4,000円⇒5,200円

ベーシックプラント比較して、
追加されている機能は以下のとおりです。
値上げ&改悪されたEvernoteの料金プラン

Evernoteプレミアムプランは、
名刺のスキャンやOfficeソフトのとの連携機能があるため
ビジネスシーンでの利用を想定した内容になっています。

個人的には、
関連するノート&記事を閲覧出来るのが、
便利だとは思いますが・・・
お金を払ってまでのメリットは感じません!

少し前から、
Evernoteにアクセスする度に、
有料プランへのおすすめが頻繁に出てくるので、
不思議に思ってはいたのですが、
値上げする予定があったとは・・・

Evernoteからの移行先は?OSによって変わる選択肢

Evernoteの改悪&値上げについてまとめてみました。

Evernoteを利用する用途は人により様々ですが、
私の場合は共有できるメモとして使っていました。

共有メモとして使う場合には、
Evernote以外にも選択肢はあるので、
移行先についてもまとめておきます。

これは利用している端末によって、
変わってくるので代表的な組み合わせをまとめておきました。

Mac×iPhoneを使っている人の移行先!

パソコンがMacで、
スマホがiPhoneの場合は、

付属の「メモ」アプリ

で十分です。

自分の場合は、
MacとWindowsの両方を使っているので、
異なるOS間でのメモの共有をスムーズにするのに
Evernoteを使っていました。

全てApple製のパソコン&スマホを
利用している場合は、標準の「メモ」アプリで十分です。

もちろん、
標準で付属しているので無料で使えます!

Windows・Mac×Androidを使っている人の移行先!

パソコンはWindowsやMacを使っていて、
スマホはAndroidを使っている場合は、

googlekeep
Googleキープ

googleの提供するメモアプリです。
ディスクトップにショートカットも作れるので、
慣れればEvernoteとくらべても違和感なく使えます!

Windows×iPhone・Androidを使っている人の移行先!

Macと違い、
Windowsの場合は標準搭載されているメモ帳に、
他の端末と同期する機能はありません。

そこで移行先として有力な候補になるのが

OneNote
OneNote

です。

OneNoteは2014年3月17日に、
無償化のアナウンスがされており、
現在は個人利用の場合は無償で使えます!
(以前は直販価格11,340円で販売されていました。)

しかも嬉しい事に、

  • Mac
  • Android
  • iPhone

など他の端末でもアプリが提供されているので、
OSの垣根を超えて「メモ」が共有できる点は、
Evernoteと変わりません。

自分は、
EvernoteからOneNoteに移行するつもりです。

googleキープもこの機会に、
さらに使ってみたいと思います。

OneNoteやgoogleキープの便利な使い方も、
今後まとめていきたいと思います!

スポンサードリンク

Evernoteの改悪&値上げについて思うこと!

今回のEvernoteの改悪&値上げ対応で、
Evernoteから他のメモアプリに、
移行する方が非常に増えると思います。

それは値上げされたからというのもありますが、
どちらからと言うと自分は、
Evernoteベーシックの内容が改悪された事で、
Evernoteへの印象が悪くなったのが原因です。

単にEvernoteプラスとEvernoteプレミアムを値上げするだけなら、
移行を考えるユーザーは少ないと思います。

Evernoteのプラスも金額を考えれば、
払えない額ではないです。

しかし、Evernoteベーシックの内容を、
2台の端末しか同期できないように改悪してしまうと、
有料プランに追い立てられている印象を、
うける方も多いのではないでしょうか?

自分は追い立てられているような印象を受けました。

今まで提供していたサービスを、
中途半端に削るのであれば・・・

  • 全プラン有料化
  • Evernoteベーシックは期間限定で使える

という方がまだ、
Evernoteに残る人は多いと思います。

逆に、Evernoteとしては、
お金を払わずいつまでも無料で使う人は、
いらないという判断なのかもしれません・・・

今回のEvernoteの改悪&値上げで、
OneNoteへの移行を決意したのも、
「お金」よりも「感情」の部分が大きかったです。

スポンサードリンク
Microsoft Public Affiliate Program (JP) NEC Direct(NECダイレクト)
デル株式会社 パソコン工房「10万円以下で買えるノートPC」特集

関連するこちらの記事もどうぞ