前回の記事で、EOS 80Dにつて、
おすすめの購入時期を、
予想してみました!

最近、キャノンG’Xを使った

タイムラプス動画の撮影

にハマっているので
EOS 80Dの動画性能に関しては、
特に注目しています。

今回は、EOS 80Dの動画性能について
を予想してみたいと思います。

EOS 80Dの前モデルである
EOS 70Dに関しても・・・

下位モデルであるEOS 8000Dの方が
動画機能の一部が上回っています。

EOS 8000Dに搭載されている動画機能の全ては
基本的に、EOS 80Dに搭載されるはずです。

そもそも、EOS 800Dの型番自体が
80Dの販売を想定した設定になっている気がします。

まずは、EOS 8000Dの動画機能で
EOS 70Dより上回っている部分を確認してみたいと思います。

スポンサードリンク

EOS 8000Dから予想するEOS 80Dの動画性能

EOS80Dの動画性能を70Dの動画性能から考える

EOS 70DとEOS 8000Dの動画比較

フォーカス・露出制御・ISO感度・録音に関しては、
まったく性能差はありません。

違いは、

  • 記録サイズ/フレーム
  • ファイルサイズ

が拡張されています。

こまめに設定できるのは、
便利になると思います。

しかし、何か新しく出来る機能が
あるわけではないので、
インパクトに欠けるのは否めません。

大きく違うのは、HDR動画撮影機能です。

HDR動画撮影機能とは?

明るい場所と暗い場所の露出を合わせた2つの画像を
組み合わせて撮影する機能を、HDR撮影といいますが
それを、動画で実現したのが

「HDR動画撮影機能」

キャノンのページでもEOS初とうたわれています。
EOS初。白トビを抑えて、ディテールまで表現できるHDR動画。

スポンサードリンク

どうなる?EOS 80Dの動画ファイル形式

EOS 70Dの動画ファイル形式は、

MOV
映像:MPEG-4 AVC/H.264 可変(平均)ビットレート方式
音声:リニアPCM

EOS 8000Dの動画ファイル形式は、

MP4
映像:MPEG-4 AVC/H.264 可変(平均)ビットレート方式
音声:AAC

kiss Xシリーズでも、
kiss X7まではMOV形式だったのですが・・・

X8i・8000DからMP4

に変更されています。

おそらく、2015年以降に販売される
キャノンの一眼レフカメラに関しては、
MP4で統一されるのかもしれません。

EOS 80Dでもファイル形式はMP4形式が採用される!

と予想します。

また、DIGIC 6が搭載されている

G7X

に搭載されている、
タイムラプス撮影機能なども
搭載されると思います!

オプション無しで、
タイムラプスをはじめとした
様々な撮影が楽しめる!

そんなカメラとして

EOS 80Dの動画機能

がバージョンアップして、
登場してくれる事を願っています。

スポンサードリンク