Window 10になってから、
あるややこしい問題が発生しています。

それは・・・
最新CPUでは、
Window 10の最新バージョンでしか
対応しないという発表がありました。
参考URL:Windows Experience Blog

そして、
この影響を最も受けるのが、
skylakeCPUを搭載の
パソコンを使っている方です。

この件では、
当サイトにもよく質問を頂き、
個別に回答していました。

質問&回答している記事はこちら

当サイトにコメントしないまでも、
CPU性能の見方を知り、
サポート期間を確認しておきたい方が、
多いと思い今回記事にまとめてみました。

スポンサードリンク

CPU性能の見方を知らないと後悔するかも!

先日レビューしたばかりの
富士通:LIFEBOOK LIFEBOOK AH77/Y
を例にとってCPU性能の見方を、
ご紹介します。

レビュー記事はこちら

搭載されているCPUがこちら

Intel Core i7-6700HQ

CPU名をそのまま検索します。

現在使っているCPUの確認方法は、
こちらの記事に掲載しています。

CPU名で検索すると、
検索結果が下記の通り表示されます。
cpu

この中から、
ark.intel.com・・・

で始まるURLのサイトをクリックします。

CPUの詳細が表示されるので、
以下の場所に注目して下さい。
cpu001
関連製品」の項目の一番下に、
製品の開発コード名」という場所があります。

ここに、
CPUの開発コードが記載されています。

LIFEBOOK LIFEBOOK AH77/Yの場合は、
SkylakeタイプのCPUのため、
Windows7やWindows8.1を入れて使うと、
サポート期間は2018年7月までになります。

LIFEBOOK LIFEBOOK AH77/Yは、
最初からWindows 10が搭載されているため、
購入してそのまま使う場合は問題ありません。

しかし、Windows 10非対応で、
Windows7やWindows8にしか
対応していないソフトを使っている方には、
大問題になります。

特に企業ユーザーに多いと思いますが、
個人ユーザーでも以下のソフトは、
写真加工をする人にはお馴染みのソフトですが、
Windows10に対応していません。

Adobe Photoshop Lightroom 5.0

※Amazonでは、
Lightroom 6の対応OSに、
Windows10は記載されていませんが、
対応しているようです。

しかし、
Lightroom 5の場合は、
Windows 10非対応です。

参考サイト:Lightroom Mac OS 版および Windows 版の必要システム構成

特に企業ユーザーの場合は、
Windows7向けに開発された
業務ソフトを利用している場合が多く、
今後パソコンの買い換えの際に、
Window7を利用したい場合は、
中古パソコンしか選択肢がない事になります。

そのため、中古Windows7パソコンの
価格高騰もあるのでは?と思っています。

詳しくはこちらの記事にまとめておきました。

しかし今度は、

パソコンの保証面

で不安が残る事になります。

業務ソフトの
Windows 10対応を機に、
会社内のパソコンを全て
Windows 10にするという選択肢があります。

しかし、
Windows 10では、
OSの名前は変わらくても、
メジャーアップデートと呼ばれる
機能追加が予定されています。

2016年だとAnniversaryUpdateになります。
詳しくはこちらの記事にまとめました!

もしかすると、
2016年以降に販売されるソフトは、
Windows10対応だけでなく・・・

  • Windows 10AU(AnniversaryUpdate)対応
  • Windows XX対応

という形で、
メジャーアップデート毎に、
ソフトを対応せる必要があるのかもしれません。

スポンサードリンク

2016年以降のパソコンの選びのポイントは?

Windows 10のHomeエディションは、
Windowsアップデートが強制される仕様になっています。

Windows 10パソコンを
新規で購入するのであれば、
Windows 10 Proの方が良いですね!

10 Proであれば任意でアップデートの
タイミングを選べるからです。

いろいろややこしくなっている
Windows 10・・・

こういった事を考えると、
やっぱり中古Windows 7の方が、
使い勝手が良いかもしれません(涙)

だからこそ、以前記事にした通り、
中古Windows7パソコンの
価格が高騰するのでは?と思っています。

当サイトにコメント頂いている方は、
おそらく個人利用がメインかと思います。

購入先としては量販店が多いと思いますので、
OSがWindows8.1なのにSkylakeCPUを
搭載している事はなく、
サポート期間を心配する必要ないかと思います。

ただ、全てのパソコンの
搭載CPUを調べたわけではありません。

念のため今回ご紹介した方法で、
ご自身のCPUの種類は確認しておいた方がいいですね!

スポンサードリンク
Microsoft Public Affiliate Program (JP) NEC Direct(NECダイレクト)
デル株式会社 パソコン工房「10万円以下で買えるノートPC」特集

関連するこちらの記事もどうぞ