先日、友人がデスクトップパソコンを
購入するので相談を受けました!

最終的に決まったのがこちら
2016年おすすめのデスクトップパソコン
東芝:PD51-32MSXW

その時にアドバイスした内容は、
こちらにまとめてあります。

購入後はパソコンの初期設定も、
依頼されていたのですが・・・

思っていた以上にパソコンが、
スムーズに動くので驚きました!

その原因はCPU!

今回の記事では、
CPUの比較方法と選び方をまとめておきます!

スポンサードリンク

2016年版のCeleronCPUはスムーズな理由とは!?

友人の購入したデスクトップパソコンを
設定してスムーズな動きに驚き調べてみました!

設定してパソコンのスペックはこちら
東芝:PD51-32MSXW

CPUがCeleronだったので、
相当動きが遅いのを予想していたのです。
※Celeronは廉価モデルのCPUのため
遅い印象が根強くありました。

しかし、
設定してみると意外とキビキビした動作だったんです。

現在メインで使っている
富士通:LIFEBOOK AH550/5B
(2010年10月発売)

とほとんど変わらない印象でした。
↑AH550/Bはカスタマイズしているので、
購入直後の状態と比較しています。

その大きな要因がCPUだと感じるようなったのは、
この記事を書いたのがきっかけでした。

2010年版corei5と2016年版Celeronは大差なし?

2016年現在、発売されている
パソコンに搭載されているCPUは、
大きく分けて4つあります。

  • core i7(スペック重視)
  • core i5(コストパフォーマンス重視)
  • core i3(コストパフォーマンス重視)
  • Celeron(価格重視)

2010年に購入した
富士通:LIFEBOOK AH550/5B
に搭載されているCPUは、

core i5 560M

になります。

2016年に友人が購入した
東芝:PD51-32MSXW
に搭載されているCPUは、

Celeron 2950M

になります。
この2つの性能を比較していきます!

core i5やCeleronは
CPUのブランド名になります。

M560や2950Mが
CPUの型番(モデルナンバー)
になります。

CPUの性能に関しては、
PassMark:(計測ソフト:ベンチマークソフト)
の結果を参考にしていきます。

「CPUプランド+型番+PassMark」

で検索した結果が下記の通りでした。

■core i5 560M
参考サイト:cpubenchmark.net

560M

■Celeron 2950M

参考サイト:cpubenchmark.net

2950M

ほどんど変わらないのがわかると思います!

廉価版CPUのCeleronといえども、
5年経前上位モデルと変わらない性能があります!

スポンサードリンク

■パソコン選びに役立つ記事10選
他にもパソコン選びに役立つこちらの記事も要チェックです。

  1. パソコンのおすすめメーカーはどこ? 2017年初心者におすすめの3大メーカー
  2. 2017年のパソコンのおすすめ購入時期は?3タイプ別の購入ガイド!
  3. ウルトラブックのおすすめは?2017年ならこの3機種!
  4. 液晶一体型デスクトップパソコンがおすすめの5つの理由
  5. デスクトップパソコンのおすすめ2016年版!友人が選んだのはこのパソコン!
  6. 5万円以下!おすすめのパソコンメーカーと安いノートPC6機種
  7. 大学生のパソコン選び! おすすめノートパソコンはこの6つをチェック
  8. 理系大学生におすすめのパソコン条件とは?購入時の3つのチェックポイント!
  9. 海外で使うパソコン購入のおすすめは?3タイプ別の購入ガイド!
  10. cpuを比較!2016年のceleronは5年前のi5並の性能かも?!

■Windowsのサポート期限関連の記事6選
今使っているWindowsのサポート期限は大丈夫?
事前に準備しておけば思わぬトラブルやリスクを回避できます!

  1. Windows7のサポート期限はいつまで?2016年中に対策すべき2つの理由
    ↑最も利用されているWindows7は要チェック
  2. windows7のサービスパックの確認は大丈夫?サポート期限切れ対策も紹介!
  3. Windows Vistaをサポート終了後でも使い続ける!無料でとれる3つの選択肢は?
  4. Windows Vistaのサポート期限終了日迫る!サポート終了後の5つの対策とは?
  5. Windows Vistaからのデータ移行ガイド!簡単3ステップでお引越し!
  6. windows8のサポート期間終了迫る!Windows8.1にアップデートしない3つのリスク

■関連するこちらの記事も要チェック!

2016年ならCeleronCPUもありかも!

パソコンの動作スピードは、
CPUの性能だけで決まるわけではありません。

しかし、
ノートパソコンの場合はCPUを後から
交換する事ができません。

メモリやHDDなら交換して、
カスタマイズする事が可能ですが・・・

ですから、
CPUに関しては余裕をみて選ぶのがおすすめです!

2010年頃はちょうど家電量販店で、
パソコンの販売していました。

パソコンを選ぶにあたり一通り説明し、
CPUに関してはcore i3以上をおすすめしていました。

しかし、
2016年にパソコンを購入するのであれば、
CeleronCPU搭載パソコンも選択肢に
入れても良いかもしれません。

もちろん、
3年~5年と長く使うのであれば、
core i5搭載パソコンがおすすめという
考えは変わりません。

ネットの閲覧やOfficeソフトの利用など、
最小限のパソコン利用であれば、
CeleronCPUでも数年は、
ストレスなく使えそうです!!

スポンサードリンク
Microsoft Public Affiliate Program (JP) NEC Direct(NECダイレクト)
デル株式会社 パソコン工房「10万円以下で買えるノートPC」特集

関連するこちらの記事もどうぞ