先日、
ウォーキングの時に使うのに、
ブルートゥースイヤホンを
購入したのですが、
音質も良く使いやすかったです!

購入したブルートゥースイヤホンの
レビュー記事はこちら

現在2つ目の購入を
検討しているですが・・・

今回購入したのと
同じブルートゥースイヤホンにするか、
別のブルートゥースイヤホンにするか、
迷い中です(笑)

ブルートゥースイヤホンを
選ぶ際は注意しないと、
後悔する事になりかねません。

今回の記事では、

ブルートゥースイヤホンを選ぶ際の3つのポイント

をご紹介し、
実際に自分が購入を検討している
3,000円以下のブルートゥースイヤホンをご紹介します。

スポンサードリンク

ブルートゥースイヤホンを選ぶポイントは3つ

ブルートゥースイヤホンを購入する際に、
自分がチェックすべきだと
考えるのは以下の3つです。

  • 通信方式
  • 使用時間&スタンバイ時間
  • 形状+付加機能

それぞれについて、
説明していきます。

ブルートゥースイヤホンは通信方式に注意!

ブルートゥースの規格は、
通信方式が細かくわかれており、
以下のような特徴があります。

  • Bluetooth Ver 1.1
    普及バージョン
  • Bluetooth Ver 1.2
    無線LAN (IEEE 802.11/b/g) との干渉対策がとられている
  • Bluetooth Ver 2.0
    最大通信速度を3Mbpsの通信に切り替えるEDR (Enhanced Data Rate) がオプションで追加できる
    ※Bluetooth Ver 1.2の約3倍の転送速度
  • Bluetooth Ver 2.1
    ペアリングの設定が簡単になり、NFC(近距離無線通信)にも対応。
    Sniff Subrating」機能でバッテリーの持ちがよくなった。
  • Bluetooth Ver 3.0
    最大通信速度が24Mbpsとなり、
    Bluetooth Ver 2.0と比べて8倍の速度になる。
    音飛びも等も低減され音質が向上
  • Bluetooth Ver 4.0
    BLE(Bluetooth Low Energy)が組み込まれ大幅に省電力になる。

この中でも、
ブルートゥースイヤホンを購入するのであれば、
Bluetooth Ver 4.0以降を採用しているイヤホンが
音質とバッテリー持ちのバランスが良くおすすめです。

この規格は次の使用時間にも関わってきます。

ブルートゥースイヤホンは使用時間も要チェック!

自分が購入した、
ブルートゥースイヤホンの
使用時間とスタイバイ時間は・・

  • 通話時/約8時間
  • スタンバイ時/最大約160時間

でした。

ハンズフリー通話が出来るモデルのため、
通話時間と表記されています。

動作時間は8時間

なので十分です。

ウォーキングの際に、
音楽やPodcastを聞くためのイヤホンにするつもりです!

流石に8時間連続でウォーキング
する事はないので十分な動作時間です!

旅行や通勤通学で使う場合は、
往復する事を考えると、

5時間~10時間

ぐらいあれば十分かと思います。

ブルートゥースイヤホンは形状と付加機能もチェック

ブルートゥースイヤホンに限らず、
イヤホンを選ぶ上で、
最も難しいのは形状です。

耳の形が一人ひとり違う以上、
相性はどうしてもあります。

イヤーピースが大・中・小と、
3タイプあるものを
選んでおくと調整しやすいです。

また、
ウォーキングやランニングの際に使うのであれば、
防水・防滴仕様のイヤホンがおすすめです!

スポンサードリンク

おすすめのブルートゥースイヤホン一覧!

はじめてブルートゥースイヤホン
を購入する人のために、
3,000円以下で尚且つ、
上記3つの条件を満たす商品を、
ピックアップしてみました。

今回、自分が実際に購入した、
ブルートゥースイヤホンです。

イヤホンに関しては、
耳の形とイヤホンの形の
相性がありますが自分にはぴったりでした!

尚且つ、
価格も2,000円以下なので、
ちょっとブルートゥースイヤホンを
試してみようという方におすすめです。

Amazonにて、
14,00件以上のレビューがあり、
レビュー平均も5段階中3.8と、
高い評価を得ている
人気のブルートゥースイヤホン!

シグナルプラスという機能があり、
体の左右やウエストの上下につけて、
音楽を聞く事が出来きます。

ちょっとイメージがつかないのですが、
残念ながらレビューしているサイトは、
見つけられませんでした。

購入する事があれば、
この機能も含めてレビューしたいと思います。

ケース付きなのも嬉しい点です。
EP-B13ではケースは付属していませんでした(涙)
安いので文句はいえませんが・・・

先ほど紹介した、
QY7の後継モデルです。

レビュー数は1,000件近くあり、
レビュー平均も5段階中3.8と、
前モデル同様に高い評価を得ています。

前モデルからの違いとしては、
メインの操作ボタンが大きくなり、
操作性が向上しているようです。

商品説明ページには、
音質も向上している
とありますが・・・

音も好みがあるので、
聴き比べてみないとなんともいえません。

形状が違うタイプの
ブルートゥースイヤホンです。

今までご紹介した、
3製品は全て耳をはさみ込む
タイプのブルートゥースイヤホンでした。

このブルートゥースイヤホンは、
首周りに本体を置いて、
イヤホンを耳に装着する形です。

そのため、
今まで有線タイプのイヤホンを
使っていた方にとっては
装着感が変わらず、
なじみやすいかもしれません。

スポンサードリンク
Microsoft Public Affiliate Program (JP) NEC Direct(NECダイレクト)
デル株式会社 パソコン工房「10万円以下で買えるノートPC」特集

関連するこちらの記事もどうぞ